6年目の日


あれから6年。

追悼式の生中継を見ていたら、6年前のことが脳裏に浮かんできた。

3月11日の地震発生直後は

驚きとショックでテレビ画面を見つめることしか出来なかった。

少し時間が経って原発の問題が出てくると

恐怖に加えてこの先の不安を感じるようになり

日本政府が原発事故を隠そうとしているのが見え見えで、怒りも沸いた。

ドイツでは反原発デモが各地で開催されて、日本への批判が強くなる一方で

日本への寄付に大勢の方が協力してくれたことも記憶に残っている。

熊子も、他の在住日本人に交じってチャリティーイベントに精を出していたけど

あれからもう6年も経つなんて、時間の流れは早いなと感じる。

でも、被災者の方々にとっては、長い6年だったのではないかと思う。

未だに12万人が避難生活を送っているとのことだし

原発の廃炉に関しても良いニュースは入ってこない。

オリンピックだ、豊洲の移転問題だと

杜撰な計画のせいで税金を無駄遣いしているわりには

復興の方はどうなのか。

国は12万人という数を、どう捉えているのだろうか。

今日、久しぶりに津波の映像を見て、いろいろなことを思い出した一日だった。


↓読んだらクリックしてね↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけ表示を許可する

12 | 2017/03 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
お願い
初めてコメントされる方は『コメントについてお願い』の記事に目を通してから投稿してください。 当ブログは、記事・写真・イラスト等の無断複写・転載をご遠慮頂いております。リンクを貼る場合は、声を掛けていただけると嬉しいです。 稀に政治に関する記事を書くことがありますが、一個人の感想として書いているものであって、特定の政党を応援するものではありません。また、いかなる類の署名運動にも協力出来かねますので、ご了承ください。
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード