スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役所たらい回し


束縛婚&内緒婚をした韓国人のカン君。

またまた熊坊にコソコソ話。

何かと思ったら、役所にたらい回しにされて困っているという相談。

そうね、結婚したら役所でいろいろな手続きしないといけないものね。



で、聞いたところによると、カン君がTRYしてるのは税金クラスの変更申請。

独身か既婚者かで、ドイツでは税金がえらく変わる。

だから、結婚したことを報告して、税金の天引き額を変えてもらわなきゃならない。



カン君は、結婚と同時にA区⇒B区に引越しをした。

すでにB区に住民票を登録してあるので、B区の役所で申請を試みたところ

「A区での受付になる」と言われ、A区の役所へ向かった。

すると、今度は「B区で受付になる」と言われ、たらい回し開始。

「ここに来るように言われたんだ」と言っても、話にならないのがベルリン。

「自分は言われた通りにしてるだけだから、確認を取ってほしい」って言っても

「それは私の仕事じゃない」なんて言われてしまうんだとか。

本当に最低だよね。

日本だったら事情を話せばちゃんと話を聞いてくれそうだし、調べてもくれそうだけど

ベルリンの役所はそんなに親切じゃない。

窓口職員が「無理」と言ったら、どんなに食い下がっても無理なのだ。

例えその職員が間違っていても。無知でも。



そして、A区とB区の役所に何度も足を運んだけど、門前払いされてしまうようで

普段は温和なカン君だけど、さすがに頭にきてしまったんだろう。

窓口職員と言い合いになってしまったらしい。

もう最後は「Nein!」「Doch!」「Nein!」「Doch!」「Nein!」「Doch!」…∞

あえて英語にすれば、「No!」「Yes!」「No!」「Yes!」「No!」「Yes!」か?!

この二語だけの言い合いになってしまって

結局、負けて帰ってきた

ご愁傷様、カン君。



この話を聞いたときは、状況がイメージできて

噴き出してしまうくらいおかしかったんだが、当の本人にしてみたら事は深刻。

熊子たちも役所では散々な目に遭ってるから、その苦労が痛いくらいわかる。

カン君、困った果てに熊坊に相談してきたんだろうけど

残念ながら、言ってあげられるのは、同じような愚痴だけ

「こっちも同じように外人局で相手にしてもらえなくて…」

なんていう話だったら、いくらでも話してあげられるんだけど

アドバイスはこっちがしてもらいたいぐらいなわけで



とにかく、お金が絡んでることだから早く申請をすべきなんだけど、困ったもんだ。

職場のドイツ人も「どうしてかわからない」って感じらしいんだが

本当に困ってるんだと思うんだわ。

心の底からおかしいと思うわ。ベルリンの役所。


↓職務怠慢ドイツ人に負けるな!ポチ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

ドイツEU1位おめでとう


熊子の身長は、日本人の中では普通だけど

ドイツの中ではすこぶる小さい。

横幅は、日本の中ではでかいけど

ドイツの中では目立たない←これは助かる

ドイツ人、本当に大きいもんね。

特に横。

鍛えてスリムな身体してる人ももちろんいるけど

50%以上の確率で、腹が出てるような気がする。

それが気のせいではないことを裏付ける調査が発表された。

International Association for the Study of Obesity(IASO)による世界肥満度調査

(この調査は、調査年度や対象年齢が国によって若干異なることと

北朝鮮などの調査不能な国がいくつか存在しているので、若干、精度は落ちるが参考までに)

BMI≧25を肥満として、各国の肥満人口を割り出している。

BMIとは、体重と身長から割り出した肥満度を表す指数で、算出方法は以下の通り。

BMI=体重kg÷(身長m×身長m)  

身長160cm、体重50kgの人なら、BMI=50÷(1.6×1.6)≒19.5となる。

BMI≧25が肥満BMI=22が標準BMI≦18.5が低体重とされる。

では結果を~


肥満率


総じてEU国民の肥満人口が高いけど、ドイツは輝いてますなぁ~。

2007年の調査によると、男女ともEU内堂々一位!

おめでとうございま~す

が、ですねぇ…

2007年の不名誉な調査を受けて、ドイツ政府もマズイと思ったらしく

「野菜を食べましょう」とか、お世辞にもレベルが高いとは言えないキャンペーンを

いろいろとやったみたい。

その甲斐あってか?ちょっとだけ減ったみたいね

2010年は一位の座を逃して残念賞



では、他の結果を見てみますか教授


EUに加えて、大国アメリカ&ロシア、我ら日本

それと世界一肥満人口の多いトンガと少ないベトナムもグラフに載せてみたんだけど…

うっひょ~、アメリカもすごいね。

女性の肥満率がEUと比べても断トツ。

トンガなんて、人口の90%近くが肥満ってことか。

痩せてる人に出会うのは奇跡かもしれん

何を食べたらこんなに太るんだろう?もはや遺伝がそうさせるのか?



我らの日本は、こうやってグラフにしてみると、少ない方だということがわかる。

腹の出たおやじなんてゴロゴロ見かけるけど、ドイツと比べたら大したことない。

民族的に太りにくい体質なのか、それとも和食が功を奏しているのか。

人のことをあーだ、こーだ言ってないで

すっかりドイツ人体型に近づいてしまった熊子は、ダイエット頑張んないとな。

全然進まないんだよ。食べることくらいしか楽しみがなくてさ



だって、ってとカロリーたっぷり料理ばっかじゃん。
↓痩せるの本当難しいんだよポチ↓
      にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

夏なのに


昨日から夏時間になって、暦の上では夏の始まりだ。

が、寒い!

めちゃめちゃ寒い!

昨日は雨も降ってて風もあったから、夏どころか春にも思えない寒さだった。

さすがのドイツ人も手袋にマフラー姿だったよ。

今年は夏の到来が遅い分、短い夏になるのかなぁ。。。



で、その寒い中、ベルリンハーフマラソンの応援に行ってきた。

何でわざわざ雨の中…と思うけど、何故か惹かれる。

きたきた。遠くに何か見えるぞ

P1140510.jpg

↓見事な一列。

P1140503.jpg

空気抵抗を減らすために、前の人にピッタリくっついてるんだろうけど

一人転んだら、こりゃ大変だぞ



その後はランナーも。

先頭集団は、やっぱりアフリカ勢。

ドイツ人らしき人は見当たらず。。。

P1140526.jpg

ドイツ人で長距離走が速い人の名前を聞いたことがないんだけど

ベルリンはマラソン競技が盛んなんだよね。

競技人口だけは多いということかな!?

P1140534.jpg

道いっぱいに広がったランナーの列が、30分以上も続くの。

なかなか見応えあるよ。



そしたら、おじいちゃんが走ってきた。

P1140528.jpg

歩いてる?いや、おじいちゃんなりに走ってる!?という速度だったけど

高齢のランナーが多くいるのも、ベルリンの大会の特徴だと思う。

心臓が止まりやしないか、転んで骨折しやしないかと

見てる方がドキドキしちゃうんだけどね



で、たまにこういう人がいる↓

P1140533.jpg

まったくやーねー。

スタートして10分も経ってないというのに。

スタート前にちゃんとしときなさい!

でも、何人もいたの。目の前に熊子がいるというのに。

それほど寒かったということなのかしら。

でも、外でしちゃう人、ここではすごく多いよ。

トイレが有料だから、こうなるんだと思うけど

大人も子どもも、人通りのあるところで平気でしてる。

小学生ぐらいの女の子が木陰にも隠れず堂々としてたときには、かなり引いた。



おっと、話がずれた。

まぁ、とにかく寒いのに夏だということだ。

最後に大事なことを一つ。

今まで、皆さんには散々ご心配をおかけしましたが

本日、外人局の予約が取れました

結局、メールを送ってくることはなく

直接、外人局まで出向いてきた。

ビザが取れたんじゃないよ。予約が取れただけよ。

「何故、連絡してこないのか」って抗議したけど、無視されたわ

予約が取れただけで拍手ものなのが、どう考えてもおかしいと思うけど

あとは、予約した日に担当者が突然休みなーんてことが起きないように祈るだけ

みんな、応援してくれてありがとう


↓熊子ブログも応援してね↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

誰のための政治なのか


先日記事にした「高校無償化」。

この手の記事は人気がなさそうだけど、せっかくの機会だから続きを。

子ども手当同様、所得制限もなければ国籍制限はない。

またか。まただ。

この無償化、正確に言うとこうだ。

「国公立高校生のいる世帯に対し授業料相当額を助成して実質的に授業料無料

私立高校生のいる世帯に対しても同等額を助成」

何が引っかかるのかというと、「」の部分。

専修学校や各種学校も含めちゃうんだって。

つまりあれだ、中卒から入れる調理師学校や美容師学校、簿記学校、看護学校

フリースクール、インターナショナルスクール、朝鮮学校etc.も無償化の対象だというのだ。

「高校無償化」という話が、いつのまにかこんなに対象が広がっていた。

出た出た、鳩ぽっぽの友愛精神。



で、例のごとく、日本では「国籍制限なし」で問題になっている。

特に朝鮮学校。

朝鮮学校とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を支持し

北朝鮮から多額の支援を受ける在日朝鮮総連が設立した学校で

朝鮮語で民族教育を行っている。

端的に言えば、反日教育だ。

これにも税金を投入ですか???

北朝鮮に対し、拉致問題を国家で取り組んでたんじゃないの?

経済制裁してるんでしょ?

国民感情からしたら、到底理解できないことだと思うけど…。



この朝鮮学校に対しては、世界も注目をしていて

国連からは「朝鮮学校だけを除外することは差別」と懸念を示している。

当の朝鮮学校関係者も「差別だ」と声を挙げている。

外国人学校に莫大お金をあげるくらいなら

小中学校の耐震補強をした方が、よほど日本のためになると思うんだけど。

そもそも、インターナショナルスクールだって、日本の教育基本法に依らず

母国が助成金を出して、母国と同様の環境の中で教育を施してるんだから

日本がわざわざ助成する必要ないんじゃ?



そんなお金があるなら、海外にある日本人学校の授業料を免除した方が日本人の為になるよ。

ベルリンの日本人学校は、義務教育でも入学金、施設費、授業料を徴収してるよ。

授業料だけでも、毎月364ユーロ(約47000円)。

仮に熊子に子どもができて、日本人学校に通学させたいと思っても

こんな月謝はとても出せない。

よほど良い給料を貰っている駐在員じゃなきゃ、簡単には出せないよ。

海外に住んでる日本人っていったって、お金持ちの人ばかりじゃないのに

目の前に学校が在りながら、現実はお金持ちの人しか通えないなんて

これこそ、教育機会の不均衡なんじゃない?



でもわかってる。

外国人参政権とか子ども手当とか、これまでに出てきた法案を見れば一目瞭然。

民主党は、海外に住む日本人より、日本に住む外国人の方が大事だってこと。

外国人の票が買えるからね。

海外在住者の投票率がもっと上がれば、大事にしてもらえるのかな?



財源は限られているのだから

誰かにお金を配るには、誰かに負担を強いなければならない。

でも、民主党の政策って、得する人と損する人がすごく偏ってると思う。

得するのは、外国人と、子だくさん共働き家庭。

損するのは、高齢者世帯と子なし専業主婦家庭。

どれだけ考えても、民主党が日本という国をどうしたいのかわからない。

不安が大きくなる一方で、良い政策がなかなか見えてこない。。。


↓税金は日本人のために使ってほしいポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

ほーらやっぱり外人局


ほーら、やっぱり来ない。

ビザ更新のための日取りはMailで送るとかなんとか言って

追い返された第二回目突撃訪問。

待てど暮らせど、連絡なんか来やしない。



どうやら正攻法では相手にしてもらえないようだ。

どうする?

怒る?

それとも脅す?

お金で解決、弁護士に依頼する?

う~む

どれもとんでもないエネルギーが必要で、気が乗らない。

これを機にドイツを去るか?

これが一番、手っ取り早いような



何でこんな扱いを受けるのか、一人悶々と考えてみたんだけど

ベルリン州としては、外国人がこれ以上増えては困る。

だから、「ビザ切れ→不法滞在→強制送還」を狙ってる!?

考えすぎか?

ただの外人局職員の怠慢なんだろうか?



どちらにしろ、また窓口に行って何時間も並ばなきゃならない。

当然、その日にビザ更新してもらえるわけじゃないから

少なくともあと2回は行かなきゃならないってことだね。

建物もボロボロで、薄暗い雰囲気の中

みんなひどい対応をされているせいなのか、外国人たちは超イライラモード。

本当に、世界で一番嫌いな場所だ。

大大大大嫌いだ。


↓熊子に慰めのポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

子連れ外出


日が暮れる頃、熊坊と外を歩いていた。

駅前のターミナルで交通量が多く、ひっきりなしにバスやトラムが走ってくる。

なのに、信号も踏切もないので、瞬間的に判断をして道路を横断しなければならない。

何度も通っている場所だけど、慣れない場所でもある。

実際、バスやトラムと接触してしまう人が毎年いて、死亡事故が起きている場所。

速く歩けない高齢者や、判断が十分にできない子どもなどが犠牲になりやすい。

事故多発の場所であっても、環境が何も改善されないところが

ドイツらしいといえば、らしいような気もする。



さて、そんな危険なところで、道を横断しようとしていて

熊坊が一歩踏み出した。

危ないっ!

熊子は熊坊の服を思い切り引っ張った。

まさに渡ろうとした瞬間に、バスが突っ込んできたのだ。

いや、逆だ。

バスが来てるのに、熊坊が渡ろうとしたのだ。

熊子:「何やってんの!危ないじゃない!」

熊坊:「えー、大丈夫だよぉ」

熊子:「熊子が引っ張らなかったら、轢かれてたよ!」

熊坊:「行けると思ったんだけどなぁ」

熊子:「何でもっとよく確認しないの?

ぶつかったら、痛いじゃ済まないんだよ。死んじゃうんだよ」

熊坊:「はぁい

まったく、いい大人が呆れるよ!

危うく轢かれそうになったけど、なんとかバスゾーンをクリア。

次は行き交うトラムゾーンを横断しなければならない。

トラムはバスよりも速度が出てるから、更に危険。

危険、危険と言ってるけれど、熊子は自分のことはそんなに心配してない。

道路を横断するときは、慎重すぎるぐらい確認するから。

問題は、さっき轢かれそうになった男だ。

でも大丈夫だろう。さっき、言い聞かせたし。



さ、渡るよ。

「よく確認し…」と言いかけた瞬間!

プオ~ン!

トラムの汽笛が鳴り響いた。

危な~い!



この男、全く同じことをやりやがった。

トラムが走ってきてるのに、飛び出したのだ。

まさに接触寸前。

そう。トラムの汽笛は、飛び出した熊坊に向って発せられたもの。

熊子は怒りがメラメラメラと湧いてきた。

たった今、熊坊に「危ないから、よく確認して」と言ったばかり。



びっくりしてしまって、心臓がバクバクしてる。

気持ちを落ち着かせて、熊子は熊坊の元へ行った。

熊坊の第一声は何だったと思う?



熊坊:「今の電車、装飾がしてあったね。クリスマスのまだつけてるのかな?」

ぷちっ!

熊子の血管が、切れる音がした。

冷静になれ、大声を出すな、怒っちゃいけない、冷静に言うのだ熊子!

熊子:「さっき、熊子が熊坊に注意したこと覚えてる?」

熊坊:「あぁ、周りをよく見てってやつ?」

熊子:「今、何が起きたか、自分でわかってる?」

熊坊:「クリスマスの電車?」

熊子:「だから、何でちゃんと確認しないのよ!!

はい、熊子あっという間に限界値越えてしまいました

無理です。こんな状態で冷静でいられるのは。

熊坊:「確認したよ」

熊子:「確認なんかしてないよ!現にまた轢かれそうになったじゃない」

熊坊:「大丈夫だよ」

熊子:「大丈夫じゃないよ汽笛鳴らされたでしょ。接触寸前だったんだよ

熊坊:「えー、でもいつもこうだもん。

今までも大丈夫だったから、これからも大丈夫だもん」


なぬー!?お前はいつも、こんな危ないことしてるのか

信じられないアホさ加減。

本人は、轢かれそうになったことすら気付いていなかったのだ。

そして、今まで平気だったから、これからも大丈夫だと本気で思ってる。

ちょっと、自分の夫のあまりのバカさに情けなくなった。



すぐに言い聞かせましたよ。その場で。冷静に。

今まで事故が起きなかったのは、単に運が良かっただけのこと。

自分には家族がいる身であること。

事故が起きたら自分や家族もつらいし、相手の人生も狂わせるかもしれないこと。

道路を渡るときには、十分な確認をしなきゃならないこと。

そして、電車やバスが近づいてきたら、先に行かせて、安全を確かめてから横断すること。



え?そんなのは、子どもに教えることだって?!

しゃーないよ。おっさんだけど、こんなこともできないんだもの。

まるで子連れ外出だわ。

手を繋いでないと、飛び出していっちゃう小さな子どもと同じ。

あぁ、情けない。



こんなこと書くと「おたくのご主人、頭大丈夫?」と言われてしまいそうだけど

子どものときにしっかり習慣付けておかないと、こういうことになる。

いくら勉強ができても、こういう基礎的な習慣が身についてないのは

本当にダメだなぁ…と、我が夫を見ていて思ってしまった。

きっと、彼は同じことを続けるだろう。

一回や二回言って、すぐに出来るような男じゃない。

子どもを躾けるのと同じように、熊子は言い続けなければならないだろう。

命があるうちに、身に付くと良いのだが…。


↓熊坊の母・熊子に同情のポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

白身魚の香草焼き


ひゃ~、いい天気

鳥のさえずりが聞こえるようになってきて、春を感じさせる一日だった。

あっという間に夏が来るぞ



熊子ブログにいつも遊びに来てくれるリカさん

イタリアンハーブを使ってチキンを焼いていたのを見て以降

ハーブが効いた料理が食べたくて仕方なかったんだけど

やっと、昨日になってありつけた

リカさんが使っていたのは、エストラゴン(西洋よもぎ)とかカラミントとか

あまり聞き慣れない香草が入っていたんだけど

そんなたいそうなものは熊家にはないので、ありあわせの香草を掻き集めてみた。


P1140437.jpg


バジル(上段左)、タイム(中)、パセリ(右)

マジョラム(中段左)、セージ(中)、オレガノ(右)

赤胡椒(下段左)、黒胡椒(中)、大蒜、ローズマリー(右)

生のハーブでうまく焼けるか?と疑問ではあるけど、香りは抜群



全ての材料をみじん切りにして、今日は白身魚のソテーで。

塩とバターも忘れずに。


P1140440.jpg


青海苔に化けた!?

鮮やかだった緑色が濃くなっちゃったけど、スーっとした香草の香りが最高

これはお米じゃなくて、パンの方が合うかな。

魚じゃなくて、チキンでもイケそう

熊坊も気に入ってくれたみたいで良かった。


↓ポチと押してくれると、記事を書く励みになります↓
      にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

日帰り世界一周旅行


ちょっと前の話だけど、国際旅行見本市に行ってきた。

世界最大の旅行見本市で、世界180ヶ国から

観光局、旅行代理店、鉄道・航空会社等が集結。

ステージパフォーマンスも多彩で、運が良ければお土産ももらえちゃうという

とーっても楽しいイベントだ。

何が楽しいって、日帰りでありながら、世界一周できるということ

でも、18万人も来場するとあって、会場は混みこみ。



もちろん、日本も出展してる。

↓地味~に折り紙教室やってたり

P1140318.jpg

↓日本酒を前に、太鼓を叩いたり。

P1140316.jpg

太鼓のお姉さんが来てる服って日本の服??

中国っぽく見えるのは気のせい?

これ見た人は、日本人がこういう服を着てるって思い込むよ、きっと。

法被の方が良いような。

でも、太鼓の音が会場内に響いてて目立ってたと思う。

熊子には懐かしくて心地よい音だった。



↓あとは、中部地方のブースでやってた、認知度アンケート。

P1140319.jpg

赤いシールが「来訪したことがある」、黄色いシールが「知ってる」で

ボードにシールをポチっと貼ると、お土産がもらえる。

眺めてたら、熊子も係の人に英語で話しかけられてシールを渡された。

日本人に見えなかったか?

これ結構、おもしろくて、熊子も知らない場所があったよ。

トヨタ会館ミュージアムとか久能算東照宮とか。

逆に立山黒部アルペンルートの雪壁とか、飛騨高山、兼六園、東尋坊etc.を

知ってる人がいることに驚いた。



お隣の韓国では、これは花造り教室?伝統的なものかな。

P1140323.jpg

女の子たちが囲んでた。

きっとこういう体験ものは楽しいよね。

↓あとは、マイスター?による書道とか。

P1140322.jpg

残念ながら、何を書いてるのか意味不明だった。



台湾も書道やってたけど、こちらは大行列。

P1140320.jpg

名前を漢字で書いてくれるサービスらしい。

これは大人気になるのは納得。

外国人の名前を日本語の漢字で書けといわれると無理があるけど

ぜーんぶ漢字で表記する言語だと簡単にできるんだろうか?

ってことで、ここでクイズ。

どこの国かわかるかな?日本語表記だよ。

①土耳古

②肯尼亜

③希臘

④捷克

⑤波蘭

こりゃ、難しすぎるぞ。

全部答えられたらすごいね

答えは追記(more)を開いてね。



記事にしたのはアジアの一部だけだけど、それぞれの国が工夫してておもしろかった。

でも、世界一周するには一日じゃ足りなかったわ

more...

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

高校無償化


子ども手当に続いて、民主党は「高校無償化」に躍起。

文字通りのマニフェストなのだが、子ども手当同様

不安の声があちこちから上がっている。



国公立高校の場合は、授業料免除。

私立高校の場合は、年間12万円(低所得者は24万円)を支給。



一見、高校生がいる家庭は、誰もが恩恵を受けられるように見えるが

実質、この法案が開始されると負担増になる家庭がある。

もちろん、民主党は例のごとく表立って言わないけど。



というのは、現在

16~23歳未満の子どもを持つ家庭では、「特定扶養控除」が適用されているのだが

高校無償化が開始されると、16~18歳の子がいる家庭の特定扶養控除は縮小される。

結果、高校生家庭は増税。

年収400万円の3人家庭の場合、特定扶養控除縮小による実際の増税額は

所得税年間12500円、住民税年間18500円、計31000円増税。

大きな額なんじゃないかな。

一般的には、特定扶養控除縮小による増税よりも高校無償化の金額が大きいため

差し引きで考えると恩恵を受ける方が大きい。



しかし、経済困難家庭の場合、既に自治体で授業料無償化されている家庭がある。

高校は義務教育ではないので、救済措置が各自治体に委ねられている。

そのため、地域によって差が出るのだが

京都府の場合は、独自の制度として、低所得家庭は公立高校授業料無料にしている。

(両親+子ども3人家庭の場合、所得413万円以下で無料になる)

そもそも、自治体独自の授業料免除を受けている家庭にとっては

高校無償化の恩恵は受けず、特別扶養控除の増税だけがのしかかる。

京都府では、高校生に7人に1人が該当。

全国的にみると、公立高校の生徒数の10%にあたる23万人が該当する。



元々、授業料無償化の話が出たときに、天下り等の他の無駄をなくして

財源を確保するはずだったのに、それができなかったから

結局、高校生からお金を出してもらうことになったということだ。

これは民主党に限ったことじゃないけど、選挙のときには散々おいしいこと言って

都合の悪いことは公表しないっていうのアンフェアだよね。

高校が無料になったら親はすごく助かると思うよ。

でも、国の借金がまもなく1000兆円(赤ちゃんも含めた国民一人当たり700万円)

に達するときに、恒久的に提供できるサービスなんだろうか?

2009年の税収が32兆9000億で、新規国債が53兆5000億円という状況で

高校無償化に毎年4500億円が必要とされる(子ども手当は5兆3000億円)。

国債発行が税収を大幅に上回っているという異常状態で

これが最優先項目で良いのだろうか?

経済対策、失業対策、医療、年金、福祉、防衛etc.

他にも目を配らなきゃならないことは山ほどあるはず。

お金のないときこそ、適正な配分が大切だと思うんだけど…。


↓日本の将来が心配だ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

ビザGETのために 突撃2回目


外人局の予約が一向に取れず、仕方ないから突撃訪問した熊子たち。

5時間も並んで、あとちょっと!というところで

窓口を閉められて追い返されてしまったのだった。。。

あのときの悲しい気持ちといったら…



相変わらず予約が取れないままだったので

超嫌々、第二回目アポなし訪問決行。

閉館時間1時間前に強引に窓口を閉められた前回の経緯から

今回は、朝一で出かけることにした。

眠~い目をこすって



で、あまりにもひどい状況なので、熊坊の職場に相談をして

職場から公式な文書を出してもらった。

ビザ更新が本人だけでなく、会社にとっても大事なもので

更新の受付さえされないという状況は、由々しき問題であるということを

サラッと書いてもらって。

職場のドイツ人に一緒に来てもらえたらそれが一番だけど

それはできないから、形に残る文書として。

で、その手紙を武器に、再び乗り込んだわけ。



前回よりはすいてたけど、それでも結構待ったなぁ。

やーっと辿り着いた受付。

これでやっと、更新ができる。

じゃなかった。

更新するための担当者に会わせてもらえる。

熊坊:「いつですか?いつ更新できますか?」

職員:「それはわかりません」

熊坊:「はぁ???もうじき期限が切れるんです。

担当者に会う日取りを教えてください」

職員:「さぁ、それは今は言えませんねぇ」

熊坊:「言えないって、ここは日取りを決めるための窓口でしょ!

そのために、みんな長い時間かけて並んでるんでしょう」

職員:「はぁ~(大きなため息)。わかりました。じゃあ、日取りはE-mailで送りますよ」



完全意味不明。

頭狂ってるとしか思えない。

だいたい、これまでアポをとるためのMailだって何度も送ってたのにもかかわらず

ずーっと無視してたくせに、どう考えても連絡なんかしてくるわけがない。

これまでの経緯を見れば、絶対にぜーったいに連絡なんかして来ないのが目に見える。

だから、なんとしてでも、今、アポをとらなきゃ

また降り出しに戻ってしまう

どうしよう、どうしよう、焦る、焦る



熊坊:「今まで散々、連絡とろうとしたけど、あなた方は対応しなかったじゃないですか。

だから、Mailすると言われても、もう待てません。

期限が切れてしまっては、困るんです。

ほら、ここに職場からの正式な書類が!」

キラキラキラ~

職員:「ふむふむ。コピーをとります」

ちょっと期待する我ら二人

職員:「じゃ、Mailしますから。ハイ、次」

ガーン



こうして、第二回訪問も撃沈したのだった。

マジ、やばい。


↓熊子にエネルギーポチをちょうだい↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

束縛婚


彼女の尻に敷かれて、門限6時を健気に守っていたカン君。

ちょっとかわいそうになってしまうほどの束縛で

大丈夫なのか?と心配になってしまったんだけど

この度、めでたく!?

ゴールイン

カン君、おめでとう~

束縛されてても、彼女のことが好きだったのね。

束縛は愛の証!?



お相手は同郷の韓国人で、ベルリンで知り合った学生さん。

学生といっても、若い子ではないらしいのだが。

改めて結婚式はしないまでも、お披露目会ぐらいするのかなと思ってたら

カン君、会社の人には内緒らしい。

事務手続きのために事務方に報告しただけで

熊坊にはコソコソ話で教えてくれたんだとか。

あれま。

隠すようなことでもないのに、恥ずかしいのかしら?



承知の通り、熊坊の会社は家族も「いらっしゃ~い!」状態。

というか、お菓子を作ってこい、遠足行くぞetc.自動的に巻き込まれる。

いつだったか、お菓子を持って行ったら、そのまま会議に入っちゃって

ちんぷんかんぷんのまま紛れてたなんてこともあったな。

熊子は大変だなと思いつつも、疎外されるよりよっぽどマシだと思っているので

職場の人が歓迎してくれることに感謝してるんだけど。。。

結婚したことが内緒ってことは、当然、お付き合いもないってことだよね。

彼女の方が、そういうのが嫌なのかな??

韓国のお菓子とか、ちょっと楽しみにしてたから残念。

と言っても、熊子は熊坊から感想を聞くだけなんだけどさ



でも、数ヶ月に一回の懇談会ぐらいは、行かせてもらうように

奥さんにお願いした方が良いよ、カン君。

会社の人と過ごす時間より、新妻と二人きりの時間を過ごしたいっていうのなら

話は別だけど

さてさて、新婚ホヤホヤのカン君

束縛が益々すごくなっていくのか、それとも解放されるのか…。

ガンバレヨ


↓カン君、健闘を祈るポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

カン君の恋


熊坊の同僚のカン君の話。

カン君は韓国出身で、歳も一つ違いということから

熊子共々、仲良くしてもらっている。

カン君が渡独したばかりの頃から知っているのだが

カン君はドイツ料理が好きになれず、日に日に痩せていき

見ていて気の毒になるほど、ガリガリになってしまった。

はじめは、ソーセージを我慢して食べていたらしいのだが

限界はすぐに来て、自炊するようになった。

とはいえ、カン君は料理が出来ないようで、毎日、白米+キムチ定食。

定食っていっても、おかずはキムチだけ。

これじゃあ、ガリガリになってしまって当然だ。

熊子はたまにお菓子を差し入れする一方、料理上手な彼女でもできたら

カン君も暮らしやすくなるだろうに…と思ってたんだけど。



それから二年経った頃、熊坊が「最近、カン君の行動が変だ」なんて言い出した。

毎日17時になるとダッシュで帰宅してしまって

終業後、おしゃべりする時間もなくなってしまったとか。

職場の懇談会にも急に参加しなくなってしまったと。

熊坊。お前さんは鈍感だなぁ。

「それは、彼女が出来たんだよ。絶対、そう。

気になるなら、本人にそれとなく聞いてみたら?」

なんて熊坊に言ってみたんだけど、熊坊はどうも信じない。

男の行動が急に変わるなんて、他に何の理由があるのさ



で、久しぶりにカン君とおしゃべりしたときに、熊坊がさりげなく聞こうとしたら

何と自分から告白してきたのだそうだ。

カン君:「実は…彼女が出来たんだけど…」

熊坊:「そうだったんだ。最近、帰りが早いから、どうしたのかなって思ってたんだよ」

カン君:「それが…6時までに帰らないと、彼女が怒るんだよ」

熊坊:「もしかして、懇談会に来なくなったのも、それが原因?!」

カン君:「うん。。。行っても良いか確認したんだけど、ダメだって」

あちゃ~~。

カン君、彼女が出来たのは良いけど、完全に尻に敷かれてますがな

カン君はいかにも優しそうで、決して「オレについてこい!」タイプではないんだけど

6時門限とは、それにしても厳しいなぁ。

ってか、社会人の男が6時門限って初耳



熊子はこの話を聞いて、彼女ができたのは喜ばしいことだけど

ここまで束縛されて、つらくないのかな?と。

韓国の男女関係って、こんな感じなの??

別の意味で心配になってしまったのだった。


↓カン君、頑張るのだ。耐えるのだポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

子ども手当の裏側


頭の中はビザ更新のことでいっぱいなのだが、悶々としていても仕方ないので

というか、今日は平日なのに外人局休みでどうにもならないので

久々に日本のことを書こうと思う。

テニス大好きてにままさんが、子ども手当について興味深い記事を書かれていたので

熊子も少し勉強してみた。

てにままさんが指摘されていたのは、給付対象者についてなのだが

意外に知らない人が多いのでは?と思った。



子ども手当に所得制限はない。

年収数千万、数億円を稼ぐ超大金持ちにも

子ども一人当たり月額26000円(初年度は半額)支給される。

そして、ここからが言いたいこと。

国籍制限もないのをご存じだろうか?

つまり、日本人でない人にも子ども手当が支給されるということだ。

日本人じゃなくても、日本にいれば受け取る権利があって当然?

細かく言うと、出稼ぎ労働者にも給付対象になっていて

日本に妻や子どもが居住していなくても、手当を受け取ることができる。

更に、実子に限定されず、養子や婚外子にも適応され、その人数に制限はない。



つまりだ。

母国に子どもを残してきた外国人の養育費を、日本の税金で面倒を見るということだ。

国によっては、子どもが10人、20人いることも珍しくない。

一夫多妻制の国では、子どもが50人いることだってあり得る。

そして、養子でも婚外婚でも構わないというのであれば…

もう言わなくてもイメージできるよね。

父親一人が日本に住むだけで、一家の生活費としては十分な資金となり

国によっては豪邸が建てられるかもしれない。

だって、仮に子どもが10人いたら、月に26万円、一年に312万円もらえるのだから

大半の国での年収、ある国では生涯賃金に匹敵する。



子がいるかの確認は市区町村レベルで行われるようだが

実際には正確に確認をとることは難しいだろう。

日本に行けば金がもらえるとわかれば、世界中から貧困者がやってきて

そして、爆発的に子どもが増えることになる。

「金になるから、自分の子どもとしちゃえ」みたいな詐欺行為をしたって

書類以外に確認する手段がないのだから、いくらだって偽装できる。



そして、もう一点、意外に知られていないのが

国籍制限はないのに、父親が海外に単身赴任中の場合は

日本人でも受給資格がないということ。

受刑者にだって支給されるのに(定額給付金も支給されたらしいね)

父親が日本に居住していなければ、子どもが日本に居住していても受給する権利がないのだ。

なんということだ。。。



皆さんは、これをどう思うだろうか?

熊子はアンチ民主党でもないし、保守派でもなんでもない。

でも、この件に関しては、愚案だと思っている。

「少子化対策のために子ども手当を支給する」

ここまでは良いとしよう。

財源をどうするとか、そういう話はちょっと置いといて。

でもだ、何故、日本の税金で外国人の子育て支援をしなければならないのだ?

外国人に支給するとしても、正規に滞在許可を得て、税金を払っている上で

子どもが日本に居住していることが確実に確認されたときに限って支給

というのが、最低ラインじゃないのか?

子どもが母国にいるのに(本当にいるのかも確認とれないのに)、子ども手当を支給する

そんなお人好しな国が、世界のどこにある??

少子化対策と銘打っても、これじゃあ、実質、海外支援じゃないか。



これが鳩山総理の言う「友愛精神」というやつか。

民主党は、外国人参政権、外国人が公務員になる権利等を導入しようと躍起になっている。

日本国籍の持たない外国人にも選挙権を与え

国家の行く末を動かす機会を与えようとしている。

日本の未来を外国人に託すようなもの。

参政権が認められれば、中国や韓国、その他、貧国から多くの人が流入すると予測され

彼らの出身国に便宜を図ってくれる議員に投票することになる。

それは、日本の国益に反する場合だってあるわけだ。

多くの外国人が流入してくれば、「数は力なり」になって要求もどんどん大きくなってくる。

超絶に治安が悪化することも想像に難くない。

熊子自身も今は外国人の身だが、参政権が欲しいのなら帰化すれば良い話だと思っている。

「日本人にはなりたくないから帰化しないけど、参政権だけはよこせ」

それが、彼らの言い分だ。

そして、これを推し進めているのが民主党。



子ども手当といい、外国人参政権といい、一体、民主党はどこを向いているのだろう?

少なくとも、熊子には日本人のための政治をしているようには見えない。

大不況で苦しんでいる国民が大勢いるというのに

出てくる法案は、外国人が喜ぶようなものばかり。

経済対策も失業対策も何も出てこないじゃないか。

年間5兆3000億円に上る子ども手当を支給することで

日本の借金が増えることは確実なのに、それでも外国人に良い顔がしたいか?

冗談じゃない。

日本の税金は、本当に必要としている日本人のために使ってくれ。



OECD(経済協力開発機構)は、日本の子ども手当について見直しをするよう

異例のコメントを発表。

一国の施策について注文をつけるなど、異例中の異例だ。

少子化対策には繋がらないと見解を示し、保育所等の充実を図る方が重要だと忠告。

日本とは関係ない国が心配してしまうほどの施策ということだ。



民主党は、こういう裏側の話は表沙汰にしようとしないから

多くの人に知ってもらうためには、自分たちで周知するしかない。

ここまで知った上で、日本の有権者が、「それでも子ども手当は支給すべき」

「日本に子どもがいない外国人でも支給してあげるべき」

「日本人でも父親が日本にいなければ支給しないべき」

という選択をするのなら、それはそれで仕方ないと思う。

熊子の意見はあくまでも一個人の意見だから。

でも、現在外国人として生活する熊子から見ても

この支給対象、どう考えてもおかしいと思うのだが。。。


↓おかしいと思ったらポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

外人局玉砕


外人局から無視し続けられて、結局、事前に予約が取れなかったので

仕方ないから直接行ってきた。

第一関門、一番目の受付までに3時間並んだ。

そして第二関門、二番目の受付で整理券をもらうために並ぶ。

2時間並んだ。

もうちょっと。あとちょっと。







ガラガラガラガラ!

ガ~ン!

な、な、な、なんと、窓口を閉められてしまった。

多くの人が並んでるのに、予告なく閉めやがった。

しかも、終了時間まで1時間近くあるというのに。

14時まで開館とされていながら、13時で強制的に閉めてしまったのだ。

これまで並んだ時間は一体、何だったんだ。。。

最低。

本当に最低



せめてさ、並んだ人だけは対応しようよ。

できないのなら、もっと早くに規制するとかあるでしょ。

もうさ、やり方がとことん最悪なんだよね。

職員のやる気のなさもそうだし、システム自体がめちゃくちゃ。

外国人相手だからって、ナメきってんだかなんだかわからないけど

嫌がらせか?としか思えないくらいお粗末。

ここまでひどい役所も、そうないんじゃないかと思うくらいひどい。

はぁ。。。

そうだよ、また行かなきゃならない。

もう嫌だ。

ビザなんかいらない祖国へ帰りたい~!


↓熊子に同情のポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

あなたの番です リカさん・pekoさん・てにままさん


最近、FC2バトンっていうのが流行ってるらしくて??

くろろさんから熊子のとこに回ってきちゃったよ。

自己紹介するんだって。

こういうの、すごーい昔に流行ったような。。。

ポケベルが世に登場した頃だったっけな?

「同じ文を5人に送信しないと、お前は死ぬ」みたいな

なんだか懐かしいな



じゃあ、始めますか。

まず、ルール。

1) 必ずバトンを回す3人の大切なダイスキな方々を題名に書いて驚かせる。

2) まわってきた質問は、素直に等身大の自分で答える。

3) やらない子は、お仕置き!!

4) ルールは必ず掲載する。


だって。

誰がどうやってお仕置きするんだ?

FC2ランキングの順位を落とされるとか!?

そりゃ大変だ。早速、やっぺ。



01.お名前は?
伯林 熊子
一応、名字も持ってたんだ。

02.おいくつですか?
ドイツで年齢を聞くのはタブーですよ

03.ご職業は?
今は主婦ときどき生徒だけど
日本にいるときは「せんせ~い」と呼ばれていた

04.今悩みはありますか?
たくさんあるよ。悩みだらけ

05.あなたの性格を一言でいうと?
怖がり屋さん。意外?

06.誰かに似てるって言われたことある?

丸い顔と、ぷっくりほっぺが、自分でもそっくりだと思う。
あ、でも頭の中は餡子じゃなくて、味噌だよ。

07.社交的?人見知りしちゃう?
どうかなぁ。最近は「熊坊の妻」としての出番がメインだから
無理して頑張ってるかも。

08.人の話にはしっかり耳を傾ける?
キレてたら無理。

09.ギャンブルは好き?嫌い?
宝くじの最高当選額は300円。チッ

10.好きな食べ物、嫌いな食べ物
好きなのは、夕張メロン 日本のおいしい梨 佐藤錦
どれもドイツにはないのよぉ

嫌いなのは、ザウアークラウト(キャベツを発酵させたもの)
鰊の酢漬けに生クリーム+ヨーグルトソースをかけるドイツの定番魚料理写真

11.好きな飲み物は?
麦茶

12.嫌いな飲み物は?
牛乳

13.恋人はいる?
今?今いたら問題になるよね

14.彼氏、彼女にするならこんな人が理想(5つ)
酒に溺れていない
女に溺れていない
金銭感覚がまとも
きれい好き
勤勉
家事を手伝ってくれる
思いやりがある
健康
おっと、5つじゃ納まんないぜ!

15.彼氏、彼女と喧嘩したときに自分から謝れますか?
逆ギレしながら謝る

16.親友と呼べる友達は何人いますか?
心から信頼している親友は5人くらいかなぁ。

17.バトンを回してきた人 正直この人のことは〇〇である。
超節約・典型的?ドイツ人亭主をもつくろろさん。
あまりのご主人の節約ぶりに、たまに気の毒になってしまうことも。
14番目の質問の答えの一番目に「ケチじゃない」と書かれていたのがウケた。
くろろさん、ごめんなさ~い。

18.今までの自分の経歴で、面白いことや自慢できることはある?
思っていたよりも長くブログを続けてこれて
多くの人に読んでもらえるようになったこと。

19.これのためなら1食抜ける?
抜けないよ!
唯一、昼寝なら抜けるかも。

20.趣味、特技(いくつでも)
音楽鑑賞、ピアノ、陶芸、籐細工などなどインドア派

21.今、行きたい場所は?
家族みんなで温泉でのんびり

22.もし自由に使える10万円があったら何に使う?
半分は貯金して、半分は両親にプレゼントする

23.将来の夢を語ってください
社会貢献できる仕事を自分のペースでやりたい。
日本にいたときは、ちょっと働きすぎて疲れた。
で、結露の出ない庭付き一戸建てに住んで、楽しく健康に暮らしたい。

24.そのために何かしてることはある?
只今冬眠中。

25.バトンを回す人の紹介を盛大にお願いします(印象付き)
今回は、他国からアクセスしてくれているお友達を選ばせていただきました。

アメリカより「ぺころぐ」のpekoさん
家事と仕事を両立させているpekoさん。
食嗜好が異なるパートナーのために、わざわざ別の食事を作る愛の深さ。
そして、健康の為にスポーツジムにも通っていて、そのエネルギーには驚かされる。
高校生になる息子さんとはいつも仲良しの、チャーミングなママさん。

日本より「淡々てにまま日記」のてにままさん
The 主婦!
3人4人のお子さんの子育てを終えられ(まだ継続中?)
家事の傍らテニスに励む東海地方のお母さん。
テニスの話題の他、検定や占いの記事が豊富で
おもしろい占いが、どこからか発掘されてくる。
北海道出身のてにままさんは、寒さに愚痴る熊子に付き合ってくれる

チェコより「リカ&バジ、ときどき夫くんの手探りCzechライフ」のリカさん
旦那様とビーグル犬と3人で仲良く暮らしているリカさん。
熊子と同じく冷え性で、「寒いね」が合言葉
リカさんはパンを焼くのがとっても上手で
手作りパンの写真を見るたびに涎が出てきてしまうほど
旦那様のために毎日頑張る姿と、関西人らしいノリの良さが印象的。



終わった。やっと終わった。

これ1時間どころじゃないよ。

考えながら書いてたら、2時間もかかっちゃった

さて、ご指名された3人の皆さん、バトンを回すのは強制ではないとのことですが

お仕置きがあるそうなので、ぜひぜひ、バトンを回してくださいな



熊子の秘密を読んでしまったそこのあなた!

タダでは帰れませんよ。

↓ポチっと押していきな~~ 

 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

キタキタ ベルリン外人局


悪評高き、ベルリン外人局。

比較的、簡単にビザが取得できると言われている日本人でさえ

多くの人が泣かされてる場所。

前回の記事でも書いた通り、二回目の申請のときは

事前にアポが取れてだいぶ楽だったので、今回もその手でいくことにした。



2月上旬に外人局に電話してみる。

出ない。

何度かけても出ない。

この電話、噂によると、担当者が電話に出たくないときは

ずっと留守電にしてしまうのだとか。

噂というか、電話係の超本人がそう言っていたらしいのだが。

電話係が電話に出たくないから居留守って、何でそれがまかり通るの!?



何百回とかけたけど、結局繋がらなかった。

次はメール

何度か送るも無視されたまま。

最後の手はFAX

が、これも無視された。



一ヶ月半の間、連絡を取ろうと出来る限りのことを試みたが

見事にしかとされた。

こんな状態なのなら、はじめから「事前に予約が取れる」など宣伝しないでほしい。

こうなると、残ってる手段は、直接出向くしかない。

思い起こされるな、7時間待った挙句に追い返されたときのこと。



ここからがびっくり。

ベルリン外人局、なんと週に3日しか開いていない。

早い日には14時に閉館という、なんともお偉い役所。

ここまで来ると、よほど外国人に来てほしくないのだなと勘繰ってしまう。

多くの移民問題を抱え、トラブルもあちこちで起きてるから

外国人が歓迎されていないのは確かなんだろうが

仕事は仕事としてきちんとやってほしいと思う。



あぁ、予約が取れないまま、ビザが切れる日が迫っている。

直接出向いても、「また来て」「あなたのが出来るのは数カ月後」なんて対応をされたら

不法滞在になっちまう。

こんな思いをしてまでベルリンで暮らしたいか?

そう聞かれたら、熊子はNOである。


↓頑張れ熊子!応援ポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

気分を春色に


[高画質で再生]

雪の中のドイツ新幹線


あと2週間で4月になるというのに、未だ雪の降るベルリン。

左に停車中なのがS-bahn(都市近郊電車)、右に通過したのがICE(ドイツ新幹線)。

もう半年も冬のような気がするけど

本当にいつになったら春が来るんだろうねぇ。

花粉症だけは始まってて、まったくどうなってんだか



で、家の中だけでも春色にってことで

サラダをカラフルにしてみたりしたんだけど

P1140350.jpg

物足りないので、というか、食べちゃったらお終いなので

思い切ってお花を生けちゃった。

ビタミンカラーたっぷりで、元気いっぱい

南国風のイメージ!?

碧い海、白い砂浜、サンサンに輝く太陽…

あ、もちろん忘れてないよ、美味しいシーフード

うぅぅ、熊子が今、一番行きたいところだ。

このお花、直径30cm以上もある大きさもあって、存在感たっぷりぷりぷり。

P1140356.jpg

だいぶ家の中が明るくなったかな。



さてさて、長すぎる冬に嫌気がさしているのは熊子だけではないようで。

前にも記事にしたけど、今年の厳冬のせいで

ベルリンの道路は、陥没穴だらけになってしまった。

積っていた雪も少しずつ融け、道路の被害状況が見えてきたのだが

修繕+清掃にかかる費用が、市内だけで、なんと5000万ユーロ!!

ざっと見積もって62億円!!

ベルリンの財政は、益々火の車である。

こりゃ大変だぁ~。


↓ポチっと押すと元気になります↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

励まされました


ホームシック中の熊子。

前記事では、皆さんからの励ましや温かいお言葉

本当にどうもありがとうございました

寂しい思いをしているのは熊子だけじゃない

多かれ少なかれ、多くの人が同じような悩みを抱えているんだ

ということがよくわかったかな。

特に、家族の仕事の都合等で、自分の意志とは関係なく海外に住むことになった人は

戸惑いや不安も大きくなるのかもしれない。



熊子にも、日本語でおしゃべりできる気の合うお友達が出来たら良いけど

まぁ、すぐには無理な話なので、今の生活を楽しむしかないね。

急にホームシックになったのは、多分、夫婦揃って調子を崩しちゃったじゃら

家の中がどよ~んとしちゃって、凹んじゃっただけだと思う。

春が来て、すぐにやってくるであろう夏になれば、気分もまた変わってくるから

へ~き、へ~き。なんくるないさ~

それに、熊子にはブログ仲間がいるじゃない

気分が凹んだときに励ましてくれて、熊子の拙い記事にも

丁寧にコメントしてくれるお友達がいる。

それだけでもありがたいことだね

これからもどうぞよろしく


↓これからも応援よろしく!ポチっと押してね↓
  にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

more...

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

きたか、ホームシック!?


今日も雪のベルリン。

最近、なんだかちょっと憂鬱。

何をするにも億劫で、元気が湧いてこない。

体調の方はだいぶ良くなってきたんだけど、心の方がしぼんでる感じ



もう半年にもなる長~い冬のせい?

毎日、どんより天気だから?

よくわからん。

一つわかってるのは、「寂しい」ってことだけ。

最近、やけに寂しいのだ。

家族に会いたいなとか、友達に会いたいなとか、日本語でおしゃべりしたいなとか

家族みんなでワイワイ言いながら、おいしい和食が食べたいなとか…∞

こういうのなんていうの。

ホームシックっていうの。



熊坊が仕事に行ってる間は一人ぼっちでしょ。

これがまた寂しいんだわ。

働きに出ようかと思ったこともあったんだけど

ビザの関係で就労出来ないから、家にいるしかない。

はぁ。。。熊子は、なんて狭い世界で生きているんだろう。



お稽古事には行ってるよ。

でもさ、日本語じゃないからさ、頭フル回転で結構疲れるんだわ。

レッスンの休講も事前連絡なし!校舎に行ってから知る…

みたいなドイツ流にもストレス溜まるし。

楽しいけど、疲れるみたいな。

で、こういう気分のときには重荷になる



こういうマイナスオーラたっぷりの波が、たま~にやって来るんだよね。

平気なときは全然平気、ドイツなんてヘッチャラワッショイなのに

たまに「寂しい病」になって、むしょうに日本に帰りたくなる。

こういうときは、帰国するのが一番。

でも、すぐに帰れないから、寂しいのさ

あぁ、ホームシックだ、ホームシック。

普段、あーでもない、こーでもない、と言っている熊子でも、たまには凹むんだ。

でも、大丈夫。すぐ治るから



今、一番欲しいのは、日本語で楽しくおしゃべりできるお友達かな。

ベルリンにも日本人がたくさん来てくれたら良いのにな。。。

日系企業おいでおいで

一応、ここドイツの首都だから。

(なのに日本企業が進出しないのが不思議だ)

愚痴ってごめんね~。


↓元気出るから、ポチポチっと押すべ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

世界で一番嫌いな場所


「世界で一番嫌いな場所は?」と尋ねられて、即答できる人は

そう多くないんじゃないかと思う。

でも、熊子はすぐに答えられる。

ここだ。


IMG_1981.jpg

悪魔のベルリン外人局


ビザとか、外国人の管理をする役所。

ここの役所、とにかく評判がすこぶる悪い。

熊子も熊坊も超~嫌な思いをしている。

かれこれ数年前、他州からベルリンに越してきて

初めてベルリンでビザ申請をしに行ったときのこと。



それは真冬の寒い朝だった。

外人局に到着したのは朝の8時頃。

すでに長蛇の列。

3時間立ちっ放しで並んで、やっと受付。

が…日本人にビザを付与する窓口じゃなかった

だって、だって、だって、みんな並んでたんだもーん

ってか、案内があまりにも不親切。

外人局だっていうのに、案内も職員もドイツ語オンリーだしね。

嫌がらせか?と思うくらい不親切だよ。



まぁ、そんなんでだいぶ時間をロスしたんだけど、指示された通り次の窓口へ移動。

ここでも、出身国別申請窓口で順番待ちをしなければならない。

周囲は何故か黒人ばかり。

日本はアフリカ諸国と同じ窓口なのだ。

ここで日本人はかなり目立つ

そんなことを思いながら待つ。ひたすら待つ。

このときは2時間待った。

が、これもここで安心しちゃいけない。

申請窓口で整理券をもらって、更に担当者を待たなければならないシステム



更に2時間待って、やっと担当者に会えた。

ここまでで7時間。

はぁ、これでやっとビザの申請が出来る!と思ったら…

担当のババア、何て言ったと思う?

「あたし、今日はもう疲れたわ。
時間切れよ。また来て」


はぁ???

はぃ???

まだ就業時間中ですよ。

疲れてんのこっちなんですけど

「わかりました。そうですか。ではまた来ますね」なんて言う程

熊子は人が良くないので、その場でやってくれるように頼んだが

ドイツにお住まいの方ならもうわかりますよね。

こういう理解不能なことがまかり通るのが、ドイツの役所だ。

職員がこんな怠慢だから、仕事が進まなくて混雑するのだ。



結局、一日を無駄にした熊子たち。

職場で愚痴をこぼしたら、同じような目に逢った人がいた。

韓国人の男の子で、散々待たされた挙句に申請させてもらえなかったから

二度目はなんと朝の6時から待ってたという。

なんてこった。

仕方ないから真似したさ。



こうしてベルリンでのビザ初申請は、超頭にきて終わったわけ。

で、学習した熊子。

同じ思いをしたくなかったから、二度目の申請はドイツ人に手伝ってもらった。

一度目の申請のときにはなかったのか、熊子たちが知らなかったのかわからないが

メールでアポが取れるシステムが構築されていて、受付をすっとばせることになった。

良かった、良かった。



で、今月は三度目の申請。

どうなることやら。。。


↓頑張れ熊子!応援ポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

盗撮映画が受賞


和歌山県太地町のイルカ漁を批判した米映画「ザ・コーヴ(入り江)」が

第82回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞した。

一言で言えば、イルカ漁を行う日本に対してのバッシング映画といったところか。

日本人にとっては、このような映画がノミネートされること事体が危惧されるべきことだが

なんでも、この映画は盗撮映画だというじゃないか。

ふぅん。盗撮映画でも良いんだ、アカデミー賞って。

 

熊子はこの映画を観たわけではなく、ちらっとフィルムの一部を観た程度だが

聞いたところによると。はじめから

「イルカ漁は悪。イルカを食べる日本人は悪」というコンセプトで撮影されてるから

ドキュメンタリーとはいえ、視点がかなり偏っているらしい。

和歌山県太地町の人々も「事実とは違う」「誤解に基づいて制作された」

と声明を出しているようだが、そんな声は、きっと世界の人には届かないだろう。



イルカとは別のところでも最近、反捕鯨団体グリーンピースの活動が

どんどん過激化してきて、日本の捕鯨調査船が攻撃されているニュースが続いている。

イルカやクジラを観光資源にしているオーストラリアの日本バッシングもひどいもので

オーストラリアブルーム市は、和歌山県太地町との姉妹都市提携を

一方的に解消してしまった。

まぁ、なんという感情的な人たち。



こういったニュースを見聞する度に熊子は二つのことを思う。

一つめは、クジラやイルカを食べるとかわいそうで

牛や豚などの家畜なら良いという発想が全く理解できないこと。

自然保護団体は言う。

「クジラやイルカは知能が高いからダメ。殺し方が残虐だからダメ」なのだと。

知能が高いなんて言ったら、言葉を理解する犬だって当然ダメ。

最近の研究では、牛だって知能が高いことがわかってきたというじゃないか。

独善的に基準を決めて、自分とは違った文化を持つものに対して、

感情的に批判しているだけに見える。



日本人は捕らえたら、骨も皮も余すところなく

食肉の他に、工芸品として加工して利用するが

アメリカでは、クジラの脳油を手に入れるためだけに大量に殺して

オイルの原料となる脳油以外は投棄していたじゃないか。

そういう動物の殺し方の方が、よっぽど問題なんじゃない?



日本には、「動物の種類が何であれ、命の重さは同じ」

という考えが昔からあったと思う。

クジラやイルカは命が重くて、家畜は軽いと考える人は

日本人の中では少ないんじゃないだろうか。

その命をいただいて、私たちが生きているのだ。

生きるために命を奪っているのだから、命をくれた動植物たちに感謝をしなければならない。

だから、食事のはじめに「いただきます」って挨拶するでしょう?



でも、これは日本固有の考え方なのかもしれないと最近、思いつつある。

ドイツ人からこのような意見を聞いたことがある。

「人間が頭数操作できる家畜は食べて良くて、操作できない動物は食べちゃダメ」

ほほう。一見、動植物界の法則に則っているような気もするが

命を頂いているなんていう発想は、そこからは見えない。

クジラと牛の命が対等かどうかとか、そんなことはどうでもいいのだ。

「牛は食べたかったら、人間の手によってどんどん産ませれば良いだけ」

この発想は合理的なようにも見えるが、熊子は賛同したくない。



二つめは、日本という国がこれだけ非難されていながら

政府はただ黙っているだけというのが理解できない点。

グリーンピースがテロ団体同様の攻撃をして、日本人乗組員にケガ人が出ても

政府としては「遺憾に思う」程度で終わってしまう。

こんなんじゃ、相手の思うツボだよ。

実際、クジラの次は、マグロ漁船を狙うと警告してきているのだから

益々、日本人の食文化に影響を及ぼす。

もちろん、漁師だって、安全に操業できなくなる。



クジラだって、イルカだって、ずっと昔から受け継がれてきた日本の食文化なのだから

他国が口を挟む必要などないんじゃないか?

熊子だって、心の中では思うよ。

「犬を食べるなんてかわいそう。殺さないでほしい」「芋虫食べるなんて気持ち悪い」って。

でも、だからって、それを理由にして攻撃したりなんてしない。

それはその地域の文化で、その人たちにとっては大事な食料だってわかってるから。

イスラム教の人だって、「豚を食べるなんて野蛮だから、食べる奴も野蛮だ」なんて言って

非イスラム教徒を攻撃してくるなんてこともしないでしょう。



少し前まで、生魚を食べてた日本人のことを軽蔑してたのに

今じゃ「寿司ブーム」とか言って、世界中で魚の取り合い。

彼らの言い分には、一貫性がないんだよ。

こんなの、ただのご都合主義じゃない。



最後に、今回の映画監督の言葉を。

「この作品は日本をバッシングしているのではありません。

日本の人たちを水銀レベルが高いイルカの肉から守りたいというラブレターでもあるのです」

余計なお世話。


↓励みになります。ポチと押してね↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

海外支援~お金編~


チリ地震の津波の影響で、日本でも被害が出たそうだ。

宮城県気仙沼では、1m以上の津波に見舞われ

カキやホタテ、昆布などの養殖が壊滅状態になってしまったらしい。

出荷できるようになるまで、数年間育てる必要があるようで

養殖に関わる人の収入が、数年断たれることになる。

これから、日本政府はチリに多額の支援金を送ることになるのだと思うが

国内で被害を受けた方にも、ぜひとも手を差し伸べてほしいと思う。



しかし、ここまで世界で大災害が続くと、国家予算は大丈夫かと心配になってくる。

約30万人が死亡したハイチ地震は、日本は当初、約4億5000万円の支援を決定。

しかし、「世界第2位の経済大国を誇る日本が、4億とは少なすぎる」と

国際社会から批判を受け、63億円まで大幅増額。

参考までに、隣国韓国の支援額は10億8000万円。

日本は「経済大国」と言うけど、実際は借金まみれの国、失業者も増える一方の国。

世界からは多額のお金を出すことを要求されるけど、国内状況も火の車。

政府の対応が求められるときだね。



てか、「世界の財布」として都合の良いときだけ求められて

安全保障理事会の常任理事国にも入れてもらえないなんて

こんな状態をいつまで続けるつもりなんだろう??

国力以上の海外支援を続けて、当の日本国民が貧乏になっちゃうなんて

本末転倒な状態にならなきゃ良いけど。。。



今日のおうちご飯は、北海道の郷土料理の鮭のちゃんちゃん焼き

P1120185.jpg

卓上で作れるから、アツアツが食べられて寒い日にはもってこい。

P1120189.jpg

熊坊曰く、がすすむんだって。

もちろん、お病気の熊坊は、酒なし+ちょっとだけ鮭で、あとはおかゆ生活。


↓熊子にも支援のポチをお願いします↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

ぴ~な週末


いや~、まいった、まいった。

あ、今日はのお話が含まれているので、お食事中の方はまたあとで来てね



結局、週末は、ずっと布団の中だった。

熊子は家事⇔布団の往復で、熊坊はトイレ⇔布団の往復。

金曜の夜に体調を崩してから、どんどん悪化していき

熊坊は見ていてかわいそうになるくらいひどかった。

ずっと「お腹が痛い」と言っていて、トイレに行っても

10分もしないうちにまたトイレトイレに駆け込み

ぴ~ひゃらら、ぴ~ひゃらら。

数えてみたら、一日で70回もトイレへ駆け込んで行った。

尋常じゃない。

変な菌に感染してしまったのだろうか?

熊子もお腹痛くて、夜も目覚めてしまう程だったけど、さすがに熊坊程じゃない。

ウイルスか細菌感染だったら、安易に下痢止めを服用するのも良くないと思って

熊坊には薬を飲ませないでいたんだけど、さすがに苦しそうなので

日本から持参していた下痢止めを服用させた。

が…まったく効かない。



おかゆを作ってあげたけど、十分に食べられず

脱水症になってしまった様子。

水分を摂るように言っても、飲めないらしく

こりゃ、急患で病院に連れていかないとダメかな…と思う程に。

点滴だ、点滴。



でも…熊子、ドイツで救急病院なんて行ったことないから、すごく敷居が高い。

自分よりでかい人間をどうやって連れていく?タクシー呼ぶの?から始まって

病院行ってもすごく嫌な顔されるんだろうなとか

どうせ行っても「予約ないとダメ」って言われたりするんだろうなとか

医者と上手くコミュニケーション図れないんじゃないかとか

嫌なパターンがどんどん頭の中に湧いてくる。

だって、ドイツの病院って、日本のスタッフみたいに優しくないもん。

受付のババアは大抵、意地悪な感じだし。

「笑顔」なんて言葉、知らないみたいだし。

そんなネガティブな空想が、熊子の中をぐるぐる回ってるうちに

「熊坊よ、月曜日まで耐えるのだ」という思いが大きくなってきた。

熊子って、頼り甲斐のないダメな妻ね



こういうときに助けてくれる人がいたら…って本当に思う。

そして、自分が情けなくなる。

日本では簡単にできたことが、海外にいると出来なくなる。

こういうことが積み重なると、自信喪失になって気持ちが萎えてしまうんだろうな。

いかんいかん、熊子は明るくしていないと家の中がお通夜になっちゃう

まぁ、そんなこんなで、病人が病人を世話してるけど

そのうち治るでしょう!

早く治らないと困るけどさ。


↓体も不調、ランキングも不調。押してけろ↓
     にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

具合悪い合戦


どうやら風邪をひいてしまったようだ。

仕事から帰ってきた熊坊、お腹の痛みを訴えてトイレへ直行トイレに駆け込み

腹痛を訴えていた割には、熊子が止めているにもかかわらず

夕食のおかわりまでして、もう元気になったのかと思ったけど

食べ終わったら、更に寒気を訴えだした。

一人さっさと布団の中に潜ってしまった。

「寒い寒い寒い…∞」と騒ぐので、湯たんぽを渡したが、そこで熊坊は一言。

「きっと、ケーキが良くなかったんだだって、あの子、病気だったもん」

おいおい、まだそれを言うか

おかしいなぁ、ケーキにお腹を壊すようなもの入ってたっけな?

それとも、お昼ご飯に変なもの食べたかな?

「食中毒だったら困ったな」と思っていたら、しばらくして熊坊は発熱。

全身に赤い湿疹が出てきた。

確信。こりゃ食中毒じゃない。



その湿疹を見た熊坊、まだバカなこと言ってる。

「水疱瘡ケーキなんて食べたから
熊坊まで水疱瘡になっちゃったんだよ


おいおい

随分おかしなこと言うなぁと失笑してしまったけど、当の本人は至って真剣。

本当に水疱瘡になってしまったのだと思ってる。

ないないa03.gif

ぜーんぜん違うから。

風邪ひいたんでしょう。まぁ、寝てなさい。



数時間後…いてててて

腹が痛いトイレに駆け込み

熊子までお腹が痛くなってしまった。

移されたぞ

熊子は発熱していないが、代わりに咳が出てきた

すでに花粉症で鼻び~び~なので、苦しくって仕方ない



二人とも風邪をひいてしまったのは、実に一年三カ月ぶり。

前回は一昨年のクリスマスのときで、具合の悪い中

悪魔の税関に呼び出されたからよく覚えている。

忘れたくても忘れられない



二人とも体調を崩してしまうと一番困るのが家事。

最低でも食事と片付け、洗濯はせざる得ない。

今朝の二人の会話 in 布団

熊子「洗濯機終わったけど、誰が干すの」

熊坊「熊坊はお熱あるからできないよ」

熊子「えー、熊子もお腹痛いよ」

熊坊「熊坊は水疱瘡になっちゃったの」

熊子「わかったよ、熊子が干すよ。じゃあ、誰がご飯作るの」

熊坊「お腹痛いから立てない」

熊子「熊子だって同じだよ。咳もつらいし」

熊坊「・・・

熊子「寝たフリかよぉ~」

「どっちが具合が悪いか、重症か合戦」をしたけど、熊子が負けてしまった。

仕方なく、トイレと往復しながら家事と熊坊の看病を進めたけど

こういうときは、やはり主婦が休めなくなるんだろうか。

仕方ないか…。

自分も元気ならこんな風に思わないけどさいじける



熊坊、もう一度言うけど、具合が悪いのは水疱瘡ケーキのせいじゃないし

あなた、そもそも水疱瘡じゃないから心配無用。

今日も雪のベルリン、寒さが堪えるな。

more...

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

お雛様に作ったケーキ・・・失敗


お雛様当日は夕食作りでバタバタしてたんだけど

やっぱりデザートも欲しいと思い、大慌てで作った。

雛祭りといえば和菓子だよなぁ…桜餅食べたいなぁ…と思ったが

桜の葉がないので諦めた。

少し前に紹介した葡萄の葉で代用できるかな?と頭に浮かんだんだけど

この日はチャレンジしないことにした。



で、作ったのは、苺の水玉ケーキ

P1140208.jpg

失敗

スポンジ生地に、ピンク色の水玉模様がきれいに浮きでるはずだったのに

スポンジ焼き過ぎて、なんか汚らしくなっちゃった

あーあ、熊坊なんて言うかな。。。



熊坊:「ただいまー。お腹すいた。あ、今日は唐揚げだね!

って、喜んでたんだけど、水玉ケーキを見た瞬間…

想像を越えるコメントが、熊坊の口から発せられた。

皆さん、心の準備は良いですか?









って、違うか。

心の準備がいるのは熊子だけだ。

それでは改めて。



熊坊:「ただいまー。お腹すいた。あ、今日は唐揚げだね!

って、喜んでたんだけど、水玉ケーキを見た瞬間…

「なぁに、この水疱瘡ケーキ。この子病気なの?」



熊坊には、水玉模様が水疱瘡に見えたらしい。

ひでぇ表現だ。

くすんいじける



「言われてみれば、水疱瘡に見えてきたぞ」と思ったそこのあなた!

水疱瘡のことは忘れて、きれいな苺の写真でも見て

心をクリーンにしてくださいな。

P1140196.jpg

ほ~ら、きれい

春ですよ~



失敗しちゃったけど、中身も一応、公開しとくね。

P1140216.jpg

菱餅をイメージして、上から桃色→白色→緑色の順にしてみた。

桃色は、魔除け、解毒作用、桃の花をイメージ

白色は、子孫繁栄、長寿、血圧低下清浄、残雪をイメージ

緑色は、厄除け、増血作用、健康、新緑をイメージして、3色になったのだとか。



因みに、散々なことを言った熊坊だけど

「味は良いな」とかなんとか言っちゃって、ムシャムシャ食べてたよ。

そういうところが、熊坊らしいんだけどね


↓熊子に励ましのポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

我が家の雛祭りディナー


天気雨というのがあるが、今日のベルリンは天気雪。

晴れてるのに雪が降ってる。

わけわからん天気だ



さてさて、昨日はお雛様

皆さんのご家庭では、どんな一日だったかしら?

熊子は昨日になって雛祭りだったことを思い出した上に、夕方まで用事があったから

十分な準備ができないまま夕食の時間になってしまった。

まぁ、自分のためのお祝いなので、自分が満足できれば良いんだけど



雛祭りといえばちらし寿司だけど、太巻きが食べたい気分だったので

クルッと巻き巻きしてみた。

本当はお刺身が食べたかったけど、そんなものはもちろんないので

具はお肉巻きとツナサラダ巻き。

P1140161.jpg

寿司にすると、お米を摂り過ぎちゃう傾向が



↓前菜は、お新香、マカロニサラダ、きゅうりスティックの小鉢。

きゅうりは時期はずれとはいえ、1本1ユーロもすんの。高いよなぁ。

P1140160.jpg

それと、揚げ物がさっぱり食べられる、トマトと玉葱のサラダ。

ケーパーがアクセントになっててグ~

醤油風味の自家製ドレッシングが最高に合うサラダ

P1140169.jpg



↓メインは家にあったお肉とチーズで揚げ物。

熊母直伝のニンニクが効いた唐揚げは、熊坊も大好物。

特別な日には、熊坊も唐揚げを希望するほどで

昨日も仕事から帰宅した熊坊は、タレに漬け込まれたお肉を見て

ニヤニヤっと目尻を下げていた

P1140177.jpg

フライはカマンベールチーズのフライ。

これ、揚げたては、チーズがとろっとろで、めっちゃおいしい!

とろとろとろ~~~

P1140186.jpg



あとはお吸い物も作って、頑張って支度したんだけど

こういう日は、やっぱり大勢で食卓を囲みたいね。

品数を多くしたいと思っても、食べきれないし

一品を少量作るのって難しくて。

なにはともあれ、熊子も熊坊も満足の夕食だった。

もちろん、「お雛様の歌」も一緒に歌ったよ

ハイ、バカ夫婦です

P1140181.jpg


↓ポチっと押してくれると嬉しいな↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

すっかり忘れてた


そっか!今日はお雛様だった。

すっかり忘れてた。

いや~困ったぞ。何も用意してない。

いや、うちには女の子がいるわけじゃないから、気合い入れる必要もないんだけど

ここに一人女のオバサンがいるでしょ



去年はどうしたんだっけ?と思って、ブログを遡ってみたら

しっかりちらし寿司作ってるじゃないか。

一昨年は、熊坊がを贈ってくれたんだ。

昨年は花のプレゼントはなし。

病んでて寝込んでたから仕方ないか。

今年はどうかな…お花でも買ってきてくれるかなぁ…?

こないだろうな



う~ん、本当どうしよう。

今日は予定があって、買い物行けそうになから

あるもので用意するしかないね。

どんどん日本の季節行事を忘れていく感じがするよ



今日のランチは、Kasselerハム+手作りソース。

P1100804.jpg

豚ロース肉のハムで、このハムめちゃ旨

脂がのってて、軟らかくて、味もクセがなくて、熊子が一番好きなハムだ。

2~2cmぐらいに分厚く切って、ガッツリ食べるのがオススメ。

あら!雪降ってきたよ


全ての女の子たちにお祝いポチ
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

明暗くっきり


オリンピックが終わった。

主な結果は以下の通り。


1位   14  7  04   計26

2位   10  13  07  計30

3位   09  15  13  計37

5位   06  06  02  計14

7位   05  02  04  計11

20位   00  03  02  計05


欧米だけでなく、体格が似ているアジア勢とも、随分と差が開いてしまった。

国家ぐるみで力を入れている国とそうでない国の明暗がくっきり表れたと思う。

日本のスポーツ選手に対する支援は希薄で、選手たちはスポンサー探しに苦労している。

不況になると、資金援助をしてくれる企業は減る。

他国のオリンピック選手強化費(表は北京五輪までの一年間)を見ると

国がどれくらい力を入れてるのかがわかる。


オリンピック強化費


あ~、日本はドイツの約10%程度しか、予算を投じてないんだ。

韓国や中国と比べても、桁が違いすぎるね。

民主党の事業仕分けで、次期予算は1億3000万円の予算削減が決まったらしいから

日本の選手は益々、苦境に立たされる。

民主党は「ボブスレーやリュージュなどのマイナースポーツに

税金投入の必要なし」と言ってたけど

競技人口が少ないという理由で助成がなくなるのは、競技者としてはつらいことだと思う。

国家税収が落ちている現状では、スポーツ関係に十分割けないのだろうが。



「研究、芸術、スポーツは国家の豊かさを表すもの」だと熊子は思う。

政権交代して半年になるが、日本という国がどういう方向を向いているのか

どの分野に力を入れていこうとしているのかが見えてこない。

科学技術分野も予算が減らされ、世界第2位の経済を誇っていたのも不況でダメになり

日本という国の存在がどんどん薄くなっていくような気がしてならない。

一体、これから日本はどうやって世界にアピールしていくのかな。



話をオリンピックも戻すけど、今回のバンクーバーオリンピックにかかった費用は約40億円。

一方、パラリンピックは2億円。

メダルを獲得すると、300万円 200万円 100万円の報奨金がもらえるけど

パラリンピックの選手はメダルを獲っても報奨金はゼロ。

同じように努力してるんだし、この辺の格差は解消されると良いんじゃないかと思う。

パラリンピックの選手たちも引き続き、応援したいと思う


↓日本ガンバレ!熊子もガンバレ!応援ポチ↓
      にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

切り株ケーキ


「嵐が来る!」「時速200kmを越える風速を記録」というニュースが流れてたから

どんなにすごい嵐が来るんだろうと思ってたけど

想像ほどではなくて良かった。

バルコニーの植木を室内へ移動させないとダメかなと思ったけど、そこまででもなくて

熊坊は強風で寝付けなかったみたいだけど、熊子は爆睡

3月になって春が来ると、毎年突風が吹く。

いつも窓が割れやしないかと不安になるぐらいの強風で

室内にもピューピュー風が入り込む

花粉も一緒に



そんな日曜日だったので、おとなしく家にいることにした。

熊坊にはお風呂場を洗ってもらって、熊子はおやつ作り。

今日は春の森をイメージして切り株ケーキ

生地に紅茶風味のシロップをしみ込ませて、チョコクリームをナッペ。

そして、切り株にするために、削ったチョコを側面に飾ってみた。


P1140006_20100301212625.jpg



P1140031_20100301212624.jpg


チョコクリームのチョコの配合を多くして、もっと濃い色のクリームにしたら

生地とのコントラストがきれいに出たかな。

4層の生地が、これだとちょっと色の違いがはっきりしないものね。


P1140028_20100301212624.jpg


熊坊からも同じ指摘を受けちゃった。

でも、生クリームにチョコを加える作業がどうも苦手。

今回もこれに至るまでに失敗しちゃって、生クリームを無駄にしてしまった

絶対に失敗しない方法ないかな?

練習あるのみ。頑張るぞ


P1140024_20100301212624.jpg


↓熊子の応援お願いします!!ポチポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

02 | 2010/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。