スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本も中国と同じ!?

この記事はブロとものみ閲覧できます

MRT検査結果

この記事はブロとものみ閲覧できます

損害賠償請求書

この記事はブロとものみ閲覧できます

Papst!Papst!Papst!

この記事はブロとものみ閲覧できます

選挙ポスター

この記事はブロとものみ閲覧できます

日本を拒むドイツ人

この記事はブロとものみ閲覧できます

昨日はありがとう

この記事はブロとものみ閲覧できます

閑散中

この記事はブロとものみ閲覧できます

バリバリ反応中

この記事はブロとものみ閲覧できます

この記事はブロとものみ閲覧できます

あれから6ヶ月

この記事はブロとものみ閲覧できます

置いていかれた熊坊


電車通勤をしている熊坊。

いつも乗っているはずの電車に置いていかれてしまったそうだ。

       2011051800460803.jpg

いつもと同じ時間に家を出たはずなのに。

同じ時間に駅に着いたはずなのに。

つまり、こういうことだ。

ダイヤを無視して、電車は時間前に出発してしまった。



バスなら理解できるんだけど、電車でこれをやられるとねぇ。。。

日本でもこんなことあるのかな?!ないだろ

秒単位じゃなくて、分単位で予定時刻よりも早く行っちゃったらしいよ。

通勤時間帯でも日本の首都圏のように

ジャンジャン電車が来るわけじゃないから

おかげで遅刻してしまったとのこと。

ありゃりゃ



ま、熊子の愛妻弁当でも食べて、元気出してちょ。

今日のメニューは

鶏肉のトマトソース煮&ポテトサラダ

P1210096.jpg

これと白米。

オリーブ色をした丸いのは、そのまんまでオリーブなんだけど

中に赤いパプリカが詰め込まれていて

ちょっとおもしろい。



熊坊、これからは、もっと早く家を出た方が良いよ。

時間前でも電車行っちゃうからね、この国は


↓応援クリック↓


↓ついでに熊坊にも応援クリック
ブログランキング・にほんブログ村へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

まさかの全否定


初めて鍼を打った後

当日、翌日と体調を崩して、3日間ぐらいは冴えなかった。

鍼治療のサイトを見てみると、いろんなサイトに

『鍼治療後に体調を崩すのは瞑眩反応』と書かれていて

熊子も多分そうなんだろうと納得した。

初めてなのに、ぶっとい鍼を全身に刺したから

きっと刺激が強すぎたんじゃないかと思った。

寝込むほど身体が変になったから

“次回は刺激を調節してもらわないといかんな~”と思ったのだけど

相手は患者の話を全く聞かない感じの悪い女医。

話を聞いてもらえるか、ちょっと不安だった。

でも、さすがに「前回の治療後はどうだったか?」と聞いてくるだろう。

そのとき全部伝えれば良いと思ってた。



女医登場。

先生と話をするだろうと思って、治療台に座って待ってた。

「前回はどうだった?」という言葉を待ってたのに

第一声は「早く横になってよ」だった。

今日も問診をせず、初めての鍼治療の効果を聞くこともしないらしい。

ビックリしたよ。

この医者、患者の状態に全く関心を示さない。

初めて整形外科の診察室で会ったときもそうだったけど

状態とか痛みの強さとか、一切何も聞いてこない。

“この人、何のために医者やってるんだろう?”と思ったよ、本当に。

多分、腰痛患者なんて珍しくないし、決まりきった治療しかしないから

患者の話を聞くのは、ただの時間のロスだと思ってるのかもしれない。

だけどさ、それを露骨に出しすぎなんだよね。

日本にもこんな鍼師はいるかね?

患者に「早くしろ」って怒って

体調も聞かず、身体に一切触らずに鍼を刺す人って。



その女医の態度に不愉快になったけど

そこはぐっとこらえて、熊子は冷静に話をしてみた。

体調を崩したことと、刺激が強すぎるんじゃないか?と。

そしたらさー、そしたらさー、そしたらさー

「鍼にはそんな反応はない」
「鍼の刺激に強いも弱いもない」

だってよ。

ハイ、全否定!

ドイツ語でどう言えば良いかな?って一生懸命考えたのに

全否定されて終わっちゃったよ。

説明してくれるわけでもなく、心配するような言葉もなく

強く否定だけされて、また「早くして」って怒られて

鍼をブスブス刺して、去ってった。

今日も熊子の肌には一切触れずに

適当な部位に打って、消えてった。

鍼治療拷問


う~ん。

どうなんだろうね?この鍼治療。

日本で鍼治療受けたことないから比較できないけど

こんなに大雑把な医療なの!?

想像するに、もっと繊細な治療だと思うんだけど。。。

要は、ドイツ人がドイツ流に仕事をすると

こういう治療になるってことなのかね!?

ドイツ在住でも、アジア人の中には

あえて中国人鍼師の元へ通院する人がいるって聞いたことがあるけど

なんだかその理由がわかってきたような気が・・・。

ベルリンにはあっちこっちにあるのよ、中国人経営の鍼クリニックが。



まぁいいや。

多少、体調がおかしくなっても腰が治ってくれれば。

女医の対応や手技が疑問だらけだけど

治ってさえくれれば我慢する。


↓見事なまでの全否定!


↓女医に負けずに耐えろ~!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

バラマキ大好き政党

この記事はブロとものみ閲覧できます

105億円の使い道

この記事はブロとものみ閲覧できます

瞑眩反応?!


初めての鍼治療。

鍼を打って、その帰り道になんだか身体がおかしくなり

その夜は、のぼせ感と、お腹のピ~で大変だった。

翌日になったら治ってるだろうと思ったけど

治るどころか、翌日はもっと大変だった



朝目覚めると、なんじゃこりゃ?な量の目やに

しかも、顔に蕁麻疹がいっぱい出て、パンパンに腫れ上がってる。

冷やさないと、目が塞がってしまいそうな腫れだった。

痒いし、なんか心配だし、嫌な気分。

それに、身体も重たくて←普段から重いが、もっと重いのだ

すんごい倦怠感。

引き続き朝からお腹もピ~で、起きてるのがつらいほどのダルさ。

だけど、お腹はしっかり減っていて

食事以外は、ずっと寝込むような状態になってしまった。



鍼が合わなかったのだろうか…?

こんなときは、google先生に聞いてみる。

すると、鍼治療後に同じような症状が出ることが珍しくないことがわかった。

以下、google先生からの返答。

『症状が良い方へ転ずる時、一時的に悪化する「好転反応」だっぺ。

自然療法で現れる反応で、慢性疾患やアレルギー体質の人は起こりやすいんだべ。

東洋医学では別名「瞑眩(めいげん)反応」と言って

「瞑眩なくして効果なし」とも言われているっぺ。

瞑眩反応が出るのを境に好転(改善)していくはずだから、我慢するっぺ!』




なになに、そうなの?

これって、改善するための反応なの?

マジ?それとも、治療が上手くいかなかったことへの言い訳?

でも、とにかく身体が変なんだよ。

これまで感じたことのないような、ちょっと変な状態。

で、google先生は、瞑眩反応には段階があることも教えてくれた。



第一段階:弛緩反応期
病的状態の臓器が、本来の機能を回復し始めると
その病的症状に合わせていた各器官がアンバランス状態を起こす。
身体が緩み、長湯後のような倦怠感がある。
気持ちは爽快で心地良く、熟睡ができ昼夜の関係なく眠くなる。
倦怠感・だるい・眠気に襲われる


へ~。

こんな感じになったよ。

湯当たりしてのぼせたようなダルさがあって、一日寝てた。

でも、気分爽快ってのは違ったなぁ。逆だよ。


第ニ段階:過敏反応期
冬眠状態だった機能や知覚が覚醒し、慢性病の前の急性状態に一時的に戻る。
身体の数ヶ所が悪いときは、一番悪い所から反応が出始めて
一番目のものが治りかけると、次に悪い所が感じてくるというように
順序良く症状が出てくる。一番悪い臓器の反応が過敏に出る。
便秘・下痢・腫れ・発汗・疼痛


うわ~、熊子そのまんまじゃん。

下痢ぴ~になって、顔がパンパンに腫れて。

でもさ、熊子は腰痛がひどいんだよ?

何で、お腹と顔から出てくるんだ?

顔が悪いとでも言いたいのか!?←あえて否定はせんが



第三段階:排泄反応期
体内に宿っていた老廃物や毒素、疲労素を分解し
体外に排出される時に出る反応。
汗、尿、便、皮膚に反応が出る。
吹き出物・発疹・目やに・尿の色や臭いの変化


おぉ!目やにや蕁麻疹が出た出た。

毒が身体から排出されてるなんて、身体がきれいになる気がして

なんだか気分が良いねぇ~!



第四段階:回復反応期
今まで血行の悪かった所が改善され、うっ血して汚れていたた血液が
一時的に回り始め時に現れる血液の浄化作用で
血行が良くなるにつれて体調良くなる。
発熱・嘔気・腹痛・倦怠感・疼痛


へー。

治っていくときのも、体調がおかしくなるんだ。

鍼ってのは、血行を良くする治療なんだね。



でもさ、でもさ

熊子ちょっと反応出るの早すぎじゃない!?

一気に第三段階まで来てるよ。

でも、治療後すぐに反応が出るのは珍しくないんだって。

数日で自然に消えてしまうから、放っといて良いけど

反応が強く出るのは、鍼の刺激が強すぎる場合があるから

施術者に報告して、刺激量を調節してもらうのが良いらしい。

うーん。。。

「反応が出た」って、雰囲気の悪い整形外科女医に言ったら

何て返事してくるかな。

そもそも、寝込んで何も出来なくなるほど反応が出るなんて

やっぱり刺激が強すぎたんじゃない?

鍼太いし、初めてなのに全身バンバン打ったし。

でもま、病気が治るための良い反応だと思って

頑張っていくしかないかぁ。

身体の悪いものを全部出してるんだと思えば我慢できるし。



しかし、「瞑眩反応」なんて言葉知らなかったな。

西洋医学にはない考え方かもね。

これって信じて良いのかね!?

身体が良くなるために、一時的に悪化するというのが

何でかよくわからないけど

身体が変になったのは、瞑眩反応=好転反応だと思って

ポジティブに考えておこーっと。


↓鍼ってすげ~ポチ


瞑眩反応じゃなくて
別の病気じゃないの!?ポチ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

初鍼治療その後


痛かった鍼。

30分打って、鍼を抜いてもらったときには

「はぁ~、やっと終わった」って感じだった。

慣れれば違うのかもしれないけど

初めての鍼は“気持ちが良い”よりも“苦痛”だった。



帰り道、治療を終えて10分後ぐらいだったかなぁ。

なんだか、頭がモワ~ンとして、身体中が熱くなってきた。

“なんだこりゃ?鍼が効いたのか?こんなに即効性あるのか?”

なんて思ったのも束の間。

頭がポッポッポッポッしだして、のぼせたみたいになってしまって

とうとう熊坊の支えなしでは歩けなくなってしまった。

普段、冷え性でどうしょうもないことはあっても

のぼせるほど身体が熱くなることなんてない。



家のベッドに倒れ込み、なんだか異様な世界に陥ってった。

温泉に長く入りすぎて、湯当たりしたときのような

重だるい状態っていうのかな。

ボ~っとしちゃって、身体もすごく重い。

熊坊の声もなんだか遠く感じて

外の世界をシャットアウトしてしまったような変な感覚。

結局、そのまま寝てしまった。



目覚めたら、今度は大変。

お腹がピ~ヒャララになって、トイレで腹痛と格闘

水分を取りすぎたわけでも、変なもの食べたわけでもないのに

突然のピ~には原因が思いあたらなかった。

トイレとベッドを何度も往復して、きつかった~



どうしちゃったんだろう

鍼のせい?偶然?

これ大丈夫かね?

鍼ってこんなんなるのかね?

これが良い反応なのか、悪い反応なのかよくわからないけど

良い反応だと信じることにしよう。

じゃなきゃ、続けてらんないものね。

心も身体も。


↓偶然じゃん?ポチ


↓鍼のせいじゃん?ポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

08 | 2011/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。