スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震のニュースを見て、改めて思うこと


アメリカ系ニュース番組のCNNを見ると、チリ地震のニュースが大半を占めている。

「日本にも津波到達」を繰り返し伝えていて

「太平洋沿岸に住んでいる人がみんな避難した」って言ってた。

ネットニュースを見てみたら、電車も運休になっているようで

たしかに日本にも大きな影響が出ていることがわかった。

今回のチリ地震の速報を聞いたとき、真っ先に「日本に津波が来る」と思った。

1960年のチリ地震の際、日本でも多くの死者を出して

警報のあり方を問われた大災害のことが頭をよぎった。

「チリ地震=日本に津波が来る」と頭にあって、今回、避難した人も多かったんじゃないかな。



ついこの間、ハイチで大地震がきたばかり。

日本も東海地方や関東では、大震災がいつ起きてもおかしくないって言われ続けてるし

実際、大きな震災を何度も経験している国だから、地震の恐怖はよくわかる。

地震のないドイツに住んでると、「地震が来ない」ということが

すごく安心感を与えてくれている。熊子の場合。

「大地震が来たら、自分の大切なものを失うかもしれない。もしかしたら命も」

と思って生活を送るのは、結構なストレスになると思う。



以前、イタリア人の友人のイタ男から、日本の地震対策について尋ねられたことがあった。

彼は政府レベルでの取り組みを知りたかったようだが

残念ながら、熊子は答えられなかった。

ドイツ語で説明するのが難しかったし、日本語だったとしても

十分な説明ができたかどうかは怪しい。

いかん、いかん。



今回の地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

そして、「備えあれば憂えなし」

今一度、地震対策のご確認を。


↓ポチっと押していただけると励みになります↓
      にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

親の役割


日本の学校では、朝給食というものが増えているらしい。

その名の通り、昼食だけでなく、朝食も学校で提供するというもの。

京都市総合教育センター研究員のレポートによると

朝食を毎朝摂る子どもの割合は、小6で76.1%、中2で67.4%。

朝食を摂らなければエネルギーが湧いてこないから

当然、勉強にだって身が入らないし、スポーツだってできないよね。

こんな状況を打開しようということで、自治体が取り組み始めたのが朝給食だというのだが…。



熊子は良いことだとは思えない。

第一の理由として、学校給食は昼食だけで十分。

朝食と夕食は家庭で食べるものだと思うから。

子どもが朝食を摂らない理由として

塾通いやTV鑑賞、ゲームなどで夜更かしをして起床できず、朝食の時間がない

起きたときにお腹がすいてない

親が食事を作らない

といった点が挙げられるようだが、全て親の躾と自覚で解決できるものだと思う。

母親も社会進出するようになって、家事に割く時間がなくなってるのだろうし

実際、仕事を持っていたら、両立するのは大変なのはよくわかる。



が、しかしだ。

そこまで手を抜いてしまったら、誰が自分の子を育てるのだ?

三度の食事をしっかり摂る、たっぷり就寝する

こんな当たり前のことを子どもに身に付けさせることができないなんて

親としてどーなのよ?と思ってしまうわけだ。

熊子自身の母も、眠たい目をこすりながら、毎日必ず朝食を用意してくれた。

炊きたてのご飯を食べさせてくれた。

むしろ、「朝食を食べないのなら学校に行かせない」

「学校に行きたかったら、早く起きて食事をしなさい」というスタンスで

朝食を摂ることに関しては、かなり気を遣っていたようだった。

でも、これは、今となっては特別な光景なんだろうか?



朝給食に賛同できない第二の理由として

何故、朝食まで税金で賄う必要があるのかわからないということ。

まして、昼の給食代の未払いでもこれだけ問題になってるというのに。

自治体は「食育」の名目で予算を出してるところもあるようだが

「食育」の基本は家庭であるはず。

台所から「トントントン」と包丁の叩く音が聞こえ、お味噌汁や焼き魚の臭いがしてきて

朝起きると温かいご飯が出来ているというのが、最高の食育になると思うのだが。

まさに「おふくろの味」を連想させる、日本の朝の光景。

もちろん、これは例えで、洋食だって良いんだけど。

古い?

母親の立場だったら、朝給食って助かる?



ドイツでは、幼稚園や小学校に自宅からリンゴやパン、お菓子を持参して

お腹がすいたら勝手に朝食を摂る場合がある。

大人になっても、仕事をしながらムシャムシャ食べてる人が多いのも

その習慣からきてるんじゃないかと思うほど。

スーパーでも、レジをしながらバナナ齧ってたりしてるよね。

不規則な食事と偏った食事が、身体にどういう影響を及ぼすかは、述べるまでもないと思う。

それに、ドイツと日本では食文化が全く違う。

ドイツは、そもそも食事そのものに重要さを感じていないように思う。



話を日本に戻すが、朝給食は今や小中学校に限ったことではない。

大学も積極的に朝食を提供する傾向にあるとか。

大学側は「規則正しい生活習慣を身につけてほしいから」「勉強に集中してほしいから」

といった理由らしいが、大学だよ!

一体、今の日本の大学ってどうなっちゃってんの!?

大学は学問を学ぶところ。

生活習慣を管理するのなんて、自分でやって当たり前の年齢。

0155647L.jpg

↑とある大学で提供されている50円朝食。

無料提供の大学も結構あるみたい。

そのうち、会社で朝食出す時代がやってくるんじゃないか!?

大丈夫?日本の朝ご飯


↓おふくろの味って、ずっと覚えてるものだよね。大事↓
      にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

永遠に冬でいい


P1130958.jpg

た、た、太陽がまぶしい!

こんな感覚は何ヶ月ぶりだろう。

半年ぐらい太陽を見ていなかったような気がする。

ずーっと暗いところで生活していた熊子には、眩し過ぎるほど輝いていた。

まだ雪が融けきってないけど、もうすぐ春なんだな

一ヶ月も経てば、ベルリン裸族が出没するかもしれない。

だけど…

ちょっと言いにくけど…

熊子は…

春なんか来てほしくない!!

だってね、始まってしまったのよ。

地獄の花粉症が…

鼻水ビービー+呼吸が止まるかと思うほどの鼻づまり+目のかゆみ

一度出ると連続5回は止まらないくしゃみ+頭痛

ここまで来ると、胃腸の調子まで悪くなってきて最悪な状態になる。

家事をするのも億劫、何をするにも集中できず

呼吸をするのでいっぱいいっぱい

もうこれは、春が終わるまで耐えるしかないんだけど

熊子の場合は春と秋両方なので、一年の半分が花粉症ということになる。

それで思うわけ。

永遠に冬でいい!!

永遠に冬だったら、それはそれで困るのわかってるんだけど

あまりのつらさに、夏と冬だけでいてくれと無理なことを願うわけ。



さぁ、これから花粉症地獄が本格的に始まるよ。

日本の皆さんは、豊富な花粉症対策グッズで乗り切ってちょ。

マスク着用がタブーなEU在住の皆さんは、熊子と一緒にひたすら耐えましょう


P1130763.jpg

グレープフルーツ100%ジュース。

ビタミン摂って耐えるぞ


↓花粉症と闘うあなたは絶対ポチよ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

野菜のオリーブオイル漬け


ドイツに来てから覚えた食べ物のうちの一つ、野菜のオリーブオイル漬け。

料理というほどのものでもなく、どちらかというと珍味系か?

ドイツ料理ではなく、オリーブがたくさん採れる地中海地方の食べ物だと思う。

スーパーに行くと、オリーブやドライトマトの瓶入り油漬けが売られてるけど

大概がサラダ油漬けなので、香りも味もいまいち。

なので、今日は熊子流オリーブオイル漬けをご紹介教授



↓ドライトマトは、お湯で戻す(茹でない)。

P1130217.jpg

↓茄子やズッキーニなどのお好み野菜を用意。

灰汁のあるものは、しっかりと事前に抜き

生で食べにくいものは、歯応えが残る程度に軽く焼く。

P1130218.jpg P1130220.jpg

↓黒オリーブ、緑オリーブ、黒胡椒、赤胡椒、にんにくのスライスと

甘味を出すためのみじん切りパプリカ。

P1130222.jpg

↓香草は6種類を用意。

熊子流は、乾燥ローリエ、オレガノ、ローズマリー、セージ、レモンバーム。

以上は香り付けに役立つ香草。

P1130231.jpg

と、右上の葉は何かわかるかな?

それはこれ↓

P1130216.jpg

ぶどうの葉

これが最も重要なアイテムかも

塩漬けになっていて、桜餅の葉に似た味。

ドイツに来てから初めてぶどうの葉を食べたけど、結構イケる。

これを極みじん切りにして入れるのがポイント。

ぶどうの葉を入れることで、香りだけじゃなく、味もぐ~んと



以上の具材を、瓶などの密閉できる容器に入れて

上から新鮮オリーブオイルをドボドボこれでもか注ぐ。

具が全て油に浸かっていないと、そこからカビが発生するので

必ず、具の全てが油の中に入るようにする

P1130244.jpg

↑写真だと、まだ油が足らない。

翌日から食べられるよ。



ワインのおつまみにしても善し、パンに挟んでも善し

スパゲティなどのイタリア料理に加えても善し

ガバガバ食べるよりは、ちみちみ食べる感じかな。

言うまでもなく、カロリーはたっぷりなので、食べすぎには要注意

どうぞ、お試しあれ

P1120591.jpg


↓ちょっと食べてみたくなったらポチっと押してね↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

氷の上でツ~ルツル


気温も少しずつ上がってきて、雪も融けてきた。

となると、地面はツ~ルツル。

スケートリンク状態になる

でも、いくら気温が上がったとはいえ、夜になると氷点下のときもあって

そうなるとツルツル度は倍増。

熊坊は優しいから、声を掛けて、手をとってくれる。

「熊子、ここツ~ルツルだから、気を付けて渡ってよ」と。

せーの。


P1130637.jpg


じゃぶ~ん!


水たまり


なにこれ!氷じゃないじゃ~ん!

氷っているように見えたのは、実は氷が融けた大きな水溜りだった

写真はフラッシュ撮影したけど、暗くてよく見えてなかったのねぇ

二人とも膝下までびっちょり

熊坊の優しい導きで、熊子は水溜りへと足を踏み入れたのだった。。。

最低。



今年の稀に見る降雪と気温の低さのせいで

道路があちこちで陥没してしまったというから

注意して歩かないと、熊子たちのようになる

注意しててもなるときはなるんだけど

でも、ベルリン市内だけでも、スッテンコロリンして

すでに3人死亡してるから足元注意ね。

あと、頭上からも雪がどっさり落ちてきて、ケガ人続出してるから

上→下→上→下…∞と忙しく、目をグルグルさせてちょうだいなぐるぐるダンス



さてさて、こちらの方も氷上を滑ってます。

オリンピックのカーリング女子vsのひとコマ。

この雄叫びをあげてるドイツ選手、一瞬、キングコングかと思ってしまった。

ノーメーク、厳つい身体で、いかにも典型的ドイツ人女性って思ってしまった


[高画質で再生]

オリンピック カーリング 


スポーツ選手とはいえ、カーリングの選手ってお化粧してたり

かわいい感じの人も多いんだけどね。

今季の、ドイツがメダルラッシュなのも納得!


↓氷水に浸かってしまった熊子に温かいポチを↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

日本しっかり~


オリンピック、みんなの国では盛り上がってますか?

ドイツはメダルラッシュもあって、盛り上がってるんじゃないかなぁ。

メダル獲得数は、現在、アメリカに続いて第2位。

日本は20位だって。



試合で思い切り闘っての結果ならまだしも

いくつかの競技で、試合にすら出られない失態があったんだってね。

リュージュ女子では、装着して良い重りの超過違反で失格。

スケルトン女子では、そりが国際規格に適合していることを示すステッカーが

そりに張られていなかったとかで失格。

日本を経つ前に、自分でステッカーをはがしちゃったというじゃない。

これはなんというミス…

まぁ、本人が一番よくわかってるでしょう。

オリンピックの代表枠を彼女に明け渡した他の選手も、相当悔しかっただろうな。

どちらの競技も、民主党の事業仕分けで予算削減を言い渡されて

今回は削減撤回のためのアピールにはちょうど良い機会だったみたいだけど

なんというか、もうちょっとしっかりしないとね。



あと、ニュースになってるのは、服装の乱れで散々叩かれてしまったスノボの国母選手

ちゃんとシャツをズボンの中に入れて帰国したとか。

どーでもいっか

彼、大学生だけど、結婚してたのね。

これもどーでもいっか。



で、TVでアイスダンスを見てたんだけど、衣装がおもしろかった。

民族衣装を着て踊るんだけど、日本代表選手見てびっくり。

20.jpg
(毎日jpより拝借)

う~む

賛否が分かれそうな衣装だなぁ。

日本の民族衣装となると、こうなるのはやむ得ないんだろうか…

選手が完全な日本人顔だったら、もっと違って見えた?

↓まだ雪がてんこ盛りのドイツは、常夏だし。

fb198ad6370435a8b6d41ebbcb6e8f69.jpg
(Yahoo!deより拝借)

ハワイのイメージだって。

ソーセージでもぶら下げてる方が、ドイツらしかったのにねぇ

ロシア代表のは、なかなか笑えた。

オーストラリアのアボリジニをモチーフにした衣装。

25.jpg 26.jpg
(毎日jpより拝借)

だけど、この衣装にオーストラリアが激怒したらしく

その影響で、カナダの先住民協会も反応。

「このロシアペアは先住民というものを理解していない」とご立腹で

カナダの先住民居住地に彼らを出向かせる手配をしたのだとか。

なんか、オーストラリアって、クジラがどうとか、イルカがどうとか

他国に対していつも怒ってる気がする。

アボリジニを迫害してきたのは、どこの誰だ?と言いたくなるのだが。。。



オリンピックって、純粋にスポーツだけじゃなくて

いろいろな国際問題が絡んでるよねぇ。

東京都知事の石原さん、まだ誘致を諦めきれないみたいだけど

前回の誘致で税金150億円無駄にしちゃったっていうからね。

150億円もあったら、いろんなことができたと思うんだけど

やっぱ石原さん、次回も立候補するんだろうか。。。


↓日本ガンバレ応援ポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

映画「キャタピラー」


女優・寺島しのぶさんが、ベルリン映画祭で最優秀女優賞「銀熊賞」を受賞したらしい。

ベルリンだから「熊賞」で、最高なのが金熊賞。

日本人の最優秀女優賞受賞は35年ぶりで

ベルリン・ヴェネチア・カンヌ世界3大映画祭で主演俳優部門を受賞したのは

日本人で過去5人しかいないそう。

へぇ~、すごいことなんだね。

ということで、その映画を観てきた。

若松孝二監督のキャタピラーという映画で、反戦映画だ。

江戸川乱歩原作「芋虫」の話だったけど

原作とは夫婦の心情の描き方とか結末とか結構違ってた。



戦争から戻ってきた夫は、顔面は焼け爛れ、四肢も失っていた。

つまり、「キャタピラー=芋虫」というのは、顔面と体幹、視覚と触覚だけが残った夫のこと。

その夫は、そんな身体になりながらも、食欲と性欲は衰えず

寺島演じる妻は、夫に尽くしながらも、一方で夫を虐待し

夫や戦争に対して様々な思いに直面し、葛藤する…。

というような話で、その夫婦の姿を通して戦争の愚かさと悲しみを描いているらしかった。



まだ、この映画は日本では未公開で、寺島さんが賞を受賞したことから

話題作として放映されると思うんだけど

熊子的には、はっきり言ってつまらなかった。

夫が戦争中に中国人女性を強姦するシーンが何度も何度も流れ

その時点で、あんまり良い気分はしなかったし

四肢を失くして、日本の自宅に戻ってきた夫は

妻に「やりたい」「やらせろ」と体を求めてばかり。

映画の半分近くのシーンが営んでたんじゃないかと。

寺島さんの裸体もはっきり。

正直、「またかよ…」っていうのが感想。

変態官能映画で、十分すぎる程、お腹いっぱいになってたからね。

もうそういうのは観たくなかった。

反戦映画だというから、もっと戦争色の濃いものかと思ってたけど

「とある夫婦の話」止まりのように感じてしまった。

戦争の悲惨さを伝えたいという割には、濡れ場のシーンばかりだったからかなぁ。。。

夫婦の感情をもっともっと原作のように掘り下げてほしかったな。

まぁ、ストーリーは熊子的にはいまひとつだったけど

寺島さんの演技は良かったので、興味のある方は映画館へどうぞ。

夏に公開らしいです。



ところで、今回行った映画館は、旧東ベルリン地区にあって

いかにも古い感じが漂っていた。

良く言えばレトロか。

P1130946.jpg

映画が始まる前にお腹がすいちゃったんだけど

飲み物が置いてあるだけで、なーんにも売ってないの。

普通はポップコーンとか定番だよねぇ。

映画館の外にも探しに行ったんだけど、見事に何もなし!

コンビニって便利だよなぁ…って心底思った。

仕方ないから空腹のまま我慢したけど、久々に東ドイツを感じたわ。

上映中に音声止まっちゃったりなんかもして。

変態官能映画が上映された映画館は、すごく近代的だったんだけどね。

P1130867.jpg

「Sony Center」っていうところで、屋根の形が富士山になってるの。

日本人が設計したから、本当に富士山がモデルになってるんだって。

ベルリンのシンボルにもなってる建物で、とても目立つ。

P1130874.jpg P1130873.jpg

このSony Centerの中には、企業の他にレゴランドやレストラン、住宅なんかが入ってて

ベルリンに越してきたときは、ここに住めたら良いなと思ったんだけど

家賃が予算の倍、いや、3倍、4倍ぐらいだったので諦めた過去が

ベルリンって、古いものと新しいものが混在してて、おもしろい街だなと思う。

ドイツの中、う~ん、もしかしたら世界的に見ても特異な街かも。

なにはともあれ、寺島さん、受賞おめでとう。

でも、熊子はもう、しばらく映画はいいや。


↓励みになるので、ポチっと押してちょ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

ヴェネチアに行こう


熊坊がヴェネチアに行かないかと誘ってきた。

何でヴェネチアに行きたいのか聞いてみたら

「もうすぐ沈んじゃうから、早く行きたい」とのこと。

そんな急がなくても、まだ水没しないと思ったけど

熊坊的には、今、一番行きたい場所らしい。

ヴェネチアに行って、本物のリゾットを食べたいんだとか。

間接的に、熊子の作るリゾットは、ただのおじやだと言われているような、いないような…。



被害妄想はさておき、ヴェネチアは「水の都」として有名だけど

物価の高さでも有名

イタリア国内でも、群を抜いて高い。

たしかにイタリアには一度ぐらい行ってみたいけど

熊子はあんま乗り気じゃないんだよねぇ。。。

だって、泥棒が多いと聞くし、ぼったくりもすごいでしょ。

実際、熊坊がイタリアに以前行ったとき

こいつ、しっかりぼったくられて帰ってきた。

レストランでぼったくられてるのに気付かず

ご丁寧にチップまであげてきたんだとか。

相当なバカだ

そういう話もあちこちで聞くし、熊子が最大に行きたくない理由は

トイレ

イタリアのトイレって、良い話、本当に聞かないよねぇ。

汚いし、便座がないのは当たり前だし(でも、これはベルリンで慣れたから平気)

水が流れないとか、ドアが閉まらなくて丸見えになっちゃうとか

どうやって用を足すのよ

熊子、冷え性でトイレが近いから、どうしてもお手洗いのことは気になっちゃうのよねぇ。

だってね、だってね、ヴェネチアには公衆トイレ使うのに回数券まで必要だというじゃない。

1回1.5ユーロ(約200円)

いくらなんでも、高すぎじゃない!?

これこそぼったくりでしょう!!

ドイツも有料トイレがほとんどだけど、いくらなんでもこんなに高くはない。

いくら観光地で物価が高いとはいえ、これはひどいと思うんだよねぇ。

因みに3ユーロの一日券っていうのもあるらしい。

これならお得?

いやいや、この一日券は、たったの二回までしか使えないというじゃないか。

意味ないよ、この一日券

もう想像つくんだよね。

トイレごときに1.5ユーロも払うのが嫌で、必死にトイレを我慢する自分の姿が



熊坊は張り切って計画を練ってるみたいだけど

さてさて、どうなることやら。

↓ぼったくりトイレに抗議のポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

お腹すっきり


よくTVで宣伝してるこのヨーグルト。

P1130936.jpg

ドイツでは「ACTIVIA」だけど、日本では「BIO」の名前で売られてるみたい。

なんでも、ACTIVAに含まれている高生存ビフィズス菌BE80が

腸に良い作用をして、女性に多い便秘症状を改善させるらしい。

「まずは14日間!」って宣伝してるね。



でも、熊子便秘で困ってるわけじゃないんだよね。

むしろ逆の方かも

このヨーグルト食べたら、もっと快通!になっちゃうのかな!?トイレに駆け込み



BIOのサイトを見ると、腸内環境について詳しく書かれてて

医療従事者用の専門的な説明まであった。

そこで、腸内環境チェックっていうのがあった。

年齢別に平均値と比較できるから、おもしろいよ。

因みに熊子は、46点。

平均値以下だ

そうだよね、食生活ひどいもん。

肉食中心で、油っぽいものばかりだから、腸に負担かかってるのね。

異議なしの結果だ



味は高価な商品だけあって、おいしかった。

ヨーグルト嫌いな熊子でも、無理なく食べられる味。

P1130939.jpg

↑これはチェリー味。

「果肉たっぷりフルーツ入」って宣伝してる割には、ヨーグルトしか見えないんだけど。。。

探せば入ってるって感じだったかな。

モモ&パッションフルーツ味ダイエットバージョンは

明治ブルガリアヨーグルト フルーツミックス味に似てると思った。

色々な味が販売されてて、飽きないようになってるみたい。

ドイツ人も約2500万人が、消化機能に問題があるっていうからね。

まずは14日間、熊子も頑張ってみるかな。


↓お腹すっきり計画挑戦中の熊子に応援ポチを↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

これが芸術だ


熊坊からバレンタインデーにもらった、バレエ「白鳥の湖」のチケット。

早速、観に行ってきた。

会場は満員。

P1130890.jpg

公演は↓こんな感じ。



なんて美しい音楽なんだろう。

オーケストラの生演奏だから、バレエだけでなく、音楽も楽しめるところが醍醐味。

舞台前にオーケストラが隠れてるの。

二階席に座った熊子からは、演奏者の様子もよく見えたよ

P1130889.jpg



↓「白鳥の湖」の有名な見所の一つ。

4羽の白鳥の足がきれいに揃ってるかどうかがポイントだよ



バレエの観覧は初めてだったけど本当に良かった!

3時間の長丁場だったから飽きないか心配だったけど、素敵すぎてあっという間。

変態官能邦画は芸術とは思えなかったけど、こっちは本当の芸術だわ。

P1130897.jpg



主役の白鳥と黒鳥は一人二役を務めるのが慣例で

嬉しいことに、その主役を務めているのは日本人。

ベルリン国立バレエ団のプリンシパルを務める中村祥子さんだ。

彼女は日本を代表とする、いや、世界的にも有名な超一流のバレリーナで

世界でもトップクラスと言われるベルリン州立バレエ団の中でもピカ一の存在。

P1130911.jpg

彼女の動かす腕は、本物の白鳥の羽のように見えた。

動きの一つ一つ全てにキレがあって、惚れ惚れする程の美しさだった。

主役に抜擢されるのが頷ける程、他のダンサーよりも輝いて見えた。

ここにもまた、世界の舞台で活躍する日本人がいる。

同じ日本人として、本当に嬉しいことだ。



ところで、バレエって、すごくハードなのね。

ジャンプしたかと思ったら、今度はクルクルクルクル回って、絶えず動き回ってる。

スタミナが相当いるんだってわかった。

みんな細い身体だけど、筋肉質だもんね。

男性ダンサーの肉体美なんて、本当に惚れ惚れする

お尻なんて、ぷりっぷりなの

我が家の肉しか付いてない男と同じ人間とは思えないくらい素敵。

熊子もこんなマッチョで素敵な王子様に愛されたーい!

P1130923.jpg



フィナーレは、王子様は悪魔と闘うシーン。

悪魔から白鳥の姿に変えられてしまった姫を救うために。

で、最後はもちろんハッピーエンド!

じゃなかったんだよ~~

王子様、悪魔を倒したんだけど、王子様も力尽きて死んじゃった!

白鳥の湖は、結末が演出家によって色々らしいんだけど

熊子が観たのは悲劇バージョンだった。

これこそ悲劇だ

やっぱ、王子様とお姫様はハッピーエンドが一番すっきりするわ


↓素敵な王子様に愛されたいあなたはポチっとね
      にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

変態官能邦画に撃沈


後悔。

後悔。

後悔。



只今、ベルリン映画祭が開催中。

今年は日本映画が22作品も上映されるということで

日本人には嬉しい限り。

で、何を後悔したのかと言うと…

見るんじゃなかった、大島渚映画。

「愛のコリーダ」

この映画の名前を知ってる人は多いんじゃないかなぁ。

今から30年以上も前の1976年、日本で一度公開されたけど

あまりに過激な性描写で、裁判沙汰にまでなった問題作。

とはいえ、日本ではまともに放映できなかったらしく

モザイク処理をしたり、激しいシーンをカットしたものだから

わざわざノーカット版を海外まで見に行く人もいたとかいないとか。

この映画は、阿部定事件を描いたものらしいけど

とにかくあらすじを読めば、この映画の普通じゃないところがわかると思う。

あらすじを知りながら観に行く方が悪い?

今思えば、そうかも。

でも、この映画、日本では問題作として扱われて賛否両論だったみたいだけど

海外では賞をもらうほどの評価だったし

レビュー見ても、概ね評価が高かったから

「性」がどんなに美しく描かれているのか知りたくなったわけ。

ちょっと怖いもの見たさもあり。。。

実際、今回の映画祭で上映されるに至ったのは

過去の優秀な作品としてノミネートされたから。

お客さんの入りも良くて、半分ぐらいは女性客だったんじゃないかなぁ。



だけど・・・

後悔。

後悔。

後悔。



もうね、映画のほとんどの時間が「営み」を映してるだけで

途中から頭痛がしてきちゃったほど。

「究極の愛」を表現してるのかと思ったけど

主人公の阿部定は、お金欲しさに別の男と簡単に寝ちゃうし

阿部定に殺されることになる吉蔵も、宿の女将さんとか女中さんとか芸者の老婆とか

とにかく、相手が女なら誰とでも寝ちゃう。

そしてそのシーンが、もろに映されてる(性器もはっきりと)。

他にも、茹で卵を阿部定の性器の中に一度入れて、それを吉蔵が食べるとか

人前でのプレイが多くて、その二人を見てる人まですっぽんぽんになっちゃうとか

もうわけわかんないっす!

これのどこが、「愛」なの!?



途中退場してる人、結構いたわ。

詳しい内容を知らないまま来ちゃった人なんて、びっくりしたと思う。

結局、最後まで観たけど、大島監督が何を伝えたかったのかは

熊子にはさっぱりだった。

吉蔵の大事なものが切断されるラストシーンなんて、ホラー映画かと思ったわ。

すごく後味悪い。

映画が終わった後も、ショックでおしゃべりもできない。

感想を述べるのも無理!ってなぐらい、思い出したくない作品だった。

「日本人=変態プレイ」

「芸者=娼婦」

なんて思われやしないかと心配になるぐらい

見境なく営んじゃう映画だった。

恋してるときの切なさとか、虚しさとか、独占したい気持ちとか

性描写抜きでのシーンがあったら感情移入できたかもしれないけど

残念ながら、熊子の理解を越えてたわ。

レビューでは、「素晴らしい」「これが愛」「これが一途に愛するということ」などなど

大絶賛の言葉が並んでいたけど、ノーカット版で見ても同じ感想になるかな?と思った。

観終わった後のお客さんの顔、みんな蒼白かったよ。

すごいし~んとしちゃって。

熊子がお子様過ぎるのか、芸術としての価値を理解するに至らなかった。

はぁ、本当に後悔。。。∞


↓熊子に救いのポチをお願いだす↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

いい加減にしんしゃい!


覚えてますか?

市内の鉄道会社が、車両の定期点検を怠っていたお陰で

一気に車両にガタがきて、使いものにならなくなり

電車のダイヤが狂いまくってると、ドイツ人の仕事っぷりに愚痴をこぼしたことを。

2009年7月の記事だ。


驚くなかれ、まだダイヤが回復してないのだ

減便だけでなく、完全に運行停止したままの路線もあって、それはそれは迷惑。

「お詫び」ってことで、昨年12月の定期代がちょっとだけ安くなったけど

そんな詫びじゃ足らん!ってことで、さすがのドイツ人もご立腹。

そりゃそうだ。だって半年も経ってるんだもの。

で、ドイツ人、どんなふうに抗議したかというと…

線路を歩いて電車を妨害!

って、オイ!

当然、電車が止まって、ダイヤは更に大混乱。

頭、平気か?



が…その抗議が功を奏してか???鉄道会社は更なるお詫びを表明。

「ダイヤは、年内に回復するように努力します」

って、オイ!

年内って、今年始まったばっかよ。

車両の点検にまだ丸一年必要なんですか?

一体、どんな状態で走らせてたんですか?

おそるべし、ベルリン



こんな状態でも、絶対に職員の休暇はたっぷり取るんだろうな。

1月:正月休暇

2月:2月休暇←意味不明だけど、1週間休み

3月:イースター休暇

5月:メーデー休暇

7月:夏休みで丸々休み

10月:秋休み

12月:クリスマス休暇

なんなんだ、この休みの取り方は。

客が困ってしても、休暇だけは譲らない。

もちろん残業なんてのもしない。

これは、我が家のリフォーム業者を見ててもわかるね。

集中して仕事せず、携帯電話でおしゃべりしたりしてるから

全然作業が進まない割に、時間だけが経過する。



もうね、読者の皆さんも驚かなくなったんじゃ?

ドイツ人みんながこんな働き方をしてるわけじゃないだろうけど(と信じたい)

でも、こういう人があまりに多いような気がする。

大工も修理工も、銀行も電話会社もどこもかしこも

こんな状態でも社会が回っていくのが、ある意味感心だわ…

P1130429.jpg

こんな天気の中で、20分も電車を待たなきゃならないのは、本当につらいのよぉ

↓凍えながら怒ってる熊子に愛のポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

我が家のドイツ流バレンタインデー


昨日はバレンタインデー

日本は大盛り上がりだったことと思う。

チョコ商戦がすごいものね

ドイツは日本ほどの盛り上がりはないかなぁ。

元々、こっちでは男性から女性に花束を贈る習慣があったみたいだけど

最近は、お互いプレゼントを贈り合う人も増えてるみたい。

日本のように、「女性が男性へ愛の告白をする日」という感じではない。

なので、今年は一週間くらい前から、熊坊に猛烈にアピール!

「熊坊、今年のバレンタインデーはドイツ流でいくからね

と、何度も念を押しといた。

この男、妻の誕生日も覚えていないような奴だから

今回は、耳にタコが出来るぐらいアピールした。

これで何もなかったら、「もう何を言っても無駄」判定が下るとこだった



で、当日。

じゃ~ん!いただきました!

P1130823.jpg

ドイツ歌劇場で行われるバレエ「白鳥の湖」のチケットと

熊子が贔屓にしている雑貨屋さんDEPOTの新商品。

「白鳥の湖」は、随分前に「見てみたい」と熊坊に言ったことがあったけど

映画や音楽コンサートに比べると値が張るので、諦めてた。

てか、すっかり忘れてた。

チケットに記載された値段を見たら、ちょっとびっくりしちゃって

一瞬、今月の食費をどう削ろう…なんて考えちゃったよ



雑貨はこんなんです↓

P1130825.jpg

なんだこれ?

こんな風に吊るして使うんだけど…

P1130838.jpg

店頭ではお花を絡めたり、明るい色をふんだんに使って

もっと春いっぱいで展示されてたんだけど、熊子の持ってるものじゃ足りない

このデコ難しい

でも、この商品、何店舗かで売り切れで、やっと見つけてきた商品。

また春物買ってもらって、もっと素敵にしなきゃ



熊子は何をあげたかと言うと…

すんません、ちょっと手抜き。でも愛情たっぷりよ

生地しっとりのバナナクラシックショコラ↓

P1130844.jpg

一口食べると、後からバナナの風味がほんのり香る。

でも、言われてしまった。

「バナナは生でバナナをそのまま齧るのが一番だ」と。

熊子はチョコとバナナの組み合わせ好きなんだけどな。

P1130854.jpg

なにはともあれ、寂しいバレンタインデーにならなくて良かった。

熊子の猛烈アピールの結果か?

いや、実はお菓子を持っていかなかったこと、気にしてたみたい。

皆さんからのコメを読んで、自分のしたことの重大さに気付いたみたい。

お詫びの印ってことねごめんなさい

熊坊、どうもありがとう。



fc2ブログランキングで、自己最高の1位を記録しました。
ポチポチしてくださる皆さまのおかげです。ありがとうございます。
今後も熊子ブログの応援よろしくお願いします
   にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

悲しいオリンピック


男子リュージュ・グルジア代表ノダル・クマリタシビリ選手が

公式練習中の事故で亡くなったニュースは世界中の人を驚かせたと思う。

最終コーナーでバランスを崩し、コースの氷壁に激突して空中に放り出された。

そして、時速144kmでコース外の鉄柱に激突。

インターネットでいくつか記事を読んでるうちに動画に行きついて

ノダル選手が事故に遭う、まさにその瞬間が映っていた。

猛スピードで滑り下りてきて、本当に一瞬の出来事だった。

大きな身体が一瞬にして宙に舞い、太く頑丈そうな鉄に衝突した後

その後に移ってた映像は、彼の最期の顔だった。

目を開いたまま、人工呼吸されている姿。

顔は血だらけだった。

「嘘でしょ…」

まさかこんな映像が映ってるとは思いもしなかった。

事故の瞬間が映像として残されてることも知らなかったし

まして、血に染まった彼の姿が世界に向けて公開されているなんて

全く想像もしていなかった。

この公開練習はTVで生中継されていたのだろうか?

どういう経緯でインターネットで流されるまでに至ったのかはわからないが

すごく複雑な気持ちになった。

人の最期の瞬間を見るのは、誰でも気持ちの良いものではないと思う。

遺族だって、ネットで流れてると知ったら、絶対に嫌な気持ちになると思う。

目を開いたまま意識のない彼の顔が、熊子の脳裏から離れない。

彼はまだ21歳。夢も希望もたくさんあったと思う。

オリンピックという大舞台で、人生で最高の気分だったかもしれない。

本当に残念でならない事故だ。



この事故に対して、リュージュ連盟は「事故はコースの安全性の問題ではなく、選手の過失」

との見解を示したようだが、結論ありきのような気がしてならない。

ノダル選手は、国際大会の出場経験は浅かったようだが

そうは言っても、オリンピックに出場する選手。

「技量不足」の一言で片付けてしまえるものだろうか?

実際、ノダル選手の事故前には、女子選手も練習中の事故で意識不明になったというし

前回金メダリストのアルミン選手も、制御不能になり

コースを逸脱してしまったというではないか。

ノダル選手の死亡事故を受けて、グルジア大統領は

「選手の人為的ミスが原因という調査結果を聞いた。しかし、スポーツにミスは付きもの。

選手のミスが死につながるような状況はおかしい」と競技のあり方に疑問を呈したというが

大統領の発言は尤もだと思った。

オリンピックは最高レベルの選手が出場するものだけど

死ぬか生きるかの瀬戸際でプレイしていたの?

一瞬、バランスを崩したりするだけで死んでしまうようなものがスポーツなの?と。



その後、コースの壁を高くしたり、鉄柱にクッションを巻いたり

出発地点の変更をしてスピードが出ないようにして、競技続行をしたようだけど

はじめから、万が一の事故を想定して

壁を高くしてコースアウトしないように安全策を取っていれば

今回の悲しい事故は起きなかったんじゃないかという気がしてならない。

ノダル選手のご冥福をお祈りします。


↓ノダル選手、安らかに↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

マイスターが作るエクレア


ドイツ在住歴の長いお友達が、エクレアを買ってきてくれた。

ドイツ人マイスターが作ったエクレアを。

じゃ~ん!

P1130332.jpg

で、で、でかい。

縦20cm、横幅6cmもあるどでかエクレア。

熊子のエクレアのイメージって↓みたく、片手で持てそうなコンパクトサイズ。

limited_img27_1.jpg
(写真:YOKUMOKUより)

フワフワの生地で、軟らかめのクリームが中に入ってる感じ。

一方、このドイツエクレアは、生地が固くて

普段、顎を鍛えていない熊子は、食べてて疲れるほどだった。

かぶりつくにも大口開けなきゃならないし。

はじめから固い生地を作ったというよりも、軟らかい生地を作り損なったみたいな仕上がり。

中には濃度の濃いカスタードクリームが、生地からはみ出るほど入っていて

言うまでもなく激甘。

結局、完食できず、熊坊の腹に納まった。

お友達は、「評判のおいしいエクレア」ということで買ってきてくれたんだけど

そこはやっぱり、ドイツ菓子。

やたら甘ったるくて、好きになれません。

ごめん、友よ

未だ、おいしいドイツ菓子に巡り逢えていません。

この国は、一体、どんなデザートならおいしいのだ?


↓エクレア大きすぎ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

スモウの次はスノボ


昨日の記事で、みなさんからを受けた熊坊。

「あぁ、熊坊のイメージがどんどん悪くなっていくぅ~」だって。

しゃーない。自分がやったことだから



さてさて、オリンピックがまもなく開幕する。

が…「メダルがいくつ獲れそうか」とか「選手の調子はどうか」とかじゃなくて

また別のゴタゴタで日本を騒がせてるのだとか。

相撲騒動が一段落してきたところなのにね。

お騒がせ者はこの方↓(写真はJOCより)

kokubokazuhiro.jpg

スノーボード日本代表 国母選手 21歳(東海大学)

なんでも、日本からバンクーバーに移動する際に服装が乱れていたのが原因で

団長より注意を受け、入村式に出席できなくなったのだとか。

更に、その後の記者会見の様子が、反省の欠片もなかったようで

日本のマスコミが得意とする批判が始まったというもの。





う~む。

シャツのボタンをはずし、ネクタイは緩め、シャツはズボンから出し、ズボンをずり下げて…

って、これ一昔前(今もなの?)に流行った、男子高校生の服装じゃない。

この格好、たしかにだらしなく見えるよねぇ。

本人は格好良いと思ってるんだろうけど、日本代表として渡ってるんだから

公人としての振る舞いが求められるのは当然かな。



記者会見も、自分の失態について問われてる割には

ふんぞり返って座っちゃって、答え方もまずかったような。

「反省してま~~す」なんて言ったら、「反省してません」と言ってるようなもの。

でも、熊子は驚いたのは、彼の言葉遣いと発言内容の薄さ。

動画にはないけど、記者から「選手村に入った感想は?」と聞かれて

彼は数秒考え込んだ後、「えーと、なんだろう…うーん…景色がいい」

オイオイ

彼、一応、大学生でしょ?

これだったら、元横綱・朝青龍の方がきれいな日本語話すし

もっと気の利いたこと言えるけど。

まぁ、試合前にどうこう言われるのもかわいそうだと思うので

国母選手は時差ボケ中ということにしといてあげましょう

なにはともあれ、日本選手ガンバレ


↓熊子の応援もよろしくね
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
 

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

厳しすぎませんか


熊坊が日曜になって突然言い出した。

「忘れてた!明日は職場にお菓子を持っていく番だった」

えぇ!?

熊坊の職場では、会議の際に職員がお菓子を持参する風習があって

定期的に順番が回ってくる。

現実としては、単身者よりも既婚者の方が回数が多くなり

遠い東の国からやってきた熊坊が持参するものとなれば

関心が高まり、期待は大きくなる。

結果…熊子のプレッシャーが高まる

まぁ、頭を抱えたところで、腕が急激に上がるわけではないので

自分のできる範囲で作るしかない。


が、何で今になって言うのよ熊坊!

日曜はスーパーもどこも閉店。

家にある材料で作るしかない。

それか仕事に行く前にどこかでケーキでも買っていくか。

でも、人数が多いので、とんでもない額になってしまう。

ということで、慌てて冷蔵庫の中をチェック。

卵OK、粉OK、牛乳OK、アーモンドパウダーOK、あとがあった。

となれば、これしかない!ということで、アップルタルト30人分。

P1130349.jpg

どうだ!熊坊!!

熊坊:「う~ん、これはちょっと持っていくのはどうかなぁ…」

熊子:「はい?」

熊坊:「前回作った方が上手だった」

えぇ、たしかに。熊子もそう思う。

慌てて作ったから、生地をゆっくり寝かせられなくて

パイが焼いてる途中でダレてしまったのだ

熊坊:「それに、ちょっと焼き過ぎじゃない?」

だって、30人前作るのって本当に大変なんだよ。

分量だってよくわからないし、手探り状態で作ってるんだもの。

焼き時間だって、生焼けが怖くて。

でも、中はちゃんとできたよ。味だって。

P1130356.jpg

え?切っちゃって良いの?って?

だって、結局このタルト、熊坊のお気に召さなかったようで

ただ作っただけになっちゃったから。

熊坊、最後まで職場に持っていくのを嫌がって、自分で食べちゃった!

あんた、カロリー摂りすぎ!

というか、熊子、プロじゃないのよ。

だから、上手に作れないんですよ。

自分で作れないから熊子が大変な思いをして作ってるのに

求め過ぎじゃない?厳し過ぎない?

よっぽど熊坊には許せない何かがあったみたいだけど

そこまでこだわる必要はないと思うんだよねぇ。。。

頑張ったんだけどな。

熊坊、どんどん求めるレベルが上がってきてるような気がして

戦々恐々の熊子です。


↓熊子に応援ポチをよろしくです↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

エスカレーター


熊子が日本ってすごいなって思うものの一つに、エスカレーターがある。

何がすごいかって、足を置く段と手を置くベルトが、同じスピードで動くこと!

当たり前じゃないかって!?

いやいや、これが当たり前じゃないんだな。

こっちでは、同じスピードで動くエスカレータの方が珍しいくらい。

手だけ先に行っちゃって、身体が引っ張られたり

逆に手だけ遅くて、バランス崩しそうになったり。

日本では感じたことのない感覚だったんだけど

こっちのエスカレーター、結構な確率で微妙に速度が違う。

ここを読むと、手と足の速さを連動させるのは難しいようだが

要するに、メンテナンスの有無の影響もあるかもしれない。

ベルリンのエスカレーターなんて、いかにもメンテナンスしてなさそうだもんな←印象だけど

電車の前科もあるしね。

乗ってる間に、手を置きなおさないと転びかねないから要注意だよ



さて、今日のごはんはカルボナーラスパゲティ。

P1130705.jpg

パルミジャーノ・レッジャーノにペコリーノ・ロマーノチーズを加えるだけで

コクや香りがすごく良くなる

パック入りのものではなく、チーズコーナーで塊を買ってきて

調理する直前にすりおろす。

面倒くさい作業だけど、おいしさが全然違うのだ。

生クリーム、順調に減ってます


↓励みになります。ポチしてね↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

おそるべしドイツ女


駅のホームで知人を待っていたときのこと。

到着した電車から、男が勢いよく飛び出してきた。

そして、向いに到着した電車に飛び乗ろうとした。

そのとき!

同じ電車から続けて下車してきた女が、その乗客に体当たり~!アタック~!

そして、女と一緒にいた背の高い男が、1mぐらい離れたところから威嚇してる。

「ヘィ!ヘィ!ヘィ!」

えっ?声出すだけ?

助けに入らないの?

なんだ、なんだ?ケンカか?

びっくりしながらも観察してたら、乗客が男を殴った

とうとう3人で取っ組み合いになってしまった。

逃げようとする乗客、それを必死に捕まえる男女。

駅の中を悲鳴が響き渡る。



あぁ、わかった!

これは、無賃乗車の乗客vs検札の戦いだったのだ。

ご存じの通り、ドイツの駅には改札がない。

車内に検札が回ってきて、切符を持っていなければ罰金となる。

しかし、検札が来るのは稀なので、不正乗車してしまう人もいるのだろう。



結局、逃げきれなかった乗客は、罰金40ユーロを支払い

検札が去った後、うつむいた顔で渋々切符を購入。

あぁ、痛い思いして終わっただけなのねごめんなさい



それにしても、強いな、検札。

絶対に逃がさないし、乗客からの暴力にも屈せず。

でも女だけ?

一緒にいた男は身体が大きかったのに、女に取っ組み合いさせて格好悪かった。

彼女、プロレスラー体型で、典型的ドイツ人の体格してた。

こんなパワー系の人に、一発お見舞いされたら大怪我だわ。

ドイツ女って、気だけじゃなくて、力も強いのね。

おそるべしドイツ女


↓ドイツ女こえぇ~↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

世界最低レベルの日本の教育


大使館でノーベル化学賞受賞者野依氏の講演会のとき

研究に限らず、教育費全体の国家予算についての話もあった。

とにかく、日本は、公的予算配分が世界主要国の最低レベルだそうで

その平均の半分程度しかないということだった。

ほうほう、それは初耳。

ということで、自分でも少し調べてみた。



OECD(経済協力開発機構)30ヶ国中のうち、GDP(国内総生産)に対する教育予算が

最も低い。しかも断トツ。

端的に言えば、国は教育に金をかけていないということだ。

わかりやすいように、グラフにしてみた。

(トルコとルクセンブルグは不詳)


教育費対GDP


うっひょ~!ホントだ。

紫色の線がGDP。世界第二位だ。

水色の線がGDPのうちの教育に配分された割合。

GDPが断トツ高い(=金持ち)けど、教育予算が断トツ低いのも歴然。

熊子、こんな状態だったとは、知らなかったなぁ。。。



グラフからは、北欧が教育予算の配分が高いのがわかる。

これは言われてる通りなんだね。

逆に南欧諸国は低め。

北欧は世界学力テストも上位の常連だし、母国語の他に英語が話せる人も多いと聞くし

お金掛けてるだけあるんだなぁ。



世界学力テストの上位常連だった日本は…もうそんなの過去の話。

「ゆとり教育」なんて言葉が巷を賑わせた頃があったけど

学力レベルは落ちる一方で、家庭の経済力がそのまま学力に反映されてるそうだ。

つまり、国家が教育を充実させていないから

親が私財をなげうって教育を受けさせてきた日本。

塾だったり、お稽古ごとだったり。

不況で家庭経済が苦しくなってくれば、そりゃ、教育に掛けるお金は減ってくる。

国立大学よりも私立大学の学生人口が多いという、世界的にも珍しい国で

親はきっとすごく大変な思いをしているのだと思う。

こういうのが少子化にも繋がってるんだろうね。



このグラフを見たとき、一瞬思ったよ。

国がお金掛けない割には、日本人はよく世界に肩を並べてこれたよなと。

科学技術もそうだし、経済だって、世界的に見たらとても豊かな国。

でもそれは、親たちが個人資産の中から必死にお金を出してたからだし

「詰め込み教育」って批判されたけど、それだけ努力してたから

私たちは多くのことを学ぶことができたのだと。



で、こちらドイツは学校が無料。

大学だって、日本から比べたらほんの少しの

アルバイトで十分賄えるぐらいの学費で通学できる。

でも、ほんの少しの人しか大学へ通えない。

小学校は4年制で、卒業時に進路の第一段階が決まってしまい

究極に言えば、学問の道へ進むか、職人になるかが決まってしまう。

小学校の成績が悪ければ、大学に行く道はほぼ閉ざされる。

だから、大人になったとき、勉強できる人とできない人の差がとてつもなく大きい。

残念ながら、勉強ができない親は、我が子の勉強を見てあげることもできず

結果的に子どもも勉強ができない→高校・大学には行けない→職業選択が狭まる

という親子何代にも渡る図式が出来上がる。

もちろん、これが全てじゃないと思うけどね。



それを考えると、日本の学生は随分と恵まれてるな~と思ったり。

だって、大学生にもなって「将来やりたいことがない」とか「これから見つける」なんて

きっと、こっちだったら「じゃあ、何で大学に通ってるの?」なんて言われちゃうよ。

そんな呑気なこと言えるのも、親のおかげ。

感謝、感謝。



民主党政権になって、高校を無償化するって言ってるけど

それが本当なら、親も助かると思う。

でも、大不況で税収減ってて、大赤字なのに、どこに財源あるのかな?

一つ言えることは、各家庭で教育費が捻出できなくなってきているのだから

国が教育にお金掛けないままだったら、間違いなく日本人の学力は落ちる一方。

教育って、お金掛けたからってすぐに効果が見えないのかもしれないけど

日本を支えるためには、掛けなきゃいけないところなんじゃないかな…と。


↓「教育は大事」な方はポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

生クリーム祭り


わーい!

生クリームを激安でGET~!

じゃ~ん!

生クリームタワー!

P1130159.jpg

200ml入り1つ9セント! 約12円!!

卵祭りに引き続き、お菓子作りをするにはありがたい限り

行きつけのスーパーでは、たまに常識的とは思えない

大サービスをしてくれるから、すごく助かる。

予告なしのタイムサービスだから、運任せなんだけど

その分、出会えたときには嬉しさ倍増

早速、生クリームを使って、サーモンとほうれん草のパスタを作った。

P1130592.jpg



デザートは卵ロール。

バナナを入れて、巻き巻き巻き。

P1130326.jpg

20cm角の大きさで卵が5個も入ってるので、ふわっふわ

一般的なロールケーキよりも、生地のフワフワ度は圧倒的に高い。

まさに「卵ロール」という名がピタリのお菓子だ。

クリームはお気に入りのコーヒー風味。

熊坊だけでなく、お友達にも配ったら大絶賛だった

すぐにまた作るように注文が入ったので、リピ決定~

P1130362.jpg


↓フワフワ生地大好き!というあなたはポチ↓
  にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

あいつが好きだった


「ドルゴルスレン・ダグワドルジ」

この言葉を聞いて意味がわかった人は、かなりの相撲通

「横綱 朝青龍」こと本名「ドルゴルスレン・ダグワドルジ」の引退報道が

日本を賑わせている。

なんでも、先場所中の未明、六本木界隈で泥酔して暴れる騒動を起こしたと

写真週刊誌に報じられたことがきっかけで、引退に追い込まれてしまったのだとか。

これまでにも、「優勝を決めたときに土俵上でガッツポーズをした」とか

「巡業をさぼってモンゴルでサッカーした」とか、世間を騒がせてきたが

圧倒的な強さが魅力だった。

長~い相撲の歴史の中で、歴代3位の優勝回数を誇り

前人未踏の6場所連続優勝(一年間、全部優勝)という記録の持ち主で

先場所も優勝したばかり。

この先も、記録を伸ばしていける、朝青龍はまだまだ強い!

そんな風に思った人も多かった中での、突然の引退。

実に残念。



熊子、この破天荒はところが結構好きだったんだけどなぁ。

「朝青龍は横綱としての品格が足りない」って、よくバッシングされてたけど

海外で育った外国人が、日本のしきたり、価値観、道徳感を身につける

しかも、見本となるように振る舞わなきゃならないって、大変なことだと思うよ。

マスコミも、バッシング報道ばかりで

朝青龍がこれまでしてきた社会福祉活動には触れなかったのも、偏向的な報道だったと思う。

貧しい祖国・モンゴルに医療機器を贈ったり

モンゴルの子どもを日本に呼んで相撲を経験させたり

いろいろな社会奉仕活動もしてて、彼から見習う部分もあったはず。

でも、バッシングされるようになったのは

きちんと育ててあげなかった親方の責任が大きいね。

超本人の親方は、朝青龍引退についてどこか他人事で

「こういう辞め方は朝青龍らしいんじゃないか。ガッハッハ(笑)」なんて言ったり

引退会見の後も焼肉屋さんでパーティーして、ニコニコしてたらしいけど

指導者としてどうなのよ!?って感じ。



あーあ、来場所から相撲観戦つまんなくなっちゃったなぁ。

「朝青龍」=「愛称 ドルジ」と呼ぶファンも多かったんだけどな。

強い朝青龍が負けるところ見るのが、相撲ファンの楽しみの一つでもあったんだけど

そんな光景はもう見られない。

寂しいよ。



で…こんな寂しいときは喰うしかない!ってわけで

ご馳走というわけじゃないけど、野菜あんかけチャーハン←結構好きなのだ

P1110980.jpg

デザートは、フランボワーズ入りクラシックショコラ アングレーズソース添え

P1110581.jpg





mrt0901111918004-n1.jpg

闘志むき出しなあいつが好きだったよ。

ドルジ、良い思い出をありがとう~


↓相撲を支えてきたドルちゃんに感謝ポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

外出(BlogPet)

熊子は、外出したの?

*このエントリは、ブログペットの「とん熊」が書きました。

吹雪


ひぇ~、すごい吹雪だった。

雨に見えるけど、これ雪

[高画質で再生]

吹雪 

目の前の近代的な建物はベルリン中央駅。

因みに手抜き工事。

あ、それは関係ないか。

で、こんなときに限って、家の中に食べ物がない!

天気悪くて買い物に行ってなかったからね。

家にあるのは、カップラーメンとか、パンとチーズだけとか

夕飯にするにはちょっとなぁ~って感じのものしかなかったので

熊坊と外食することにした。

つーか、こんなときに出かけていくなんて

おれら、バカ夫婦

家を出るときには雪がやんでて、寒いだけだったけど

歩いてるうちにどんどんどんどん雪が強くなってきて

いつのまにか、吹雪になっちゃった



で、何を食べたのかというと…

P1130628.jpg

ビーフプロバンスバーガー。

って、何で、大変な思いして外出したのになのぉ

夜遅くて、開いてる店といえば、ピザ、ケバブ、フィッシュ&チップス屋ぐらい。

身体に悪~。

ビーフプロバンスバーガーは、サンドウィッチみたいだった。

菱形をしたパンには、香草がついてて爽やか系。

ソースは、サルサソースとちょっとマヨ。

具は確認できなかったけど、ツナっぽい味もした。

てか、小さい

手の平サイズで、お腹いっぱいにならなかった。

客が少なかったためか、ポテトも冷え冷え。

日本は、時間が経過したポテトは廃棄されると聞いたが

ドイツではいつまでも放置しとくのか??



ところで、この日行ったは、ドリンク飲み放題なんだけど

1杯飲み終えたところで「寒い、寒い」と脱いでいたコートを着だした。

そりゃまぁ、冷たいジュース飲めば、寒くもなるわな。

でも、もう1杯ぐらい飲まなきゃ損って思ったみたいで

再び1杯飲み始めたところで

ぎゅるるるるるるるぅ~お腹がグー

お腹が痛くなってしまったようだトイレに駆け込み

トイレへ駆け込んだのは良いけど、一向に出てこない。

有料トイレは、一回入場するたびにお金を徴収される。

でも、一度入れば時間制限はない。

(公衆トイレは時間制限有りで、突然ドアが開くのでご注意を

だから、またお腹痛くなっちゃったらどうしよう!って思って

トイレの中でずっとモジモジしていたらしい。

たしかに、トイレ2回分もお金払うのだったら、ハンバーガーもう一つ買えるし。

結局、熊子はほぼ一人マック状態で、とてもつまらなかった。

こんな寒い日に、冷たいジュースをガバガバ飲んだもんだから

お腹がびっくりしちゃったのね。

でもさ、飲み方考えなよって感じ。子どもじゃないんだから。



夕飯のチョイス、完全に失敗。

大変な思いをして外出した割には、満足感がなかった。

バカ夫婦、撃沈


↓バカ夫婦に救いのポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

雪・雪・雪


いや~、毎日よく降るねぇ

熊子、雪はどれだけ降ってもかまわないけど、寒いのは勘弁。

でも、雪かきしなきゃならない人にとっては

今年の雪の量には辟易してるんじゃないかな。

雪かきに精を出してる皆さん、お疲れさまです


雪が降ると、朝早くから除雪車がやって来て

熊子の安眠を妨害してくれるんだけど

いくら仕事しても追いつかない!ってわけで

今日は、すごい大勢でやってきた。

P1130420.jpg

オレンジ色の車は全部除雪車。

車だけでなく、人力もフル回転。

P1130422.jpg

この雪かき隊、普段は街のゴミ拾いをしてくれてるみたいだけど

ゴミ拾いどころではない状態になっているので、雪かきに回されてしまったのだろう。

悪天候の中、外で仕事をするのって、すごく大変だよね。

で、パシャパシャ写真を撮ってたら

P1130419.jpg P1130419 (2)

「やっほ~」「格好良く撮ってよ~」

って、言いながら、手を振ってきた。

こんな陽気なんて、ドイツ人じゃないのか?移民??

寒すぎて、テンションおかしくなった??

とりあえず、熊子も手を振っといた



そういえば、大雪が降り始めたばかりの12月には

ドイツ全土で、子ども用ソリが売り切れ続出で

その結果、盗難が相次いだ。

盗んできたもので子どもを遊ばせる神経が理解できないのだけど

雪が降り続いてからは、店から雪かきシャベルや砂利、雪用塩が売り切れ

結果、再び盗難続出らしい。

庭とかガレージから、盗んできちゃうんだろうな。

みんな、自宅前で転倒されたら訴えられちゃうから

そのために必死なんだろうけど、人の物取るのはやめようよ。

そーいえば、日本でも石油代が高騰したとき

盗難が相次いだってニュースやってたな。

こういう話はむなしくなるから、雪かきに話題を戻そう。



P1130423.jpg

除雪車が雪を道端に寄せるけど、雪が融ける前にまた降るもんだから

道路には大きな山がいくつもできてる。

これ、どうするんだろ…と思ってたけど

さすが、極寒の街。ちゃんと考えてるのね。

雪回収車まで出動してきた。

P1130418.jpg

ベルリンの財政は、慢性的な大赤字なのに

雪が降れば降るほど、財政を圧迫するんだろうな。

雪かき隊、ガンバレ!


↓雪かき隊に応援ポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

ドイツde玄米生活


体内環境正常化を目指す熊子、一体、何を食べたら良いのだ?

スーパーに行けば、身体に悪そうなものばかりに目が行く。

あぁ、海藻が食べたい!蒟蒻が食べたい!

熊子、本当に何を食べたら身体に良いのかわからなくなってきちゃったよ。

だって、「身体に良い=和食」ってイメージだけど

ここは、和食が頻繁に食べられるような環境じゃない。

ならば、どうしたら良いのだ!?jumee☆think2

考えた結果、熊子がチョイスしたのはこれ↓

P1130525.jpg

キラキラ・オレンジ玄米キラキラ・オレンジ

玄米と言えば、健康食品の代表。

BIOショップに行って、人生初の玄米ご飯にチャレンジ。

おいしくないって聞いてたから、白米にちょっとだけ混ぜて炊いた。

慣れてきたら、玄米の割合いを増やそうかと。

ほとんど白米に見えるけど↓

P1130571.jpg

これ、うまい!

玄米って結構おいしいじゃん。

軟らかめに炊いたつもりだったけど、プチプチ感が残ってて

嫌でも咀嚼回数が多くなる。

噛めば噛むほど味が出てきて、素朴だけどおいしい。

ちょうどトロロがおかずだったから、ご飯が進んじゃって3杯も食べちゃったよ!

全然ダイエットになってないガーン



が…なんか、腹が張るお腹がグー

食後2~3時間してから胃痛も始まった。

も、も、もしや、玄米のせい?

 検索中…

そうか、そうだったのか。

消化が悪いから、胃腸の弱い人や病中病後の人には向いてないんだ。

消化が悪い⇒腹持ちが良い⇒ダイエットに向いている

いくら身体に良いと言われている食品でも、食べ過ぎたらダメなんだねぇ。

当然のことだけど、身に沁みてわかったわ。

玄米は栄養豊富だから、その分、副菜の量を減らしたり

ご飯自体も少なくしないといけなかったみたい。

あとは、カルシウム吸収が阻害されるから、カルシウムも余分に摂らなきゃならない。

トロロ+玄米ご飯3杯+天麩羅にしちゃったよ。

まったくひどい食べ方をしてしまったな。



元々、胃腸の弱い熊子、胃痛になって当然だったかも。

胃痛は翌日まで続き、翌朝はお腹がぴゅるるる~になってしまったトイレに駆け込み

玄米は便秘に良いらしいけど、出過ぎで困ってる人が食べたら、もっと出ちゃうのかしら!?

自分に合った食べ方、研究しますアップロードファイル反省


↓玄米生活に応援ポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

こういうドイツ人嫌


昨年、Gruene Wocheに行ったとき、シリコンケーキ型をたくさん買ってきた。

GugelhupfStern24cm28lFassungsvermoegen.jpg

1つ15ユーロ(約2000円)程の高級品。

ところが…

実際にケーキを焼いてみたら、ゴム臭さがケーキに移って

とても食えたもんじゃない!

シリコン自体に臭いはないんだけど、焼くと何故かぷ~んぷ~ん

そのお店が今回もまた出店してて

店の外から商品を見て、「これ、失敗したよねぇ」なんて日本語で言ってたら

店員が近づいてきて、いかに自社製品が素晴らしいかを説明しだした。

他社との違いを強調して、あまりにも「素晴らしいのだ!世界一だ!」みたいなこと言うから

正直に言っちゃったんだよ。

「去年、何点も買いました。でも、ケーキを焼いたら、ゴムの臭いがしました。

ゴム臭さを消す方法、何かありませんか?」

店員、教えてくれるのかと思ったら…

「あり得ない!我が社のシリコンは超高級品だ。

あなたが買ったのは安物だろう!ここで買ったなんていい加減なこと言うな。

記憶違いだろう?うちのは高いんだから、そんなことあるはずがないムカッ

逆ギレかよ。

自社製品に自信を持つのは良いことかもしれないけど

客の声を完全否定し、挙句の果てに自社製品じゃない!

なんて言っちゃうなんて、あり得な~いjumee☆shriekL

こういう会社は伸びないね。

つーか、熊子、別に返金しろと言ったわけでもないし、責めたわけでもないし

単純に、どうしたら良いかという相談だったんだけど

思いもしなかった相手の反応にびっくり。

でも、ドイツ人らしいなと思った。

絶対に非を認めない、逆ギレして相手が悪いと弁明することに奔走するドイツ人。

日本では、こういう人にあまり出会ったことがなかったけど

ドイツでは、珍しくないように感じる。

こういう人には何を言っても無駄。

更に不愉快になるだけだから、相手にしないのが一番。

「そうなんですよ、貴社のは超高級品で高かったから

使い物にならなくて困ってるんですよ」とだけ言って帰ってきた。

ひどい対応されてムカッときたから、他にも言いたいことはたくさんあったけどね。

もしかしたら、食に鈍感な

お世辞にも、味覚が研ぎ澄まされてるとは言えないドイツ人。

ゴム臭いケーキを食べても気づかないのかもね。

客の話に耳を傾けようともしない、こういうドイツ人は大嫌いだ。

あーあ、ホント無駄な買い物したよ。


↓こういう人に出会ったことある方はポチっとね↓
  にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

01 | 2010/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。