墜落事故の報道


バルセロナからデュッセルドルフに向かっていた150人乗りの旅客機が

フランス南部に墜落した事故は、世界中を震撼させた。

その原因が副機長の故意によるものだったと判明したことで

航空会社の管理責任も強く問われることになるだろう。



ドイツのテレビでも、この件は大きく報じられている。

普段は割りとサラッと報じるだけのことが多いのだが

今回は異例の報道体制で、何時間も事故のニュースを流していた。

日本のテレビと大きく違うなと熊子は思った点は

被害者遺族への配慮だ。

遺族とみられる人たちが抱えられるようにして空港に集まっていたが

顔にはモザイクがかけられていた。

全く同じ映像が日本のニュースでも流れていたが、こちらはモザイクなし。

それどころか、日本人被害者のご実家まで押しかけて

実父にインタビューを求めている映像もあった。

話が少し変わるが、先日チュニジアの博物館で起きたテロ事件では

マスコミが現地で入院中の日本人女性の病室に強引に入ろうとして

トラブルになったとか。

毎度のことだが、日本のマスコミは

事件が起きると被害者の自宅まで出向き

近所の人、昔の同級生を名乗る人たちにインタビューをしては

プライバシーをさらしていくのが常だ。

被害者から『そっとしておいてほしい』というコメントが発表されても

その心情は無視され、被害者は更なる苦しみを負ってしまうようだ。



ドイツのテレビでも“そこモザイクかけないの?映しちゃうの?”というシーンもあるけど

事件や事故を報じる際に被害者や遺族を追い掛け回している印象はない。

視聴率よりももっと大事なことがあるはずだが

日本のマスコミの報道姿勢が変わる日は来るだろうか?

同じニュースでも、国によって報じ方が随分と違うのだなと思った。





↓クリックありがとう↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

なんでそうなるのよ④


結局、日本の郵便局から発送してもらってから2ヶ月経った頃

手紙は何事もなかったかのように、ポストに投函されていた。

デカデカと緑色のシールが貼られていたが。

ドイツ在住の方は、この緑色のシールを

日本から到着した小包に貼られているのを見たことがあるかもしれない。

要は、Zoll(税関)で止めたぞってこと。

悪魔のZoll、鬼のZoll、血も涙もないZoll



またやってくれたのか、やつらは。

小包がZollで止まるのは、まだ理解できる。

だが、手紙一通をなぜZollで止める必要がある!?

異臭でもしたか?白い粉でも入ってたか?

いやいや、ただの薄い紙っぺら一枚だ。

更に不可解なのが、ベルリンのZollで止められていたわけではなくて

ベルリンとかけ離れた地方都市のZollで止められていたこと。

開封して確認するにしたって、なんで2ヶ月も止めるの!?

本当に頭にきたわ

ふざけてるよなー。



役所のアポは、新たに送り直してもらった手紙がなければ間に合わなかった。

特に大事な手紙は、郵便料金が高くでも書留にすべきなのだと学習した一件だった。

そうすると、面倒臭がって自宅まで配達しないだろうから

郵便局まで取りに行かされる可能性が高くなるけどね。

まったく、ドイツの郵便屋も税関も、熊子の理解を越えてるよ。

そうういえば、渡独してから何度もあったな。

日本の友人から「手紙出したけど、届いてない?」って聞かれたこと。

届いてないのよね、それが・・・


↓訪問ポチありがとうございます↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

02 | 2015/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード