新装開店ZOO駅マクドナルド レポ③


マクドナルドで食事をするのは何年ぶりかなぁ?

ハンバーガーを食べるときは近所のバーガーキングに行っちゃうし

ベルリンにも高級路線のハンバーガー店が次々できて

お値段が張っても、美味しくて食べ応えのあるお店に行くことが多かったので

マクドナルドは覚えてない程ご無沙汰。

日本では衛生管理の問題等がニュースになって、売り上げが落ちたようだけど

ベルリンの店は人が入ってるね。

場所柄、観光客も多いのでしょう。

ZOOのバーガーキングは閉店したし、JBバーガーは少し駅から距離があるし。

P_20161109_184624.jpg

ガーベラの生花と火のついてないキャンドルを眺めながら、では頂きましょう。
P_20161109_184919.jpg

変な組み合わせだけど

ハンバーガーロイヤル+ポテト2つ+アップルパイ

これで7.99ユーロ。

味は期待を裏切らず。

ハンバーガーもポテトも冷え冷え。

何で大混雑して客が回転してるのに、ポテトも冷めきってるのか不思議。

バーガーの中のチーズも全くとろけてなくて

冷めてしまったお肉の上に、ただ挟んだ状態。

いくら混雑してるとはいえ、こりゃないよ。

でもサラダをサービスしてくれたので、機嫌はすぐ戻った

P_20161109_185841.jpg

ハム、モッツァレラチーズ、オリーブ、トマト等のイタリアンなサラダ。

ハンバーガーに挟まったショボいレタスしか食べたことがなかったけど

こういうちゃんとした野菜もメニューにあるんだね。



今回は、たまたま通りがかったときにオープンしたのを知って入店したけど

ZOO駅はゆっくり座れる飲食店がなかったから

これからもいつも混雑したお店になりそう。

そうそう、お手洗いに行くには階段が数段あるので

ベビーカーと車椅子の方はご注意を(車椅子のみ階段昇降機有り)。

長い記事を最後まで読んでくれて、ありがとう。


↓最後まで読んだ方はクリックしてね
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

新装開店ZOO駅マクドナルド レポ②


ZOO駅にオープンしたマクドナルドの話の続き。

マクドナルドを含めてファストフードでは

カウンターで注文・会計して、そのまま商品が提供されるのを待つのが流れだけど

この店舗では、注文カウンターで支払いを済ませると番号札が渡される。

P_20161109_183734.jpg
↑注文・会計専用カウンター

カウンターの背面にメニューが掲示されてるけど

混雑もあってゆっくり見られないし

行き慣れない熊子にはわかりにくかったなぁ。

P_20161109_184252.jpg
↑セルフレジ

有人レジは大行列だったけど

こちらのセルフレジは、利用している人がほとんどいなかった。

P_20161109_184617.jpg
↑番号札をもらったら、座席を探すように言われた。

P_20161109_184747.jpg

ZOO駅店のロゴマークなのか

ベルリン市章の熊がハンバーガーを運んでいるイラストが面白い。

このイラストが店員さんの制服にもプリントされていたのが可愛らしかった。

店員さんを観察している間に商品が出来上がるので

受け取りカウンターの液晶画面に自分の番号が表示されたら

商品を受け取りに行くというのが流れ。

P_20161109_183753.jpg

難しいことはなんにもないけど

開店直後ということもあってか、とにかくすごい混雑。

あっちだこっちだと移動出来ないので

このときは商品をテーブルまで運んできてくれた。

でも、広い店内でお客さんを探すのは大変そうで

ハンバーガー抱えた店員さんが迷子状態でウロウロ。

幹部と思われるビジネススーツを着た、ベルリンでは珍しい姿のおじさまたちも大忙し。

次の記事はおまけ。


↓次の記事も読む方はクリックしてね
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

新装開店ZOO駅マクドナルド レポ①


長~いこと工事していたZOO駅。

まだまだ工事は続くようだけど、ドイツ式1階の工事が終了して

数日前にマクドナルドがオープンした。

駅の向かいにあったマクドナルドは36年間営業していて

東西ドイツが統一する前からあった歴史のあるお店だったそう。

3-format6001.jpg
(写真:DER TAGESSPIEGELより)

↑新店舗は一面ガラス張りの開放的な造りで、夜は眩しいくらい。

4-format3001.jpg
(写真:DER TAGESSPIEGELより)

↑の写真は、エレベーターで上がって店内に入ったところで

右手にM'c Cafeとセルフレジ

左手に有人レジカウンターと商品受け取りカウンターがある。

店内のシートは白と黄緑色を基調としていて

間仕切りには竹が使われている。

席によってはモニターがついていたり、ちょっとした子どもの遊び場もある。

熊子は滅多にマクドナルドへは行かないけど

これまで目にしたことのない雰囲気の内装だったかな。

5-format3001.jpg
(写真:DER TAGESSPIEGELより)

次は注文の仕方。

マクドナルドの注文なんてどこも一緒でしょって思うと思うけど

この店舗は違ってた。


↓続きを読む人はクリックしてね
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

アートイベントの火災事故


今日は、11月6日に神宮外苑のアートイベントで起きた火災事故の話。

日本工業大学の学生らが制作した作品が燃えて

中で遊んでいた5歳の男児が焼死した事故だ。

その作品はジャングルジムのような形をしていて、木製で出来ており

中にはおが屑が敷き詰められて、子どもが自由に遊べるようになっていたようだ。

日没を迎えて学生が白熱電球で作品を照らしたことが、発火の原因と言われている。



火種になるほど発火しやすいおが屑のそばに、発熱するものを置いたらどうなるのか

知識のない・想像力のない製作者には驚きを隠せない。

学生の他に教員の監督者がいたはずだし

何故、こんな理由で命を奪われなければならないのか

亡くなった子も遺族も無念でならないだろう。



しかし、ニュース映像を見て熊子が更に驚いたのは別の点だ。

取り囲むように大勢の大人たちが燃え盛る炎を見ているが

子どもを助けようとしている父親と数人の男性の姿を見て

何を思った?何をした?

一部の人だけだろうけど、携帯電話で撮影してたよね。

今、まさに炎に巻かれて苦しみもがく小さな子どもと

その光景を目の前で見せつけられて、死にもの狂いで助け出そうとしている親の姿を。

熊子はそれが全く理解出来ない。

人が燃えている動画を撮れる心情と目的が。



たしか2008年に起きた秋葉原通り魔事件のときも

その場にいた大勢の人たちが、血を流している被害者を

携帯で撮影してたことが話題になっていた。

偶然、居合わせた医師が手当の協力を求めたが

撮影に一生懸命で、協力者がいなかったことを嘆いたニュースが、熊子の記憶に残っている。

報道マンにでもなったつもりなのか

非日常な場面に遭遇して、記録に残さなきゃ!と思うのかわからないけど

熊子は、関心できる行為ではないと思う。

撮影される側の気持ちと、目の前で起きていることを冷静に考えられたら

何をするべきなのか判断できるだろう。

最近、日本では幼い子どもが被害に遭う事件・事故が多くて悲しいね。


↓読んだらクリックしてね↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

10 | 2016/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード