スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛肉


P1220032.jpg

うますぎて、ぶっ倒れそ~

日本には、おいしいお肉がたくさんあるね。

特に牛肉。

適度に脂がのっている霜降り肉は、やわらかくて、ジューシーで

ほっぺた落っこちちゃいそう

もちろん、ドイツにだって牛肉はある。

だけど、脂身がない赤身肉だから固いんだよね。

上手く調理すれば軟らかくなるのかもしれないけど

ステーキのように、ただ焼くだけの調理法だと

顎が疲れる固さに仕上がる。

まぁ、脂身がない方がヘルシーなのかもしれないけど

熊子は軟らかいステーキが好きなのよ。



P1220231.jpg

もちろん、焼肉も大好き

何年間も食べたくて食べたくて仕方なかった焼肉。

P1220230.jpg

適度に脂がのったピンク色のお肉に、もうメロメロ~

炭火で焼くと、本当においしいね。

P1220232.jpg

ドイツはビールの国なんだから、牛にもビール飲ませたら良いのにね

松坂牛のような高級牛にビールを飲ませて、肉質を良くするじゃない。

あんな風に育てたら、おいしいお肉になるんじゃないのかと思うけど

ドイツ人は、赤身の固いお肉が好きなのかなぁ?

熊子は、日本の軟らかジューシー肉が一番だと思うけどな。

食い溜めしとかなきゃ


↓軟らかお肉派のあなたはぽち↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


前記事のコメント返信が遅れていますが
時間が出来たときに必ず書きます。
申し訳ありません。
スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

日本の風呂


日本では全国的に雪が降った

熊子の家族もテレビの中の人も、みんな「寒い!」と言ってるけど

雪が降っていても、ベルリンから比べたらぜーんぜん。

ベルリン生活で、すっかり寒さに鈍感になったようだ。

逆にいえば、そうならないと極寒の地では暮らせないものね。



日本に帰ってきてからの楽しみの一つがお風呂

ゆっくりお湯につかって、身体の芯まで温まると

心までホカホカしてくる感じがする

肩までつかれる深いバスタブなだけでも感動ものだけど

お湯がぬるくなったら、湯を足さずに温められる追い炊き機能も嬉しい

嬉しいことに、家は檜風呂なので、木の香りを楽しみながらの入浴がこれまた格別。

身体を洗うときに、水しぶきが飛ばないように気を使う必要がないのも

解放的な気分になれるね。

というわけで、日本の風呂は、やっぱり最高~



なんか、日本が快適すぎて、ドイツに帰るの嫌になっちゃったな~。

もちろん、仕事をしていたら、人間関係とか労働時間が長いとか

ストレスを感じることがたくさんあると思うけど

それでも、温かいお風呂に入れて、おいしいご飯が食べられるのは

すごく幸せなことだなって思う。

あとは、風呂上がりに腰を揉んでくれる人がいたら最高!

ベルリンに一人いるんだよね、頼めばやってくれそうな男が

熊坊も日本でのんびりできたら良いのにね


↓ポチっとしてくれると嬉しいよ
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

火事


近所で火災が発生した。

建物は全焼、負傷者も出て、周辺は騒然となった。

何日も雨が降っていなくて乾燥してるから

火がついてしまったら、あっという間に広がってしまうのだろう。

熊子は火災で怖い思いをしたことがあるので、かなり敏感になっている。

消防車の音が聞こえてきたら、夜中でも何でも家の周りをチェックする。

残念ながら、放火も少なくないし、特に冬は気が抜けない。

昔は町内会で自警団が警備してたけど、今はそういうのないのかなぁ?



そういえば、ベルリンの家でも火事で怖い思いをしたことがあった。

向いのアパートが火事になってしまったんだけど、熊坊は仕事でいなくて

一人でパスポートとお金だけ抱えて避難したの。

石造りの家が功を奏したのか、大規模な火災にならなかったから良かったものの

もし自宅が燃えてしまったら…と思うとゾッとした。

親戚も助けてくれる人もいない海外の地で、家がなくなってしまったら

その日からどうやって暮らせば良いのか…。

ベルリンも放火がすごく多いし、実際、隣のアパートに火を付けられたから

木造家屋じゃないからといって、気が抜けないよ。



P1210978.jpg

日本は、本当に空がきれい。

ポカポカ陽気で、ベルリンの夏みたいな暖かさだよ

青空を見るだけで、心が元気になるね。


↓火災注意↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

かぼちゃバウム


P1210897.jpg

干物一匹に大興奮の熊子。

こういうの食べたかったんだよねぇ、ずっと。

納豆と干物がある朝食なんて最高

ベルリンでも自分で干物が作れないだろうか?



さてさて、日本のテレビは、相撲と韓国芸能ニュース一色。

相撲は、八百長問題で本場所・巡業共に中止になってしまい

長い歴史の中で、最も厳しい状況に陥っている模様。

関東大震災や戦時中でも開催してきたのに、歴史に傷を残しちゃったよな。

相撲中継を楽しみにしてる人がたくさんいるのに、非常に残念。

芸能ニュースは、呆れるくらい韓国一色。

ヨン様ブーム以降、いろいろなアイドルが出てきたみたいだけど

“ここは韓国か?”と思うほど、韓国ネタに時間を割いている。

熊子の周りには、「韓国アイドルが好き」って言う人が全くいないのだが

本当に日本の中で人気があるのかな??







P1220018.jpg

↑無印のかぼちゃバウムクーヘン。

最近は、ノーマルな味以外にも色々とあるらしい。

割と味の想像がつくチョコ味、抹茶味の他

バナナ味やスイートポテト味なんてのもあったよ。

バウムクーヘン発祥の地ドイツにはそんなのないのに

日本って色々な商品を独自に進化させちゃって、本当におもしろいよね。

しかも、本場のものよりもおいしかったりするからすごい

実際、ドイツのバウムクーヘンより、日本で売ってるものの方がおいしいと思うな。

しっとりしてて、甘さもちょうど良くて。

因みに、バウムクーヘンは、ドイツを代表する高級菓子だけど

南西側に住むドイツ人は知らない人も多いみたい。

話をかぼちゃに戻すけど、味の感想を書きたかったんだけど

買ってきて机の上に置いておいたら、知らぬ間に消えちゃってた

大勢で暮らすと、こういうこともあるわな


↓ぽちっとしてくれると嬉しいよ
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

気候と身体


日本からドイツへ行ったとき、気候の違いを感じた。

肌がカサカサ、髪もパサパサになった。

空気だけでなく、水の違いも大きくて

熊子はあっという間に体調を崩した。

皮膚炎になって、何年間もつらい思いをしてきた。

通院してステロイドetc.の治療をしてきたけど、一向に改善せず

昨年の11月には、とうとう原因究明の検査と称して

手を切開されてしまったことは、記憶に新しい。

承諾なしに切開されて痛い思いをした割には

結局、何の役にも立たなかったんだけどね



で、その切られてしまった手…。

日本へ来たら、みるみるうちに良くなってきた。

つらくてどうにもならなかったのに、苦痛に感じる時間が減って

見た目もきれいになってきた。

本当に不思議。

やっぱり、水の違いなんだろうか?

それともストレスから解放されたから?

何でかわからないけど、すごく嬉しい






じゃあ、万事OKか?というと、全て上手くいっているわけではない。

日本へ戻ってきたら、あっという間に喘息症状が出てきてしまったのだ

ドイツへ行っている間は、これまた不思議なことに

病院へ行かなければならない程の喘息症状は一度もなかった。

ずーっと苦しんできた咳が、ピタッと止まった。

緑が多いからなのか、空気がきれいなのか

日本にはあるアレルゲンが、ベルリンにはないからなのか

何でかよくわからないけど、これは熊子にとっては予想外のことだった。



そんなわけで、熊子は今、毎日咳が止まらない。

いろいろとお出かけしたり、友達に会ったりしたいのに

すっかり計画が崩れてしまった

咳がひどいだけで元気なんだけど、やっぱり咳してる人とは会いたくないでしょ?

インフルエンザも流行ってる時期だし。

すごく悔しいよ。

自分がどんなに健康に気をつけていても

そこにアレルゲンがあれば、身体は正直に反応してしまう。

日本は花粉が飛び始めていて、花粉症もちの熊子は当然苦しむことになると思う。

今年は、酷暑の影響で、例年の10~20倍飛ぶらしいよ

アレルギー体質って、良いこと何にもないと思う。

熊子よりも酷いアレルギーを持っていて、厳しい食事制限をしてる人もいると思うけど

いつ起きるかわからないアレルギー反応に怯えて暮らすのって

精神的にもきついよね。



せっかく日本へ帰ってきたのに、思うように行動できなくて

本当に悔しいよ。

悔しくて、悲しくて、自分の身体が情けないよ

熊子、どこに住んだらアレルギーに苦しまずに生きていけるんだろう?

あー、お願いだから咳止まって!


↓頑張れ熊子の身体!
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

浦島熊太郎


熊子がいない間に、日本はいろいろなことが変わってしまった。

あっちもこっちも変わってしまったように思う。

まずは家に帰って、テレビを付けてビックリ!

チャンネルが昔と違うのよ

テレビ朝日って10チャンネルだったよね!?

何十年も10チャンだったよね!?

なのに、なぜか5チャンになってるし…。

他にもチャンネルが変わってるのよ。

そして、過去にビデオ録画しておいた番組を見ようと思ってたのに

熊子の部屋からビデオデッキがなくなってる…

「VHSのビデオを見たい」って言ったら、「は?何時代の話?」と言われてしまったよ

今は、ビデオじゃなくて何で録画するの!?

テレビ見るのに悩むとは…



携帯電話がないので、ショップを徘徊しに行った。

相変わらず、街の中には携帯屋がひしめき合っている。

短期間だから、プリペイド式か携帯買って解約するしかないかなーと思ったら

今は両方ともできないんだってよ!

「プリペイド式なんかとっくに扱ってない」とか

「2年以上じゃないと契約しない」とか、門前払いだったわ

携帯電話の端末が何万円もするの。

0円携帯とか1円携帯は、一体どこへ消えたんだ!?



バスに乗るために、バスカードで支払おうとしたら

「そのカードはとっくに廃止された」と言われてしまった。

“1000円のカードで1100円分乗車できる”みたいなお得カードで

熊子の手元には何枚も残っていた。。。

ちょっとショック。



地下鉄にカードを使って乗ろうとしたら、受付られなかった。

ありゃりゃ?

駅員さんに教えてもらったら、今はSuicaってのが主流らしいよ。

自動改札で、みんなカードをタッチしてたけど

熊子、どうしたら良いのかわからなくて、結局、普通に切符買ったわ。

でも、自動改札を通るだけでもドキドキしちゃった。

だって、ドイツは自動改札どころか、改札自体がないからさ。



他にも、行く所々でビックリしてる。

完全に浦島熊太郎

スーパーへ行っても、あまりにも値段が高くて溜息しか出ないもの。

物価が上がったとニュースでやっていたから、その影響もあるんだろうけど

物価の安~いベルリン生活に慣れてるせいで、すごく高く感じるんだと思う。

小麦粉1kgで200円もするんだもん。

ベルリンで買ったら、1kg40円程度。

日本で生活するには、本当にお金がかかるよ



3年ぶりの帰国だったけど、前回もあっちこっち出かけてたわけじゃないから

長~いブランクが出来てしまったのね。

日本は時間の流れが早くて、なかなかついて行けないよ。

よくお年寄りが「時代についていけない。理解できない。使いこなせない」って言うけど

その気持ちがわかるような気がした。

ドイツにいる時間が長くなればなるほど、日本生活に馴染めなくなっていくのかもなぁ


↓浦島熊太郎に愛のポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

冬なのに夏みたい


皆さん、こんにちは。

ビバ日本満喫中の熊子だョ

日本では「寒気が来た~」って、世間も熊子の家族も大騒ぎしてるけど

普段、氷点下の中で生活している熊子にとっては、ぜーんぜん。

めちゃめちゃ暖かいよ

たしかに暖房が欲しい寒さではあるけど、青空が広がって太陽が出るから

それだけで夏みないな気候に感じちゃう。

日本に来て太陽を見たときには

あまりにも眩しくて、つい日陰へ避難してしまった

ベルリンじゃ、何ヶ月も陽を浴びてなかったしね

青空を見るだけでも本当に気持ちが良くて、ウキウキしてくるよ

洗濯物もよく乾いてフワフワだし、自然に気持ちが明るくなってくる。

いつもどんより空のベルリンへ戻ったら、熊子の心もどんよりすること間違いなさそう



帰国初の食事は、お刺身の盛り合わせと牡蠣鍋だった。

P1210895_20110128233234.jpg

大トロ食べて、口の中がトロトロ~

P1210893.jpg

毎日おいしいものをたらふく食べて、ゴロゴロして

好きなときにショッピングして、もう最高の日々ざんす~

この際、熊坊はベルリンで仕事、熊子は日本でぬくぬく生活でもいっか!?

寒くて、おいしい食べ物もないベルリンには、もう帰りたくないよーだ

熊坊、一人で頑張って生きてってねぇ~


↓故郷は癒されるねポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

01 | 2011/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。