スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊家の秋


お気に入りの雑貨屋へ行ったら、店内はすっかり秋模様になっていた

まだ8月なんだけどなぁ。

P1180830.jpg P1180831.jpg

オレンジ色茶色だって見てると

なんだかもう10月か11月くらいに感じる。

ベルリンは毎年8月には秋が訪れるけど、何年経っても違和感がある。

日本の気候が身体の中にどっぷり沁みついてる感じ。

熊子の秋は、紅葉が始まる10月頃からで

8月に秋を迎えるなんて、とっても変な感じなのだ。

どこに住んでいようが、心は日本人なんだね~。



でも、どうあがいてもベルリンに秋が来てしまったのは事実で

熊子の室内デコレーションも合わなくなってしまった。

熊家の中は、まだバリバリ真夏

P1190038.jpg 

↓キャンドルホルダーも夏真っ盛りって感じ。

P1190070.jpg

もう合わないね。

片付け決定



熊坊のスウェーデン土産である手作りアイス器も、一度も使っていない。

P1180871.jpg

「買っても、すぐに寒くなって使わないままなんじゃないの?」と忠告したけど

買ったときは猛暑日だったから、彼には秋のイメージなんてできなかったのかもね。

ガラクタにならなきゃ良いけど。



さて、そんな熊家は、料理も秋モードになって

オーブンを使うことが増えてきた。

↓チキンドリア。

P1180388.jpg P1180390.jpg

でも、熊坊はドリア作っても喜んでくれない。

乳製品+米の組み合わせが嫌いなんだってさ


↓熊子ブログを応援してね↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

弁当会議


もうすぐ秋の遠足シーズン。

熊坊の職場でも、恒例のピクニックがある。

昨年のランチがボッタクリの域を入っていて不評だったことから

今年は弁当持参ということになった。

それなら、自分の食べたいものが食べられるから

準備が大変だけど、その方が良いと思っていたのだが

熊坊の話をよくよく聞くと、エライことになっているのがわかった。



熊坊の部署で一番存在感があるのは、何故か秘書だ。

ドイツ人のおばさんで、何でも勝手に決めてしまう。

遠足の行き先もぜーんぶ勝手に決めてしまって、部長でさえも反論できない。

そんな彼女が、とんでもないことを言いだした。

「今度のピクニックは、私サラダ担当ね!

は?

ドイツ人の言うサラダって

にんじん丸齧りとか、キュウリそのままボリボリとかのあれですか?

てか、担当って何よ!?



どうやら、弁当というのは、自分の食べる弁当を持参するのではなく

パン係とか、サラダ係とかを決めて、全員で回しながら食べるらしい。

ゲー!やだーーー!!

ドイツ人の弁当なんて食べたくないよー。

だって、パン+チーズ+ハム+リンゴって、大概決まってるもの。

だいたい、40人分も持っていくなんて、大荷物じゃん



で、誰が何を担当するのかを、これから決めるらしい。

もうね、結果が見えてて嫌なの。

秘書がサラダを取って、次に発言権の強いドイツ人職員たちが選ぶ。

軽いものとか、安いものとか、準備のいらないものから取るよね、普通は。

そして、ヨーロッパ出身の職員が選んで

主張することを知らないアジア勢が残る。

その中でも、フニャフニャしてる熊坊が、変なものを引き受けてくるに決まってる。

「奥さんにおかず作ってもらって」「寿司が良い」とか

押し付けられてる姿のイメージが湧いてくるの

最悪なのは、水係とか。

全員分の飲み物を用意するらしいよ。

一体、何十リットル運ぶのよ

こんなのピクニックじゃなくて拷問じゃんか!

ピクニックに出かける前に寿司作りとか、一体、何時に起きるのよ!?って感じだし

とにかく、大変な係を引き受けてこないようにしなきゃ。



熊子が狙ってるのは、紙皿係

準備いらないし、軽いし、これなら楽ち~ん

でも、熊坊が競争に勝てるとは、とても思えないし

ドイツ人が手の込んだおかずを持って来れるとも思えない。

今から戦々恐々


↓頑張れ熊坊!ポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

昭和を懐かしむ~明菜編~


久々に見た中森明菜ちゃんの姿。

なんだか痛々しいくらいに痩せていた。

11.jpg 02.jpg

洋服もブカブカに見えるほど、痩せちゃってて

ちゃんとご飯食べてるのか心配になっちゃう



熊子は、たまに彼女の歌を聞いている。

熊坊には、「何でそんな昔の聞いてんの?」と言われるが

熊子も歳をとったからなのか

妙に昔懐かしの音楽を聞きたくなるときがあるのだ。

1980年代は、アイドルが次から次へと出てきたけど

容姿も歌もアレレ?な人が多かった中で

彼女の歌は光っていたように思う。

熊子はまだ子どもだったけど、彼女の歌は、よく耳に残っている。

ちょうどバブルの頃で、日本が好景気に沸いていた頃だ。



明菜ちゃんは、89年に自殺未遂を起こして

それから少し元気がなくなってしまったけど

彼女の笑顔には、惹きこまれるものがあった。

年齢に比べて大人っぽいところがあるのも魅力的。





この頃の明菜ちゃんは、幸せ絶頂期だったのかもしれないね。

すごく良い表情してる。歌も上手いし。

まったく、近○マッチに振り回されて、もったいなかったよなぁ。

彼女だったら、もっと良い相手がいそうなのに。



みんなも、昔懐かしの音楽を聞きたくなることがある?

あの頃は良かったな~なんて思いながら。


↓80年代は楽しかったなポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

IKEAで世界一周


お友達のpekoさんと、IKEAの肉団子談義を何度かしていて

アメリカのIKEAサイトを覗いていたら、びっくり!

レストランの同じ商品でも、アメリカとドイツでは全く値段が違う。

そりゃ、輸送費とか税率が国によって違うんだから、当たり前かもしれないけど

他国はどうなんだ!?と気になって、サイトを比較しているうちに

世界一周してしまった

今日の記事は実にくだらないが、比較してみると

お国柄が出てて、なんともおもしろい



IKEAでは、朝食を提供していることをご存じだろうか?

どこの国も、100円程度に相当する額で提供されているんだけど

熊子は、まずこれにびっくり!

100円でこんなものが食べられるなんて~

だって、だって、日本では99円で、こんな朝食が食べられるんだよ
morningplate99円日本

↓同じく、左からイギリス、アメリカ、ロシア。
family_breakfast朝食99pイギリス  朝食99セントアメリカ  朝食9ロシア

↓次は、左からクウェート、スウェーデン、フランス。

フランスは、パン二切れだけで、ちょっと物足らないね。

スウェーデン風朝食クウェート  朝食10スウェーデン  朝食1ユーロフランス

↓ノルウェーは、料理が少し豪華?なのと、物価が高いこともあってか

朝食は19NOK(約270円)と高めだったが、それでもこの価格は安い。
朝食19ノルウェー

そして、熊子が勝手に決めるKing of 朝食に輝いたのが

ドイツのお隣、デンマーク

なんと、朝食がタダ!?


朝食0デンマーク

「0」って書いてあるよ!!

コーヒーまで付いてて。

デンマークのIKEAに通えば、毎朝タダ飯が食べられるということなのか!?

なんて素晴らしい~

ビバ、デンマーク!



問題は、ドイツのIKEAだね。

ドイツ在住の皆さんには、非常に悲しいニュースです。

99セントで提供されている朝食は、これ↓

じゃじゃ~ん!

朝食99セントドイツ

パン1個

なんてこった。。。

他国では、これだけ豪華な食事が提供されていながら

何故、ドイツではパン1個なのだ

これは由々しき問題だ。

ドイツにもあるのよ、他国並みの朝食が↓
グルメ朝食3.5ユーロドイツ
3.5ユーロだって。400円以上。

何で?何でドイツだけ、こんな価格設定なの?






と、朝食で気分を害したところで、次は各国のお料理を紹介。

shashlik149ロシア
↑ロシアのshashlik。

シャシリクは、カザフスタン発祥の串焼き。

食べたことはないけど、結構エキゾチックな味がするのだとか。



肉といえば、アメリカのリブステーキも存在感たっぷり。

↓7.99ドルと、IKEAにしては高めの値段設定。
ribsリブ7.99ドルアメリカ

イギリスは、これぞイギリス。↓フッシュ&チップス。
fish_and_chips4.5イギリス
ドイツ人が、ソーセージなしでは生きられないのと同じく

イギリス人は、これがないと生きられないかも!?

↓チェコのお肉料理。ボリュームありそうだなぁ。
chicken_cheese69Kcチェコ



熊子は、クウェートにIKEAがあること自体驚いたのだが

メニューが結構豊富に用意されていることに、更にびっくりした。

↓これはチキンサンド。他にもステーキやラザニア、エビフライなんかもあった。
finleShawermaチキンサンド0.250Filsクウェート

↓ご飯ものメニューとして、チキンマサラもあったよ。

チキンマサラ2250KDクウェート

ご飯ものといえば、中国はご飯メニューが豊富だった。

スウェーデン資本とはいえ、食事は中華料理が中心だった。鶏肉の炒めもの↓
Sauteed chicken香口鳥球9.90元中国

日本にもご飯ものがあったよ。

日本人には欠かせないカレーライス。

ベジタリアンキーマカレー599円日本

色々なものを少しずつ食べたいという日本の乙女には

↓こんな素敵なお料理もあるよ。699円也。

ミッドサマープレート699円日本

もちろんデザートも忘れちゃいけない。

↓こんなかわいい100円アイスは、日本のIKEAだけかな?

アイス100円日本

デザートといえば、フランスもフランスらしい。

マカロン1.5ユーロマカロン

マカロンは1個1.5ユーロ。





そして、話しを一番始めの肉団子の話に戻るが

IKEAの肉団子というのは、これ↓
299ロシア
付け合わせや、お肉の数が国によって異なるようだが

スウェーデンのソースと、リンゴンベリージャムを添えていただくのは共通。

で、サイトをじーっと見つめていたら、これまた悲しい事実が発覚。

ドイツ高い!

超暇人と思われそうだが、いくつかの国の価格を比較して

あえて円換算して表にしてみた(レートも価格も7月のもの)。

IKEA比較5
会員価格、期間限定価格を含んでいるので、お店に行くときは自分で確認してね)

なんじゃこりゃ~!

隣国フランスとのこの違いは何!?

ドイツって元々外食が高いけど、安さを売りにしてるお店の割には

ドイツの価格は、決して安いとは思えないなぁ。

他国と比較すると余計に。

日本も高めだけど、中国は安いねぇ。

因みに、ホットドッグとソフトクリームは、これね↓

bistro_hotdog_130x115.jpg  bistro_softcream_130x115.jpg

熊子、両方ともIKEAに行ったら食べてたけど

この値段みたら、なんだかバカバカしくなっちゃった。

どちらも、他国の倍ぐらいの料金じゃない。

これって、輸送料とか関税とか、そういう問題だけじゃないよね。

あーあ、やってらんない



そうそう、この価格は、同じ国でも支店によって違う場合があるようなので

よく確認してからお出かけしてね。

8月になったから、メニューも価格も変わってるかもしれないし。

IKEAに行くなら、午前中のデンマークがオススメよ

熊子ブログに遊びに来てくれてる人たちの大半は、遠すぎると思うけど


↓楽しめたらポチしてってね↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

ドイツ郵便また問題発生


日本に小包を送る用があって

ドイツ郵便のオンラインサイトで支払いを済まそうとした熊坊。

熊子は止めた。

「トラブルになると面倒だから、窓口で支払った方が良い」と。

でも、熊坊は聞かなかった。

「窓口の行列に並んでお金のやり取りするのが面倒くさい。大丈夫だよ」と。



必要事項を入力して、クレジット決済を済ます熊坊。

領収書を印刷して、小包に貼りつければ終わりだ。

が…画面に出てくるのは

<印刷できません>

何度TRYしても

<印刷できません>

なんじゃこりゃー

お金だけ取られてしまった。

まるで詐欺。



だから言ったじゃないかー!とばかりに、熊子に怒られる熊坊。

慌ててドイツ郵便に電話をかけてみるが、例のごとく繋がらない。

ドイツ郵便は、日本人だけでなく

ドイツ人からもすこぶる評判が悪い会社で、サービスは劣悪。

一度トラブルになると、簡単には解決できない。

何度電話をかけても繋がらず、メールも送信したが返信なし。

さーて困った。



その後、熊坊の同僚ドイツ人にも手伝ってもらって

ドイツ郵便とコンタクトを取ることが出来、無事に印刷できたのだが

こんなレベルなら、はじめからオンライン決済サービスなどしてくれるな!状態だ。

急ぎの小包だったのに、すっかり遅くなってしまった。

ドイツでオンライン決済は、できる限り避けた方が良さそうである。



熊子のアドバイスを無視して失敗してしまった熊坊

名誉挽回とばかりに、朝食を作ってくれた。

といっても、前の晩のカレーライスが残っていたので

チンしてくるだけと思っていたら…

P1180208.jpg

豚カツとコロッケが追加されている!

朝からこのボリュームは、ちょっとつらいゾ


↓応援よろしくね。両方押すのだ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

メルケル首相からサインもらった!


省庁一般公開に遊びに行った熊子。

5省庁くらい周って、戦利品はこれ↓

P1190369.jpg

風船もらっても使い道ないんだけど、メモ帳やペンなんかは大助かり。

色鉛筆、定規、絆創膏なんかも使える

飴やグミの菓子類も、全部ドイツの国章入りだけど

随分と手の込んだことしてるね。



さて、首相官邸へ行ったとき、運良くメルケル首相がスピーチをしていた。

P1190316.jpg

おぉ~、初めて見る生首相の姿。

官邸内には大きな公園があるのだが、もちろん普段は立ち入り禁止。

庭というレベルではなく、立派な公園サイズで

そこでは、市民をもてなすための椅子やテーブが用意され

食事が出来るようになっていた。

ソーセージが売られていたのは、言うまでもない

あと、プリクラが用意されてたよ。

無料で行列が出来てたからTRYできなかったけど

官邸の風景と合成して、おもしろい写真を作ってくれるサービスだったみたい。



スピーチを終えた首相。

帰ろうとしたが、すごい人に囲まれて身動き取れず。

P1190334.jpg

熊子も人を掻き分けて、接近を試みる。

おぉ!記念撮影なんてしてて、サービス精神旺盛だなぁ。

P1190337.jpg

きっと、こういうのが支持率に繋がるんだろうな。

そして、チビの特性を生かして、更に人混みを突き進むと

おぉ!こんな近くに!!

P1190328.jpg

隣にいたお婆ちゃんが、熊子にしきりに何か言ってくる。

婆:「紙とペンよ!ほら、紙とペンを出して!」

熊:「え?何?紙とペンが欲しいんですか?」

婆:「違うわよ!あなたがサインをもらうのよ!」

熊:「えぇ?サインですか?ハハハ。くれないですよ」

来た来た来た来た。熊子の目の前に首相が来た。

「首相、サインくださーい!!」





まさかのまさか。

ハイ、GET!

P1190371.jpg

あら?思いの他、簡単にサインしてくれちゃったよ

てか、この顔写真は何だ?と思われた方

これも官邸からのお土産。

全く使い道のないと思われていたこの写真が、こんなところで役立つとは



というわけで、メルケル首相の直筆サイン

我が家の家宝に認定~

といっても、メルケルさんの写真を四六時中飾っておくのもちょっとねぇ。

でも、日本の某首相のサインよりかは嬉しいかも

タンスの中にしまっておきますか


↓熊子の押しに、ポチっと押してね↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

首相官邸におじゃまします


この週末、ベルリンでは

ちょっとばかり、大きなイベントがあった。

連邦政府とベルリンにある全ての省庁が一般公開される日で

毎年、多くの人が訪れる。

省庁間の移動には、無料シャトルが運行されていて

各省庁では、大臣や職員が業務内容を説明してくれたり、イベントを行ったりして

市民は、政治がちょっとだけ身近に感じられる日になっている。

↓連邦首相府(首相官邸)

P1190278.jpg

日本でいう内閣府で、それはまぁキレイ

↓館内の国際会議場。クーラー効いてる~

P1190300.jpg



↓首相を警護する白バイにも試乗させてくれちゃったり

P1190279.jpg

↓連邦警察のヘリコプターの中を覗かせてくれたり

P1190306.jpg

普段こわーい顔をしてる警官や警備官も

この日はニッコリ顔で、市民をもてなしてくれる。



首相官邸の中には、各国の要人からのプレゼントが展示されていた。

よくニュースで、サミットなんかに行くとき「お土産を持っていきました」とか聞くけど

具体的にはどんなものが土産になっているのか知らなかったから

なかなかおもしろかったよ。

P1190288.jpg  P1190289.jpg

ブッシュ大統領からの土産DVD&CDボックス(左)と茶器(右)

P1190294.jpg  P1190295.jpg

↑かわいい木彫りのチェス(左)とナイジェリアの首長族からの銅像(右)

首長族の銅像、家に置くにはちょっと存在感ありすぎだねぇ

↓で、日本からは木の箱。安倍元総理から。

P1190293.jpg

熊子は、こういうのよくわからないけど

きっと高価なものなんだろうね

てか、安倍元総理って、だいぶ昔の感じがするけど

これをプレゼントしたときは2007年。まだ3年前のことだ。

コロコロ総理が変わるから、わかんなくなっちゃうよ

P1190291.jpg

↑安倍さん、メルケル首相の隣でポジション取りは良かったんだけど

ある日突然辞めちゃったねぇ。。。



話しを戻すが、各省庁では、来庁者にお土産をくれる。

広報パンフレットだったり、省庁のロゴの入ったエコバッグだったり

お菓子や文房具などなど。

タダ大好きドイツ人たち、これ目当てで周ってるんじゃないの?という程

みんな大量の土産を持ち歩いていた

熊子ももらったよ。

連邦教育・研究省から、得体の知れないアイスを。

P1190359.jpg

この青い色は、何から出来てんだ?



日本もこういうイベントすれば良いのになと思った。

税金で運営されてるのだから、公開しても良いよねぇ。

別にお土産を用意しなくても良いけど

市民が政治に触れられる有意義なイベントになると思うけどな。


↓ぽちぽちっと両方押してね↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

究極のレタスサラダ


我が家の
究極レタスサラダ


P1180954.jpg

究極すぎ?

これを食卓に並べたとき、熊坊はブーブー言ってた。

無理もない。

だって、手抜きにも程がある!って感じでしょ。

しかし、侮るなかれ。

このサラダは、フランス料理の本にしっかりと掲載されている料理

シンプルなだけに、レタスの下処理とドレッシングで仕上がりが決まる一品



フランス産マスタードと白ワインビネガーを利かせた手作りドレッシングをかけて

フォークとナイフで、青虫になった気分でいただく。

熊子は、これまでサラダにするときは

レタスを一枚一枚剥がしてお皿に盛り付けていたが

丸ごとレタスだと外側の柔らかい葉と内側のしっかり歯応えのある葉を

同時に楽しめるのがおもしろい。

一枚ずつ剥がしたときとは、食感が全く違う。

そして、不思議なことに量を食べることができる。

はじめは「こんなにたくさん食べられない」とぶーたれていた熊坊も

あっと言う間に1/4個平らげてしまった。

熊子も同じく1/4個完食。

飽きるんじゃないかと思ったけど、そんなこともなかった。

結構、お腹が膨れるので、ダイエットにも良いし、もちろん健康的だし

熊坊からもリピートの声がかかったよ。

ま、頻繁にやると飽きちゃうから、そのうちまたレタスの安いときにね。


↓ビックリ仰天なサラダだ!ぽち↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

これからは飛行機立ち乗りの時代


アイルランド系航空会社ライアンエアーが

またまた仰天プランを発表した。

ライアンエアーは、ヨーロッパを代表する超格安航空会社で

乗客数も多いが、クレームの多さでも群を抜いてトップの座を誇っている。

パリ-ロンドン間を99セント(約120円)なんて価格で販売していて

中には、1セント(約1円)チケットというのも存在する。

この価格を実現するには、様々なカラクリがあって

機内サービスは一切なし(飲料水も毛布も全て有料)

預け荷物は有料、切符購入には支払い手数料が必要

座席は全席自由席(早く機内に入りたい場合は、別途料金が必要)

座席にはシートポケットもテーブルもなし、新聞や音楽の提供もなし

飛行機が遅延して、乗り継ぎ便に間に合わなかった場合も補償なし

といったような具合。

そして、機内トイレ有料、肥満の人から「脂肪税」徴収すると言いだして話題になった。

また、数ヶ月前には、キャビンアテンダントが蕁麻疹を患う男性を乗車拒否して

機内から無理やり降ろしたことでも話題になった。

念のために言っておくが、蕁麻疹は伝染しない。

世間からは非難の声が上がったが、ライアンエアー側は開き直りのコメントを発表。

ライアン社の特徴として、苦情に対して開き直ることが多いように感じる。

因みに、ライアンエアー社に苦情を申し立てる場合

メールでの受付はしておらず、電話のみの対応になるが

この電話には、通話料金の他に手数料が徴収される。



で、今回発表された仰天プランだが

なんと、立ち乗り席を導入するというではないか。

機内のトイレ2つをぶっ壊して、座席数を減らすことで

これまでよりも50人多く搭乗できるようにするらしい。

イメージは、こんな感じ↓

Rocketnews24_39162.jpg

50人分というのだから、立ち乗り席は、このイラストよりも

もっと狭くなるんじゃないかと予想するけど

これ、安全なのかね!?

ライアン社は短距離運航が主なので、1~2時間の飛行なんだろうけど

立ちっ放しは疲れちゃいそうね。

この立ち乗り席は、無料~600円程度で販売するらしい。



何年か前に、イギリスで「Dispatches: Ryanair Caught Napping」という番組が放送された。

番組スタッフが、ライアン社のキャビンアテンダント採用試験に応募し

潜入取材をするというもので、大きな反響を呼んだ。

後に、この番組の一部は、日本でも放送された。

これがまぁ、酷い実態で、信じられないようなことばかりだったのだ。

①キャビンアテンダントは、国から定められた安全に関するテストを受ければならないのだが

ライアン社では、カンニング容認だ。

(後に、ライアン社は「法律にはカンニング禁止と書かれていない」と開き直り)

②キャビンアテンダントやパイロットの勤務体系がめちゃくちゃで

疲労しきっており、飛行中に居眠りしてしまうスタッフもいた。

③飛行機が空港に到着してから、25分以内に新しい乗客を乗せて

離陸することがマニュアル化されているので

機内清掃や機体の安全チェックがない。

番組では、子どもが嘔吐して座席が汚れてしまっていたが

清掃せずに次の乗客を乗せた場面が紹介されていた。

④25分以内に搭乗させなければならないため

乗客のパスポートチェックはしない。

⑤飛行機の不具合で、乗客は機内で3時間も待たされたが

水一杯の提供もしなかった。

「水だけでも飲ませてくれ。みんなグッタリしてる」と懇願した客らに

機長は「そんなことをしたら、俺がクビになる。

安いチケットなんだから、相応のサービスしか得られない。

クレームをつけたって構わない。他にも客はいるから」と発言。



とまぁ、こんな感じで、安全への配慮も???だし

とにかくサービスが悪くて、客の満足度よりも利益第一で考えてるのがわかるのだが

この手の会社を熊子も利用したことがある。

ライアンではなく、easy Jetというイギリス系の格安会社なのだが

ライアン同様、座席は自由席ということもあって、搭乗前から乗客は殺気立っている。

割り込みはするし、男性も容赦なく女性のことグイグイ押して、我先にと行こうとするし

搭乗ゲートから機内まではダッシュ

もちろん、機内までバス運行なんてしてくれないから、列になって歩かされるのだ。

まぁ、それくらいなら良いとしても、安全だけは譲れないよね。

あー、そう言えば、パスポートのチェックもちゃんとしてなかったな。



さて、ライアン社の立ち乗り席、超格安で乗れるみたいだけど

あなたは利用してみたい?してみたくない?


↓いくら安くても、安全じゃないと嫌だよねぇ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

税金の使い方


6月に就任したばかりのクリスティアン・ヴルフ大統領が

少し前、ドイツのマスコミから批判されていた。

彼は首都ベルリンから180Km程離れたハノーファーの出身で

地元のお気に入りのパンを、大統領官邸まで運ばせていたことが批判の的に。

彼の住むベルリンのベルヴュー宮殿まで、月に2回ほどパンを運ばせ

取引額は400ユーロ(約4万5千円)ということなのだが

批判している側の理由としては

「ベルリンにもたくさんパン屋があるのに、二酸化炭素排出して運ぶなんて悪例だ」

「税金の無駄」

ということらしい。

で、彼がそこまでこだわっていたパンというのがこれ↓

3974328675-wulffs-broetchen-spalten-gemueter.jpg

うーん。どこにでも売っていそうなパンだが

日本人がお米にこだわるのと同様に、彼もパンのこだわりがあったのだろう。

日本だったら、きっと記事にもならないことだろうけど。







さて、その日本だが…

国の借金がとうとう900兆円を越えてしまった。

つい3ヶ月前に借金の話を記事にしてから、借金は30兆円増え

国民一人あたりの借金額は、710万円にまで膨れ上がってしまった。

710万も借りた覚えはないのだが、借りたことになっているらしい。

新種の詐欺!?



民主党は、「借金を増やさない」と言っていた。

「無駄を省けば、予算は出てくる」

こう言って、政権交代にこぎつけた。

しかし、「民主党の考える無駄」と「国民の考える無駄」には大きな差があり

科学技術予算が削られたり、災害対策費がなくなったり

農家が危機に見舞われたときのために貯蓄していたお金を没収されたり…etc.

「他に無駄なところがあるのでは?」と思った人も多かったと思う。

そして、これらの削ったお金の行き先は

皆さんも周知の通り、子ども手当、高校無償化、高速道路無料、農家戸別補償

そして、中国や朝鮮へのプレゼントだった。

大韓航空機爆破実行犯の金賢姫を国賓扱いして、1億円使ったことも記憶に新しい。

そして、民主党政権は、借金を減らすどころか、拍車をかけてしまった。



借金がこれだけあり、転覆寸前でありながら

民主党は、子ども手当を増額すると言っている。

そして、高校無償化も先日の選挙中のドタバタに紛れて

朝鮮学校も無料化することが決定された。

北朝鮮と深い関わりがあり、反日教育をしているところに

日本の税金を投入するらしい。

一体、この政党は、どこの国の政党なんだ??



農家戸別補償は、赤字になった農家に、赤字分を税金で補填する制度で

言いかえれば、努力して黒字にしなくても、政府が生活費を補償してくれるものだ。

ここでミソになるのが、政府が指定した農家にだけ適応されるというもので

これから、その対象を広げていくらしい。

なんじゃこりゃ?

民主党を応援してくれれば、お金あげますよってことか?

お金が降ってくるのなら、誰も働かなくなるよ。



で、熊子ブログでも何度も記事にした子ども手当。

外国に住む子どもにまでお金をあげるという、とんでもない政策だが

外国に住む子にだけで、年間10億円を越えることが発表された。

更に支給額を上げるというのだから、開いた口が塞がらない。

そうそう、子ども手当を支給するために、小中学校の耐震工事ができなくなったのだけど

言うまでもなく、日本は地震多発国。

大地震が来たら、学校の体育館に避難するんじゃなかったの?

避難先が耐震じゃなく、いつ潰れるかわからないんじゃ

何のための避難なのかわからないじゃない。

不要な高速道路なんかは作る必要なし。

でも、必要なところは、ちゃんとお金かけてやらないと。。。



以上のように、税金がじゃんじゃんバラ撒かれている状況なのだが

借金がこれだけある中、こんなことをしていて大丈夫なのだろうか?

アメリカから「思いやり予算」と称して膨大なお金を取られ

隣国にも、巨額なお金が流れている。

国の予算が足りないときに、他国の環境対策やインフラ整備のために

お金をあげてる場合なんだろうか?

これから、カンボジアに100億円の橋を作ってあげるらしいけど。

もちろん外交は大事。

だけど、国内経済をボロボロにしてまで、本当にすべきことなんだろうか?



「世界の中の日本」という見方も非常に大事。

(だからこそ、もっとしっかりしろよ!と言いたくなるのだが)

でも、日本人の税金は、第一に日本人のために使われるべきなんじゃない?

生活保護受給目的で入国して、申請されるがままに支給しちゃうとか有り得ないよ。

必死に働いても、生活保護受給額よりも少ないお金で生活してる人たくさんいるよ。

貧しくて、一日3食摂れないない人もたくさんいるんだよ。

政府は、票田のために偏ったところにお金をバラ撒くのを止めて

本当に必要なところにお金を使ってほしい。

「事業仕分け」なんてパフォーマンスはいらない。

国が火の車なんだから、自分たちの給料を減らすぐらいのことしてみろ!

自分たちが率先してやらなかったら、絶対に国民はついていかないよ。

国民ももっと怒って、自分の意見を表明しないと、やりたい放題されちゃうよ。

借金900兆円、どうするの?

熊子、710万円なんて大金、持ってないからね。



↓このままじゃ破綻するぞ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

敵は緑


数ヶ月前、チェコに住むお友達のリカさんから

野菜の種を分けてもらった。

青梗菜、春菊、小松菜といった、こちらでは手に入らない貴重な野菜の種。

初めて育てるものばかりだったけど、超貴重な種なので

「絶対に成功させる!」の決意の元、毎日せっせと水を撒き、肥料を施して

もうちょっとで食べられそうというところまでこぎつけた。

そこまでが、デンマーク旅行前の話。



ベルリンはすっかり秋の気候になっていて

日差しも出ないし、気温も高くないので

水の心配はそれほどしていなかった。

水対策はある程度していたし。

が…家に帰ってきら、とんでもないことに

大切な小松菜ちゃんがぁぁぁ!

P1180875.jpg

なんちゅーこった!

誰かが熊子の大事な野菜を喰ったぞ!

あのカップルか???

いや、違う。鳥は、こんな食べ方しない。

ということは、犯人はアイツしかいない!

ということで、葉の裏を確認してみると…

いました。犯人が。

緑のアイツ

P1180359.jpg

緑の敵は、葉と同じ色をしてるから、すごく見えにくい。

更に、夜行性だから、夜中に退治しなきゃならない

毎晩毎晩、退治しても、朝になると喰われていて、いたちごっこだ。

でも、負けてはいられない。

熊子と熊坊の大切な野菜だもの。



ちょっと喰われちゃったのは悲しいけど、たくさん収穫できたよ。

↓小松菜

P1180885.jpg

熊坊の大好きな、小松菜の胡麻和えと味噌汁

P1180901.jpg  P1180931.jpg

↓青梗菜

P1180886.jpg

こちらは、定番の中華炒めで。

P1180895.jpg

どちらも立派に育ったでしょう?

久々の味を満喫できて良かった

種をプレゼントしてくれたリカさん、どうもありがとう。

これからも、熊子たちは、緑と闘い続けます

緑なんかに負けないぞ!エイエイオー


↓家庭菜園は地球温暖化防止にもなって、一石二鳥↓
      にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

gremz参加中

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

ベーコンマン


ホテルの朝食バイキングは、熊子にとって楽しい時間である。

他の客の盛り付けた皿を見ると

普段、どんな食生活をしているのかが垣間見れるからだ。

食べ放題で、品数がたくさんあるのに

コーヒーだけの人、ミューズリーだけの親子

「朝食代がもったいないうよ~」と思う人も少なくない。

↓今回はこんな感じ。

P1180578.jpg

ドイツ圏とは違って、北欧のホテルは大抵サラダもあるし

種類も豊富に用意されているので、熊子には助かる。



で、熊子たちの隣に座った男性二人組。

イギリス英語を話していて、痩せと肥満体型の二人。

肥満の彼は、皿いっぱいにベーコンとジャガイモを載せている。

この二種類だけをてんこ盛り。

痩せの彼は、ベーコンだけを、てんこ盛りにしてる。

熊子、びっくりしてしまって、思わずツッコミ入れそうになったが

彼らは「これがいつもの朝食」と言わんばかりに食べだした。

しかし、ベーコンonlyの彼は、ひどく喉が渇くらしく

ジュース置き場の前で、立ったままガブガブ飲み

その後も、ジュースを自分の席に持ってきては座らずに立ったまま飲み

そのまま、またおかわりに行くということを繰り返していた。

そりゃそーだ。

ベーコンだけ食べてたら、塩分強いんだもの

喉が渇くに決まってる。

でも、大量に飲んだら、後でお腹痛くなっちゃうよ~

うーむ、この人は、普段からベーコン朝食なんだろうか?

それとも、普段、ベーコンが食べられなくて

塩辛いのを知らずに、ここぞとばかりにベーコンを食べてしまったのだろうか?

って、まさかねぇ

このベーコンマン、翌日も同じ行動を取ってたよ



反対側の席に目を移してみたら、これまたびっくり!

うるさい中国人団体客の一人が

トーストをフォークとナイフで細かく切って食べてるではないか

サンドイッチでも何でもないただのトーストを

ギコギコナイフの音を立てて食べている。



そして、衝撃的なことをしでかした。

↓こんな風にスタンドに立てて、スプーンで食べる半熟卵を手にした中国人。

P1190065.jpg
(写真は熊子の卵スタンド)


殻を少しだけ剥き、スプーンを手にするのかと思いきや!

じゅるじゅるじゅるじゅる~!

キャー!やめてーー!!

殻を剥いたところに口をつけ、これ以上ない汚い音で吸ったのだ!

まるで蕎麦をすすっているかのような音を、レストランに響かせて。

朝から勘弁してくれよぉ

てか、食べ方完全に間違ってる。

自分自身も不愉快だったけど、周囲の外国人から

この中国人と同郷の人間と思われてそうで、すごく恥ずかしかった。

非アジア人には、中国人と日本人の区別がつかないみたいだからさ。

あー、もうやだやだ。



ベーコンばっか食べて喉が渇いちゃうのは、自業自得だからどうでも良いけど

周囲に迷惑をかける食べ方だけは辞めてほしいね。

世界にはいろいろな人がいるなぁ。

そういう熊子も、「チビなのに、朝から随分食べる女だな」

なーんて思われてたりして


↓ベーコンonly朝食が無理なあなたはポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

北欧からの帰り道


ただいま。

ベルリン寒~

緯度が高い北欧の方が、不思議と温かいし、天気も良かったな。

ベルリンは、秋も少し深まったかのような気温。

あっという間に冬になりそうで嫌だなー



爆弾を受けた後、また悲劇があってガックリきちゃった。

空港に行くためにコペンハーゲンに戻って、半日だけ観光してたんだけど

電車の一日券を気付かぬうちに落としてしまったのだ。

70クローネ=1000円以上の切符を。

あー、痛いミス!

自分でやってしまったのだから、言い訳のしようがないのだが

手元に残ってる現金は5クローネほど。

100円にもならない額で、なーんにも買えない小銭1個。



熊坊にはひたすら謝るしかできなかったけど

一度も責めるような言葉が出てこなかったのが

我が夫ながら、すごいなと思った。

熊子は心が小さいから、こういうとき言っちゃうんだよね。

「もー!何やってんのよ~」って。

ダメダメ人間なのだ。

でも、こういうとき、熊坊は何も言わない。

普段から滅多に感情を表に出さない人だが、こういうときも無感情だ。

「落としちゃったのはしょうがないよ。また買うしかない」

それで終了。

お金があるから、こういうことをサラッと言えるわけじゃなくて

大騒ぎしたって、どうにもならないとわかってるからだと思う。

こういう対応は、救われるときもあるんだけど

一概に良いと言えるわけでもない。

観光地のショップで明らかに騙されてるとわかっていても

「仕方ないよ」で済まそうとしたり

普段、スーパーやデパートなんかで

セール商品を買ったにもかかわらず、レジで割引されないときなんかも

自分から抗議しようとしない。

「きっとセール品のところに紛れちゃってただけで、本当はセールじゃないんだ」

とかなんとか言っちゃって、何でも穏便に済まそうとする傾向がある。

熊子に「ちゃんと言わなきゃだめ!」って強く言われて

渋々、「あの~、すみませんが…」と言う始末だ。

良くいえば、「温和」だが

悪くいえば、「事なかれ主義」「小心者」と言ったところか。



切符を落としたという話から、だいぶずれてしまったが

熊子に対して何も言ってこない熊坊を見て

そんなことを一人悶々と考えていた。

そして、自分が喜怒哀楽が激しい女だから

熊坊みたいな奴ががちょうど良いのだ…

そんなことも考えながら、北欧の街を見下ろしていた。。。


↓バランスが大事だぽち↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

爆撃


街の中心地にある噴水。

P1180622.jpg

ごく普通の噴水に見えるけど、よく見るとなんだか気持が悪い。

目、鼻、口、耳…穴という穴から水が吹き出してる。

P1180624.jpg

なんだか汚ならしいぞー。



ショッピングを済ませ、ベンチで昼食。

久々のコンビニ弁当なんて買ってみた。

P1180870.jpg

マカロニサラダ。これで55クローナ。635円。

サラダ1個で600円以上って、高いよなぁ

これでもまだデンマークよりはだいぶ安い。

P1180700.jpg

むしゃむしゃむしゃ。



ひゅ~~~~ぼと!

ん!?

え!?

ぎょえーーーー!!!
上からなんか降ってきた~


P1180628.jpg

爆弾が熊子を直撃!

P1180629.jpg

あ~、もう最悪!

ねっちょりしてて、熊子の服にベッタリ

ご飯の上にもねっちょり

あーもう!何でよりによって、熊坊じゃなくて熊子なんだ!

拭いても服の汚れは落ちず、気分もどんより

さっさとベルリンに帰って洗濯するべ。

P1180632.jpg

というわけで、熊子の北欧旅行は

爆撃を受けて終わりを告げたのだった。。。


↓哀れな熊子に愛のポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

さらばデンマーク デザインの街へ


物価が高過ぎて、思うように遊べなかった熊子。

人魚姫もいなかったしいじけるイジイジ

観光地のレストランは、びっくりするような値段で

毎晩の食事も「今日はどうする~?何が買える?」状態だった。

というわけで、貧乏人はさっさと退散。

次の国へレッツゴ~

P1180670.jpg

コペンハーゲンからエーレスンド海峡を渡って、に到着。

2000年に完成したばかりのエーレスンド橋を使えば、1時間もしないうちに着いてしまう。

橋が完成する前は、船で渡ってたらしいけど

今はおんぼろバスと最新ハイテク列車が走ってて、アクセスも楽々。

ドイツでは、海を見ながらドライブなんてことはできないので

久々の景色にうっとり

P1180678.jpg



で、またスウェーデンに行ったの?と思われそうだが

先月行ったストックホルムとは全く違う「マルメ」ところに来ている。

マルメは、スウェーデンで最も南にある街で、スウェーデン第三の都市。

インテリア、家具の北欧デザインの中心地の一つで

街の中には、デザインショップがいっぱい

10m歩けば、デザインショップにぶつかる!というほど、お店が点在している。

日本から訪れる人もいるようで

北欧デザインが好きな人にとっては、お金さえあれば天国のような街だ


↓フォルムデザインセンター内のカフェ

P1180600.jpg P1180599.jpg

北欧デザインは、カラフル&シンプルが特徴だね。

使いやすいのかどうかはわからないけど、高価なのは確かだ。

P1180604.jpg 

P1180605.jpg

北欧は、インテリアだけでなく、有名なファブリックメーカーや食器メーカーもあって

今回は、そっちの方も楽しみにしていた。

入念な下調べをして、街外れの生地専門店に行ってみたら…

倒産

うーん、不況の煽りなんだろうか…。

気を取り直して、次の店まで足を運ぶ。

ひゃっほ~い!

P1180601.jpg

marimekko、almedahls、KINNAMARKなどなど、北欧を代表する生地がいーっぱい!

テニスコート大の店の中には、数え切れないほど陳列されていて

熊子、大興奮

熊坊は、値札を見て意気消沈

あれも欲しー!これも欲しー!状態で、店員と相談をしながら

2時間程お店にいたかな。

商品を決め、会計を済まそうとしたら…

店員「2週間後に引き取りに来てください」

はい?

「今は売ることができないから、また来てください」

え?

てか、あんた、私たちが旅行者だと知ってるでしょ。

何で先に言わないのさ!時間の無駄になったじゃないかー!

店員は言葉を続けて言った。

「どうしても取りに来れないなら、送ってあげても良いけど」

熊子「送料はいくらかかりますか?」

店員「知らない」

出た出た。ここにもあったよ、サービス砂漠。

まったくもう



どうしても欲しかったから、送ってもらおうかと一瞬考えたんだけど

「送料なんか知らないわ」と言ってのけてしまう店員が

最後まで責任を持って仕事してくれるとは思えないし

後々、いくら請求されるのかわかったもんじゃないから

残念だけど、諦めることにした。

その後、街をグルグル回って、いくつかお店を見つけたけど

欲しかったデザインが売ってなくて、意気消沈

地元の人間じゃないって店員はわかってるんだから

買っても受け取れないのなら、はじめに言ってほしかったよ。

こういうところが、日本のサービスと違うところだよね。



一番欲しかったのが買えなかったのは残念だったけど

それなりに買い込んでこれらから満足満足

↓こんなAlmedahlsのキッチンタオル買ったら、熊坊に引かれたけど

twa-cr0079_20100813192740.jpg

なんともいえない怪しさが、熊子にはたまらない


熊子ブログを応援してくれる方は
↓ぽちぽちっと両方押してね↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

消えた人魚姫


コペンハーゲンの観光地の一つに「人魚姫の像」がある。

とても有名な観光地なのだが、期待するほどでもないということで

「がっかりする観光地」としても有名だ。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話・人魚姫を基にした像で

コペンハーゲンに訪れる観光客の大半は、足を運ぶのではないだろうか。



人魚姫の像は、これまでに何度も破壊されたことでも有名だ。

1964年に芸術家たちによって頭部が持ち去られ

1984年に像の右腕が切断され

1990年に頭部が再び切断されかけ、首に深さ18cmの傷を負い

1998年に再び頭部を失い

何度も赤ペンキをかけられ

2003年には、爆弾を仕掛けられて像の台座にあたる岩石が爆破された。

とにかく受難の多い姫なのである。



像は、海沿いの少し離れた場所に設置されていて

訪れるには、乗り物を乗り継いで、更に歩かなければならない。

熊子はそれほど期待していなかったから

像を見るくらいなら、ショッピングをしたかったのだけど

熊坊がどうしてもということで、一緒に行くことにした。

熊坊の中では、別行動というのは嫌らしい。


↓ずーっと歩いていって、何か光ってる辺が像があるはず

P1180791.jpg

到着。

P1180789.jpg

? ? ?

画面に、人魚姫らしきものが映ってるけど

これが人魚姫の像なの!?

てか、人魚姫の像って、銅像じゃなくて、映像だったの!?

まじですかー?!



そりゃ、ガッカリするわ。

ぼやけた映像見たって、何もおもしろくない。

ん?

なんか、石にチョークの跡が…。

P1180787.jpg

もしや、ここに座ってたんじゃないの?お姫様は。

また誰がぶっ壊しちゃって撤去されちゃった!?

と思ったら、なんだか少し離れたところに人だかりができてる。

もしかしたら、そこにお姫様がいるのかも!


人だかりの中にあったのは、お姫様じゃなくて、これだった↓

P1180788.jpg

はぁ~!?

上海万博へ遊びに行ってしまったお姫様。

なんと、外国旅行は今回が初めてらしい。

何でよ!

熊子が訪れるときに限って何でよ!

市民は中国へ移送させることを反対していたらしいんだけどね…。

どうやら強引に連れていかれてしまったらしい。



あーあ、実に残念。

それじゃなくても、コペンハーゲンは観光地が少なくて

これくらいしか見るものないのに、ガッカリだ。

熊子の他にもたくさん観光客が来てたけど、同じようにガッカリしてたよ。

周知が足りないんだろうね。

てか、こんなスクリーンいらない。

万博会場を映し出してるみたいだけど、解像度が低くて

何がなんだかさっぱりわからないし

中国人が会場内を行き交う姿を見たって、しょうがないもの。

これならない方が良いわ。



帰り道に大事にしてたアクセサリーを落としちゃうし

わざわざ行くんじゃなかった。

半日無駄にしちゃったよ、まったく


↓ガックリ熊子に、元気出せポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

ハートの国


今回の北欧旅行は、観光地巡りではなく

デザインを見ることがメイン。

北欧デザインは、シンプルさが特徴で、日本でも人気が高い。

デザインショップに入れば、その北欧デザインを感じ取れるのはもちろんだが

街の中にも、おもしろいものがたくさん!



まずは、デンマークの象徴とも言うべき自転車。

この国は、ドイツに並ぶ自転車大国で、どの道も自転車道路が整備されている。

自転車道路は、ベルリンよりも断然広く

おもしろ自転車に乗ってる人がたくさん

そのうちの一つ。熊子が欲しかったのがこれ↓

P1180696.jpg

ショッピングで疲れちゃったら、熊坊にこいでもらうの

前の荷台には、大人二人が乗れるスペースがあって

女の人が乗って、男がゼーゼー言いながらこいでる人が多かった

他にも、二人乗り自転車とか、寝ながらこぐタイプとか

荷台に子ども5人くらい乗せてたりとか

生活スタイルに合わせて自転車をチョイスしているのを感じた。

自転車人口が多いにも関わらず、日本人のように暴走してる人もいないし

マナーをきちんと守っていて、感心させられた。

日本の自転車マナーはひどすぎるよ。改善した方が良い。



乗ってみたい自転車はあったけど、当然無理なので

熊子たちは、電車とバスで移動。

バスの車内からは、おもしろ建築物が眺められる。

P1180688.jpg

↑ベルリンでは見ないタイプのマンション。

ボロ団地じゃなくて、こんな素敵なところに住んでみたいな…と思いを馳せてみたり

↓逆に、ここには住みたくないなーと思ってみたり。怖そ~う

P1180808.jpg



地下鉄もとても斬新。

P1180564.jpg

気付いたかな?

P1180560.jpg

運転席のない電車。

まるで、ディズニーランドのスペースマウンテンに乗ってるような

そんな気になって、熊坊と二人でいい歳して興奮してしまった

この地下鉄、時間表示が30秒間隔でびっくり。

日本の電車よりも、時間設定の細かいところがあったとは…。

P1180551_20100810230017.jpg

税金が高いだけあって、公共機関のサービスは抜群。

感心させられっ放しだった。



税金が高いと書いたが、ここは本当に高い。

物価そのものが高い上に、税金がバカ高。

消費税は25%という、なんとも信じられない税率だ。

電車の初乗り料金が約350円。

ソフトクリームを食べようと思ったら、なんと一つ700円もするではないか!

ハートの国らしく、硬貨はかわいいんだけど

この硬貨がてんこ盛りないと、何も買えない。

P1180580.jpg P1180582.jpg

5クローネ(左)あっても、なーーーんにも買えないよ。

はっきり言って、この物価は異常だわ。

食べたいものも食べられないし、買いたいものも買えないし

貧乏人が遊びにくるところではなさそうだ

ハートの国で、熊子はハートブレイク


↓ハートブレイクにはポチが一番
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

致れり尽くせりな街


先月、スウェーデン旅行に行ったばかりだが

またまた北欧にやってきた。

P1180458.jpg

大陸が違うので、すごく遠いように感じるが

ベルリンからコペンハーゲンまでは、飛行機でたったの45分

離陸して安定飛行に入ったと思ったら、すぐに着陸態勢に入る近さだ。

空港から街の中心部までも、たった20分で行ける。

↓こんなエアバッグ付電車で。

P1180465.jpg

この電車、鉄男・鉄子の間では有名なようだ。

お顔はちょっとブサイクだけど、車内は超豪華。

P1180451.jpg

ごく普通の電車だけど、音楽が聴けるし、スポットライトも付いてるし

電源コンセントまであって、至れり尽くせり



別の市内を走る電車も、観光客には嬉しいサービスがいっぱい。

行き先案内が、こと細かに表示されてて、これなら間違えることもなし!

P1180474.jpg

しかも、電車が進むにつれて、駅名の下の丸ポチが減っていって

あとどれくらいで次の駅に到着するのかがわかる仕組み。

なんとまぁ、ハイテクな

バスの中も、同じく行き先表示が丁寧にされている。

P1180487.jpg

↑液晶画面が車内にいくつもあって、どの席からも見えるようになっている。

これまで、行き先案内がなくて間違えてしまったことが何度かあったから

こういうサービスがあるのは、とても助かる



交通機関だけでなく、街の中も至れり尽くせり。

P1180714.jpg

信号の待ち時間が一秒単位で表示されて

青信号も赤に変わるまでの時間が表示される。

「時間に余裕があるから、ゆっくり渡れる」「間もなく赤信号になるから待とう」

なんて使い方をするのかな。



ドイツのお隣の国だけど、あまりにもハイテクなんで

あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ

田舎から初めて都会に出てきた人のように、びっくりの連続だった。



スウェーデン同様、人間様の方も観光客には嬉しかった。

P1180448.jpg

全く言葉には困らない。

一体、どうやって勉強したら、たくさんの言語を話せるようになるのかな?

たしかに、スウェーデン語もデンマーク語も、英語やドイツ語に似てるから

習得するのは、それほど大変じゃないのかもしれないけど

それにしても、どんな風に学習しているのか

語学に苦労している身としては、一度確かめてみたいものだ。

日本の学校の英語教師の質を、まずは上げないと

いつまで経っても、話せるようにならないよねぇ


↓「語学堪能」と言われてみたいぞ!ポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

お知らせ


海外旅行中につき、皆さまのブログに訪問できずにいます。

申し訳ありませんが、時間ができたときに

またお邪魔させていただきます。

熊子ブログも出来る限り更新する予定なので、遊びにきてくださいね

P1180529.jpg

海は、やっぱり良いなぁ。

でも、物価が高すぎて、目玉が飛び出そう


↓両方ポチっと押してくれると嬉しいです↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

かわいいお客様


最近、熊子のバルコニーにお客様がやってくる。

P1180154.jpg

鳥さんのカップル

いつも二人一緒にやってきて、歌ったり、キスしたりしてる

くちばしとくちばしをくっつけて、ほんとにチュッチュしてるの。

人の家でそんなことしないでよー!とツッコミたいところだけど

そんな姿を見ていると、心がほんわかしてくる

熊子を訪ねてくれる、数少ない大切なお客様だ。



そのバルコニーには、今、お花がいっぱい

エコアクションしてるよ!

P1170972.jpg P1170145.jpg

P1170459.jpg P1170974.jpg

P1170498_20100723061737.jpg P1170502_20100723061737.jpg

P1170493_20100723061736.jpg P1170137_20100723061738.jpg

カラフルなお花が、目を和ませてくれるんだけど

お花の名前が全然わからない

一番下の白い花の写真は、ラディッシュの花だよ。



天気の良い日は、バルコニーで夕飯を囲むことにしていて

これが、とっても気持ちが良い

熊坊は、揚げ物+ビール=デブコースを作ってあげると、とても喜ぶ。

P1170468.jpg

この日のデブコースは、鶏のフライ・チリソースと白身魚のフライ。

ビール片手に、おいしそうに揚げ物をつまむ熊坊を見てると

嬉しいような、罪深いような…複雑な心境になる


↓ポチっと押してくれると、熊子励みになります↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

gremz参加中

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

ドイツのここだけは尊敬しちゃう~後編~


ドイツでは、「犬税」というものがある。

文字通り、犬を飼うと、それに応じて税金を徴収されるというもの。

州によって税額は異なり、多頭飼いは高くなる(補助犬は非課税)。

ただし、お金がないと動物を飼えないというわけでもない。

ベルリンで犬の登録をしている人の多くは年金生活者で、裕福な人たちばかりではない。

そんな人たちのために、市内には動物の食糧配給所がある。

年金生活者や失業者に対して行われているサービスで

動物の食事と簡単な医療チェックが受けられるのだ。

動物愛護団体や食品メーカーがボランティアとして行っているようである。



昨日、紹介したベルリンのティアハイム。

犬税で運営されていると思いがちだが、実際には民間からの寄付で成り立っている。

運営を続けていくためには莫大な費用がかかるが

寄付によって、100年以上も経営を続けてきた。

立派!

ae19668c51.jpg  c0e47645f9.jpg

↑ティアハイムで里親を待つ動物たち↑

↓トルティー君7才   ↓ロキシーちゃん2才  ↓カミちゃん10才

Tortie__15__01.jpg Roxy_10_4388.jpg Kami_II_.jpg





実は、この施設のやり方を真似しようとしたところがある。

横浜市だ。

横浜では、ベルリンティアハイムを参考にして

殺処分を行わない動物愛護センターを作ろうとした。

1万㎡の土地に、約38億円かけて建設しているが

これには、市民の苦情が殺到。

「何で、犬・猫なんかに税金を使うんだ!」というのが、苦情の内容らしい。

動物が好きな熊子としては、「やっとそういう自治体が出てきたか」「遅いくらいだ」

「もっと動物に優しい街にならないだろうか」と考えているが

「捨て犬なんか、さっさと殺せばいい。税金なんかかけるな!」

という考えの人も、少なくないようだ。

すごく悲しいな。。。



そして、もう一つ驚いたのが

日本には自治体が運営する動物回収車なるものがあるということだ。

「燃えないゴミの日」「燃えるごみの日」と同様に

「不要ペット回収日」というのがあるというではないか。

冗談じゃないよ、本当に。

指定日には、飼えなくなった動物を捨てていいということらしい。

もちろん、生きてる動物だよ。

これを、自治体では「市民サービス」と位置付けていて、税金で運営されているのだ。

粗大ゴミだってお金を払って捨てるというのに、動物はタダでポイ。

開いた口が塞がらないよ。

悪質なブリーダーや、無責任な飼い主が

リピーターになっていることが多いようだが、それが市民サービス?!

道端に捨てられるよりかはマシってことなの!?

動物の命を、本当に何だと思ってるのか。。。

ペットを無責任に放棄しても、何ら罰則がないから繰り返すんだろうな。

ドイツみたく課税となれば、そこで踏みとどまる人もいるだろうし

むやみに多頭飼いする人も減ると思うんだけど。



でも、ドイツも大きな問題を抱えている。

税金を払わず、無登録で飼う人も中にはいるし

動物にとっては良い環境のために

外国からわざわざ捨てに来る人が後を絶たない。

オランダや東欧など周辺諸国の悪質ブリーダーたちが

国境近くに動物を多数放置する事件が後を絶たない。

ドイツで面倒を見てもらおうということのようだが、ひどい話だ。



でも、それくらいドイツの環境は恵まれているということだ。

電車やバスにも普通に乗れるし、ショッピングだって一緒に楽しめる。

レストランだって可能なお店は多い。

散歩する場所も十分だし、道には無料落し物袋が設置されているほどだ。

使う飼い主が少ないところが困るのだが。。。

IMG_6272_20100614214710.jpg



もちろん、人間社会と密に関わるのだから、躾も忘れない。

「犬と子どもの躾はドイツ人に任せろ」と言われるが

子どもは?だけど、犬についてはその通りだと思う。

ドイツ人は、本当に上手に躾をする。

公共の場で吠えたり、他の犬とケンカしたりなんて、滅多に見かけない。

実に飼い主の言うことをよくきくお利口さんばかりだ



こういった点から、ドイツ人の動物に対する姿勢は、本当に素晴らしいと思う。

普段はちゃんと仕事しなかったり、適当なことばかり言って頭にくることも多いけど

動物を大事にする文化は、熊子は尊敬している。

日本も動物に優しい国になってほしいと切に願う。

Grab_2.jpg

↑ベルリンティアハイムの墓石


↓日本も殺処分ゼロを目指そうよ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

ドイツのここだけは尊敬しちゃう~前編~


Yahoo!JAPANに、捨て犬に優しい自治体はどこかというニュースが掲載されていた。

日本もやっと、動物に優しい国になりつつあるのかな?と期待して読んだら

何これ…と思うような内容だった。

記事の内容は、「どんな殺し方が動物にとって優しいか」というもので

記事に出てくるのは、「世界初の殺処分機」とか「本当の安楽死」とかそんな言葉だった。



日本では、処分場に持ち込まれる犬・猫が、毎年30万頭以上。

2005年に動物愛護法が改定されたけど、何も変わっていないんだなと思った。

「ペットが天国へ逝くまで責任を持って飼育する」という当たり前のことが

日本人の中には、出来ない人が多すぎる。

高額な洋服、安全なご飯etc.ペットグッズはすごく豊富で

動物の売買を含めて、一大産業になってるけど

動物愛護という面から見たら、日本は後進国じゃないだろうか。



一方、ドイツではどんな状況になっているのだろうか。

ベルリンには、ヨーロッパ最大の動物孤児院と言われるティアハイムがある。

ティアハイムは、捨てられた子たちの収容施設だが

日本の保護センターとは、だいぶ違う。

まず大きく違うのが、収容期限。

日本では、保護された子は大部屋に入れられ、殺処分の日までカウントダウンが始まる。

一週間以内に引き取り手が見つからなければ、犬の年齢や犬種に関わらず殺される。

殺し方は、ガスを使って窒息死させるのが一般的だ。

つまり、呼吸ができなくなって、苦しみながら命を落とすのだ。

何一つ悪いことなんてしていないのに。

248c6d564a4c9822.jpg   dog_shiro.jpg





ドイツのティアハイムでは、基本的に殺処分を行わない。

重篤な病やケガを負って、苦しみがひどい場合に限り

獣医師が安楽死させるが(麻酔薬が必須と法律で明記されている)

後に安楽死させられた動物は、別の獣医師によって病理解剖を受ける。

ここで安楽死の合理性が認められなければ、安楽死させた獣医師は起訴される。

また、人を噛んでしまったような凶暴な動物の場合なども、すぐに安楽死させず

動物行動療法従事者が、リハビリを試みる。

ティアハイムには収容期限がなく、次の里親が見つかるまで

時間をかけてリハビリを受けることが出来るシステムになっているのだ。





そして、施設の造りも大きく違う。

日本の「保護センター」という名の殺処分場は、コンクリートと鉄柵に囲まれて

冷たく、狭く、愛のない部屋で、最期の時間を過ごさなければならない。

おり

「助けて!怖いよ!」といくら泣き叫んでも、誰も助けには来てくれない。

こんな悲しいことがあるだろうか。

想像するだけでも、胸が苦しくなってくる。



ベルリンのティアハイムはこうだ↓
Tierheim_Haupteingang.jpg
(写真はベルリン ティアハイムHPより)

f8e7a7d983.jpg

ベルリンって、こんなに田舎だったの?と思われそうだが

首都とはいえ、中心地を一歩出れば、こんな風景だ。

上空写真を見ても、その規模の大きさがわかると思うが

動物を保護している家屋も、ストレスを感じないように工夫されている。

18090946c2.jpg

動物は、犬・猫に限らず、鳥やモルモット等の小動物もいる。

山羊や馬、中にはこんな子↓もいるのが、驚かされる。

2e5bcc748b.jpg



HPで新しい飼い主を待つ子たちの情報が掲載されるので

引き取りたい場合は、ティアハイムに出向いて面談を受ける。

引き取りは有償だが、不許可と判断される場合もある。

そして、引き受けた後しばらくは、ティアハイムの監視下に置かれる。

ティアハイムの職員が自宅訪問をし、住環境や相性等から判断して

そこで不適切とされたら、動物を返さなくてはならない。

このように、アフターケアも万全なシステムになっていて

全てのことが、動物第一に考えられて進められている。

しかし、ドイツ人にとっては、ティアハイムはとても不幸な場所だと思われている。

「家族と一緒に暮らせないなんて、ひどい状況だ」と。

たしかにそうなのだが、殺処分されてしまう日本の状況を知っている身としては

ティアハイムの動物たちが、とても幸せに思えてしまう。

逆にいえば、日本の動物たちは、それほど酷い環境下に置かれてるということか。

悲しいのはもちろんだが、恥ずかしいレベルに思えてきた。。。





今日の記事は、システムの違いを比較したが

長くなってしまったので、続きはまた明日。



絶滅動物を救うことも大事だけど
身近な動物のことも忘れちゃいけないね
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

gremz参加中

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

児童相談所の怠慢


以前、虐待についての記事を書いたばかりだが

日本では、また大きな事件が起きてしまった。

大阪市在住23歳風俗店勤務の母親が、3歳と1歳の子の面倒をみず

ミイラ化した状態で発見された事件。

母親は、幼い二人を一ヶ月もの間、風俗店の寮である自宅に放置し

自身は友人宅を点々していたとか。

自宅を出ている間「多分、もう死んでるな」とは思ったものの、心配になることはなく

逮捕された今も、反省の言葉は出てこないらしい。

「子どもなんていなければ良かった。ホストと遊ぶのが楽しかった。

もっと遊ぶ時間が欲しかった」だって。

母親は、逮捕される前日、一度だけ自宅に戻っていて

死亡してる子どもを見たけど、そのときも「腐ってる」としか思わなかったって。

自宅の中はゴミ屋敷で、二人の子どもは空腹と暑さと闘いながら

悪臭漂うゴミの生で亡くなっていったわけだ。

想像するだけで溜息がでてしまう。。。


実は、この母親、以前から虐待をしていたようである。

自分で子育てをするようになったのは今年1月からで

それまでは、元夫の義父母が子育てを代わりにしていたらしいのだが

母親と子どもの三人暮らしをするようになってから、間もなくして

児童相談所に虐待の通報が入るようになった。

近所の住民が3回通報したが、市の児童相談所がまともに対応することはなかった。

早朝に受けた通報に対して、出向いていったのが15時すぎだったりと

首を傾げたくなるような対応だったようだ。

児童相談所は、「虐待の通報を受けて、5回ほど家庭訪問した」と主張しているが

いずれも、母親と会えなかったので、放っておいたようである。

(相談所は「見守り対応」という言葉を使って釈明していた)

インターホンで「ママー、ママー」と呼ぶ子どもの声が

何度もマンション内に響き渡っていたらしく

マンションの住民は、前々から虐待を察知していたようだ。





周囲の人間が、これだけ気付いていながら、何故助けることができなかったのか?

以前の記事には、児童相談所の職員の数が少なすぎることを指摘したが

今回は、それを考慮しても、あまりにもお粗末な対応だったと思う。

「親に会えなかったから見守りにした」と釈明しているが

こんなのは、全く言い訳にならない。

自分たちが職務放棄したことを、「見守り」なんていう言葉にすり替えただけじゃないか。



虐待のことがニュースになると、相談所からは決まって同じセリフが出てくる。

「親と会えなかった」「子どもに話しを聞けなかった」

「親がもう虐待しないって約束したから」

こういう言い訳を聞いていると、これはただの相談所の怠慢でしかないのでは?

という気さえしてくる。

完全に職務を果たしていないし、これでは相談所の存在意義がない。

自分たちの仕事を自ら認めないのと同じじゃないか。

「子どもを救うんだ」という強い気持ちを持って仕事に向き合っていれば

こういう結果にはなっていないと思うのだが、厳しすぎるだろうか?



たしかに、職員の数が少なすぎるのだ。

例を挙げてみると

カナダでは、一人の職員が担当するのは、20人までと州法で定められているが

東京では、一人の職員が担当するのは、150~200人にもなる。

これでは、いくら時間があっても足りないのはよくわかる。

でも、この職員不足を、いつまで言い訳にするのだろう?

民主党政権になってから、少子化対策と銘打って子ども手当が支給されたが

(今回逮捕されていた親も受給資格あり)

児童福祉に予算が追加されたという話は聞いていない。



ドイツでは、虐待に対する意識が高く、住民からの通報も多い。

「子どもがバルコニーで一人で泣いている」といったレベルでも、通報される場合がある。

そうするとすぐに警察が駆けつけ、強制的に住居に立ち入り

子どもを保護するのだ。

車の中に置き去りにするのも同様で、警察が来て

車を破壊して、子どもを救出する。

「ほんの10分程度だった」なんていう親の言い訳は通用しない。

もちろん、躾の一環であっても(日本人の考える常識的な範囲でも)

子どもを叩いたら、身体的虐待を行ったと判断される。

普段、仕事してんだかしてないんだかよくわからない警察だが

虐待の通報に対しては、機敏に対応しているようである。

熊子は、日本でも、これくらいの対応をしても良いと思っている。

プライバシー保護の観点から、住宅に強制的に入ることが躊躇われるようだが

これだけ虐待事件が頻発していることを考えると

もうそんなことは言っていられないのでは?と思うからだ。

現在でも、児童相談所が強制的に住居に立ち入ることは認められている。

しかし、裁判所で手続きを踏む必要があり、長い時間と手間がかかり

ほとんどこの権限は遂行されていない。

何のための制度なのか…。

もっと手続きを簡素化させて、警察とも連携をして

機敏に対応できないものだろうか?

間違いなら間違いで良いじゃないか。

近所の目が気になる?

でも、違うならきちんと説明すれば良いし、子どもの安全を確認する方が大事じゃない?



このニュースをTVで報道してたんだけど、お偉いコメンテーターの言葉に

熊子はびっくりした。

「私も高齢出産で31と33歳のときに出産したんですが

生ゴミと一緒に子どもを出したいと思うことがありました。

それくらい子育てって大変なんです」

30代前半での出産は、高齢出産じゃないというツッコミは置いといて

自分の親にこんなこと言われたらつらいな…と思った。

この言葉を、TVを通して聞いた子どもは

「ママに生ゴミに出されなくて良かった~。ワハハ」って笑えるのかな?



いつも思うよ。

虐待する親のところには、何故ポンポンと子どもが生まれるんだろう?って。

いくら望んでも授からない人がたくさんいるのに。

ママになりたいって思ってる人はたくさんいるのに。

今回の事件、現場となったマンションには

調理道具も入浴道具もなかったらしい。

親の手料理を食べ、一緒にお風呂に入って、抱きしめてもらう

こんな当たり前のことをしてもらえずに亡くなっていった子どもたちのことを考えると

とても不憫でならない。


熊子ブログに訪問ありがとうございます。
両方ポチポチ押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

Open Air Concert


夏の風物詩、Open Air Concertへ行ってきた。

文字通り、屋外で行われる音楽コンサートで

テーマは「チャイコフスキー」。

熊子が大好きな作曲家なので、期待してたんだけど…。

ついてないことに、朝起きたら雷雨

とことんついてない!雷雨の中、音楽なんか聞けないぞ!

と思っていたけど、開演前には雨が上がってホッ

会場は、「ヨーロッパ一美しい」と言われるジャンダルメンマルクト広場。



チャイコフスキーの名曲が次々に演奏され

「白鳥の湖」ではバレリーナまで登場して、観客を楽しませてくれた。

P1180099.jpg P1180111.jpg



熊子が一番楽しみにしていた「ピアノ協奏曲第一番」

誰もが一度は耳にしたことがある名曲だと思うが、ピアノの難易度は高く

大舞台でこの曲を弾きこなすピアニストは、そう多くないように思う。

だからこそ、この曲がプログラムに含まれてるのを知って

チケットが高くても聞きにいきたいと思っていたのだけど…。


[高画質で再生]

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第一番 


音楽をやっている人ならわかると思うけど…

それはそれはひどかった

ピアノ自体の完成度が低くボロボロ。

更に、オーケストラとも合っていない。

ピアニストが具合でも悪いのかと思ってしまったほど。

演奏後の観客の拍手が疎らだったのが、如実に表してると思うけど

熊子はブーイングしたいくらい、不満の残る演奏だった。



一方、大喝采を受けたのが、「バイオリン協奏曲」を演奏した

新ベルリン交響楽団コンサートマスターの柴田欽章さん。

彼は東京出身で、ドイツのテレビにも出演した経験をもつ腕の持ち主。

ボロボロのピアノ協奏曲の後だったので、余計に素晴らしく感じた。


[高画質で再生]

チャイコフスキー バイオリン協奏曲 


日本人が活躍してるのを見るのって、本当に嬉しいね。

衣装が独特な柴田さん、この日のコンサートの中で、最も輝いてた



休憩時間は、お腹がすいたのでこれ↓

P1180113.jpg

音楽コンサートに合わない気がするが、これしかなかった

本当にドイツ人は、これだけあれば良いんだな。



コンサートの〆は、「1812」

日本でもよく耳にする音楽だね。

大砲のつもりなのか、ボンボン爆発させて、なんだかすごかったよ。

最後なんか、花火まで上がっちゃって


[高画質で再生]

1812 


そっか~、だからチケットが高かったのね

最後はやけにド派手な演出で、全体的には楽しめたから善しとしますか。

ヨーロッパの夏、素敵だな


熊子ブログに訪問してくれてありがとう
両方ともポチっと押してくれると、励みになります
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

07 | 2010/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。