スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱ嘘じゃん!


やっぱ嘘じゃん!

前回整形外科でプロレス技をかけられ

最後に「2日で治るから!」と言い放ったケバ女医。

治ってませんから!



あ~あ。

やっぱり治らなかった。

そうだよね、一ヶ月半も痛くて苦しんでたのが

たった一回カイロもどきをしただけで治るわけがない。

なんなんだよ、いい加減なこと言っちゃってさ。



治っていない以上、治療を続けなきゃならない。

でも、もうカイロは嫌だな。

病院変えたい。

だけど、今の熊子には乗り物に乗ったり、長距離歩くことができないから

仕方なく同じ整形外科へ。

再診でもすぐには診察してもらえず、また待たされた。

そんなに人気のあるような病院には見えないんだけどなぁ。

ボロだし



診察がはじまると、女医は「何で治らないのかしら?」みたいな態度。

よほど自分のカイロもどきに自信があるらしい

そして、再びカイロをすると言い出した。

無理っす!無理!

痛苦しい記憶が蘇って、指示されても全くリラックスできない。

神経が痛くて悲鳴を上げてる状態なのに

上半身と下半身を力ずくで捻られるのが、痛くて怖くてたまらないのだ。

「力を抜け!言うことを聞け!」とどんなに叱られても

恐怖感を打ち消すことはできない。

そしたら女医は一言。



「今日は麻酔注射するから!」



ガーン

そうきたか。

熊子の意思に関係なく、医者は注射の準備をし

熊子をうつぶせにさせた。

いつ刺すんだよ~こわいよ~
背中に注射
刺すタイミングが見えないし、腰に注射なんてしたことないから

未知の痛みに心臓バクバク!

インタネーットで見た麻酔注射体験談の文字が脳裏に蘇る。

「大の男でも泣いた」

「我慢できない痛み」

あぁ、何でこんな目に…



ブスッ!



「うぎゃぁ



あの医者、「じゃあ刺すよ」とか何も言わずに

突然、ぶっ刺した!

心の準備ができぬ間に



でもあれ?

何か変。

熊子の感覚機能が必死に訴えている。

「背中に針が刺さったぞ」と。

あら?

腰が痛いのに、何で背中に刺してんの?

意味不明、意味不明、意味不明…∞



「先生、痛いのは腰なんですけど」

それに対して女医はこう答えた。

「あなたの腰の痛みは背中の上の方から来てる。

カイロからそれがわかった。

なので、背中をブロックすれば腰痛は治る。

うまくいけば、この注射でフォエバ~に痛みとはバイバイよ」

納得できるような、できないような言葉をもらい

熊子は混乱しながら診察室を後にした。



しかし、やっぱり納得できない。

本当に背中が悪くて、腰が耐えられないほど痛くなるのだろうか?

トリガーポイントってやつ???

でも、「うまくいけばフォエバ~にバイバイ」と言うのだから

もう一度、信じてみよう。

信じる者は救われるの精神で。


↓腰に注射だなんて嫌!


↓信じる者は救われる!
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

整体・病院不要!腰痛は自分で治せます!

あなたがやることは、たった「一日5分」笑ってしまうほど超簡単な体操だけです。それだけで「今すぐ」スッキリ腰痛の痛みを取り除き一週間~一か月で、再発ナシの腰痛知らずの体になれるとても簡単な「ある方法」をお教えします。

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

え~・・・・

んんんん・・・

もうここまで来たら「まぐれでもいいから何とか治ってちょ!」と思うなぁ・・・

どうこう言っても医者なんだし・・・

頼むから、早く熊子さんを自由にしてあげて~


ほんと~に心の底から叫びますよ、ワタシ。


あの~、

必要だったらそちらに「バンテリン」送りますよ?

今さら・・・と思うかもしれないけど、私は何度も助けられました。


この際、ブログだけの知り合いなのに悪い・・・とか思わないでください。

真面目に必要ならいつでも送ります!

ラーダさんへ

ラーダさん、どうもありがとうございます~(ノω;`)
声をかけていただいて、とっても嬉しいです。
欲しい、欲しい、欲すぃ~い。
だけど、医薬品は悪魔のzoll(税関)で、強制廃棄になってしまうんです(悲)
しかも、原発事故以降、日本からの荷物が
勝手に送り返されてしまったり、いつまで経っても届かなかったり
というケースが多発しているようなので
せっかく送っていただいても熊子の手元に届く可能性が低い(pω-)
というわけで、今回はお気持ちだけいただきます。
本当にどうもありがとう。゚(゚´∀`゚)゚。感謝

No title

医者の選択の余地がないとは、おいたわしい。
ここしか行けないのは仕方ないけど、他の医者だったらちゃんと検査してくれそうな気がするんですけどねえ・・・

熊子さん、背骨は真っ直ぐなんですか?
私は背骨が曲がってて、おまけにずれているので、昔は腰痛持ちだったんですよ。
今は座り方に気を付けているからか、腰痛にあまりならないけど。

患部への注射ってすごく痛いですよね。
私は膝の炎症を患った時に、痛み止めの注射を膝に打たれましたけど、深いところにある患部に針が来るとすごく痛かった。痛み止めだから、炎症は治らなかったし・・・

麻酔で痛みは取れるはずですが、その後どうですか?
麻酔注射で腰痛が永遠になくなるなんて、信じられないけど・・・

No title

>だけど、医薬品は悪魔のzoll(税関)で、強制廃棄になってしまうんです(悲)


あら~、うーむ。
それは厳しい状況ですね・・・。
イランも厳しかったけど、そちらも厳しいんですねぇ・・・。

何かいい方法がないものでしょうかね・・・。

何かいい解決法が出てくることと、少しでも状況が良くなるよう祈っています

何度もすみません

一度、日本大使館または領事館に相談してみてはいかがでしょう?
医務官がいると思うので、運が良ければ紹介してくれるかも・・・?

あと、日本大使館で紹介してもらったベルリン唯一の日本人医師(ベルリンに40年以上住んでいらっしゃる女医さん)が経営している小さなクリニックに行った人の記事がブログに載っていました。
ベルリンと言いつつも、それが近いのか遠いのか想像がつきませんが・・・

ブログ BLOG 
Wir Sind ein Berline
wirsindeinberliner.d2.r-cms.jp/blog_top/theme=4

あと、ベルリンに日本人会があればそこでも聞けませんかね?
そういうネットワークがあると思いますが・・・。

ベルリン医療事情
www.berlinnet789.de/daily/iryou/kaigyoi.htm

欧州日本人医師会
eu-jp-doctors.org/

No title

熊子さん、こんにちは。

読んでいるだけで、私も悲鳴が出そうです><;

どうか一刻も早く治りますように!!

No title

プロレス技をかけられた上に、とうとう麻酔までやられちゃったんだね。v-399
その後、具合はどう?
フォーエバーにバイバイできてればいいけど、なんかそうでは
ないような感じがプンプンしてるんだけど・・・・・。
麻酔・・・背中・・・ なんかひとつ間違えばすごく悪化しそうな・・・
治っていれば万々歳だけど、せめて悪化だけはしてませんように。

女医のせいで、もうシップや塗り薬ではどうにもならない症状に
なっちゃってるかもしれないけど、必要なら遠慮せずに言ってね。
メッセージにも書いたけど、ロキソニンシップあるからね。
それから、ラーダさんのお気持ちがZollのせいで届かないなら
チェコからバンテリン送るよ。ストックあるから言ってね!

リカさんへ

リカさん、ありがとうございます。
お互い、熊子さんのこと心配ですね・・・
なんとか、少しでもマシな状態になって欲しいです。

くろろさんへ

>熊子さん、背骨は真っ直ぐなんですか?
真っ直ぐすぎてアウト状態です。
日本でX線撮影したときに、本来のS字カーブがないことを指摘されていたので
今も同じ状態か、あるいはもっと悪くなってると思います(涙)
改めて考えてみると、座り方が悪かったよなぁと。
渡独以降、すごく姿勢が悪くなった気がします。
椅子の大きさが身体に合わないんですよ。
椅子も机も大きすぎて、いつも変な格好でした。
それが今回の腰痛の原因か否かはわからないけど
このままではいかんなと。
他の日本人女性は、どうなんでしょうね。
椅子に深く腰掛けると、足が宙に浮いてしまうんですが
熊子の足がよっぽど短いのかしら(汗)

ラーダさんへ

親身になってくださって、本当にありがとうございます。
いろいろ調べてくれて嬉しいです。
イランはきっと宗教的な意味で、税関が厳しいのかな。
ドイツも医薬品は特に厳しいんだって(泣)
ドイツ人とは身体の大きさも全然違うし
飲み慣れてる日本の薬の方が安心できるんだけどね。
遠く離れたところに住むラーダさんが
熊子のためにいろんなアドバイスしてくれて、とてもありがたかったです。
本当にありがとね。

トモコさんへ

トモコさん、こんにちは。
記事を読んでるだけで、腰が痛くなってきてませんか!?(笑)
お見舞いのお言葉、どうもありがとうございます^^

リカさんへ

リカさん、おかえりなさーい。
旅行は楽しめたかな?^^
いや、もうプロレス技かけられてから、病院に行くのが恐怖になっちゃって
逆に身体に力が入っちゃう感じ(汗)
注射も激痛だし、うさん臭い感じがプンプンしてるでしょ。

湿布どうもありがとね。
熊子、ロキソニンシップっていうの初めて知った。
市販の湿布よりも効く?
ボルタレンシップっていうのが存在するのは知ってたから
この前、病院にもらいに行ったの。
だけど、「そんなもの知らん」って言われた(涙)
代わりに強力な座薬を処方されて終了。
座薬ばかり使ってると腸が炎症起こすから、あんまり良くないよね。
ロキソニンシップかぁ。。。
日本のドラッグストアでは買えないよね?

P.S ラーダさんからリカさんにコメが入ってま~す。
二人とも親身になってくれて、本当にありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

わざわざお返事していただいて、どうもありがとうございました。
熊坊の同僚に別の病院を紹介してもらったんですが
遠くて断念しました(悲)
仕方ないので、近所に別の病院がないか探してるところです。
でも、またプロレス技かけられたりしないかと戦々恐々i-201
進展があったら、まだ記事にすると思います。
心配していただいてありがとうございました。

No title

ラーダさんへ

異国の地での体調不良というのは本当につらいですもんね。
せっかくの良い季節・・・早く良くなってほしいです。
ドイツは日本からの荷物のチェックが厳しいですからね~。
お隣のチェコからなんとかしてあげたいです。

熊子さんへ

メール送ったから見てね♪

リカさんへ

メールありがとう。
超びっくりした!
返信しました♪
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。