ベーコンマン


ホテルの朝食バイキングは、熊子にとって楽しい時間である。

他の客の盛り付けた皿を見ると

普段、どんな食生活をしているのかが垣間見れるからだ。

食べ放題で、品数がたくさんあるのに

コーヒーだけの人、ミューズリーだけの親子

「朝食代がもったいないうよ~」と思う人も少なくない。

↓今回はこんな感じ。

P1180578.jpg

ドイツ圏とは違って、北欧のホテルは大抵サラダもあるし

種類も豊富に用意されているので、熊子には助かる。



で、熊子たちの隣に座った男性二人組。

イギリス英語を話していて、痩せと肥満体型の二人。

肥満の彼は、皿いっぱいにベーコンとジャガイモを載せている。

この二種類だけをてんこ盛り。

痩せの彼は、ベーコンだけを、てんこ盛りにしてる。

熊子、びっくりしてしまって、思わずツッコミ入れそうになったが

彼らは「これがいつもの朝食」と言わんばかりに食べだした。

しかし、ベーコンonlyの彼は、ひどく喉が渇くらしく

ジュース置き場の前で、立ったままガブガブ飲み

その後も、ジュースを自分の席に持ってきては座らずに立ったまま飲み

そのまま、またおかわりに行くということを繰り返していた。

そりゃそーだ。

ベーコンだけ食べてたら、塩分強いんだもの

喉が渇くに決まってる。

でも、大量に飲んだら、後でお腹痛くなっちゃうよ~

うーむ、この人は、普段からベーコン朝食なんだろうか?

それとも、普段、ベーコンが食べられなくて

塩辛いのを知らずに、ここぞとばかりにベーコンを食べてしまったのだろうか?

って、まさかねぇ

このベーコンマン、翌日も同じ行動を取ってたよ



反対側の席に目を移してみたら、これまたびっくり!

うるさい中国人団体客の一人が

トーストをフォークとナイフで細かく切って食べてるではないか

サンドイッチでも何でもないただのトーストを

ギコギコナイフの音を立てて食べている。



そして、衝撃的なことをしでかした。

↓こんな風にスタンドに立てて、スプーンで食べる半熟卵を手にした中国人。

P1190065.jpg
(写真は熊子の卵スタンド)


殻を少しだけ剥き、スプーンを手にするのかと思いきや!

じゅるじゅるじゅるじゅる~!

キャー!やめてーー!!

殻を剥いたところに口をつけ、これ以上ない汚い音で吸ったのだ!

まるで蕎麦をすすっているかのような音を、レストランに響かせて。

朝から勘弁してくれよぉ

てか、食べ方完全に間違ってる。

自分自身も不愉快だったけど、周囲の外国人から

この中国人と同郷の人間と思われてそうで、すごく恥ずかしかった。

非アジア人には、中国人と日本人の区別がつかないみたいだからさ。

あー、もうやだやだ。



ベーコンばっか食べて喉が渇いちゃうのは、自業自得だからどうでも良いけど

周囲に迷惑をかける食べ方だけは辞めてほしいね。

世界にはいろいろな人がいるなぁ。

そういう熊子も、「チビなのに、朝から随分食べる女だな」

なーんて思われてたりして


↓ベーコンonly朝食が無理なあなたはポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

北欧からの帰り道


ただいま。

ベルリン寒~

緯度が高い北欧の方が、不思議と温かいし、天気も良かったな。

ベルリンは、秋も少し深まったかのような気温。

あっという間に冬になりそうで嫌だなー



爆弾を受けた後、また悲劇があってガックリきちゃった。

空港に行くためにコペンハーゲンに戻って、半日だけ観光してたんだけど

電車の一日券を気付かぬうちに落としてしまったのだ。

70クローネ=1000円以上の切符を。

あー、痛いミス!

自分でやってしまったのだから、言い訳のしようがないのだが

手元に残ってる現金は5クローネほど。

100円にもならない額で、なーんにも買えない小銭1個。



熊坊にはひたすら謝るしかできなかったけど

一度も責めるような言葉が出てこなかったのが

我が夫ながら、すごいなと思った。

熊子は心が小さいから、こういうとき言っちゃうんだよね。

「もー!何やってんのよ~」って。

ダメダメ人間なのだ。

でも、こういうとき、熊坊は何も言わない。

普段から滅多に感情を表に出さない人だが、こういうときも無感情だ。

「落としちゃったのはしょうがないよ。また買うしかない」

それで終了。

お金があるから、こういうことをサラッと言えるわけじゃなくて

大騒ぎしたって、どうにもならないとわかってるからだと思う。

こういう対応は、救われるときもあるんだけど

一概に良いと言えるわけでもない。

観光地のショップで明らかに騙されてるとわかっていても

「仕方ないよ」で済まそうとしたり

普段、スーパーやデパートなんかで

セール商品を買ったにもかかわらず、レジで割引されないときなんかも

自分から抗議しようとしない。

「きっとセール品のところに紛れちゃってただけで、本当はセールじゃないんだ」

とかなんとか言っちゃって、何でも穏便に済まそうとする傾向がある。

熊子に「ちゃんと言わなきゃだめ!」って強く言われて

渋々、「あの~、すみませんが…」と言う始末だ。

良くいえば、「温和」だが

悪くいえば、「事なかれ主義」「小心者」と言ったところか。



切符を落としたという話から、だいぶずれてしまったが

熊子に対して何も言ってこない熊坊を見て

そんなことを一人悶々と考えていた。

そして、自分が喜怒哀楽が激しい女だから

熊坊みたいな奴ががちょうど良いのだ…

そんなことも考えながら、北欧の街を見下ろしていた。。。


↓バランスが大事だぽち↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

爆撃


街の中心地にある噴水。

P1180622.jpg

ごく普通の噴水に見えるけど、よく見るとなんだか気持が悪い。

目、鼻、口、耳…穴という穴から水が吹き出してる。

P1180624.jpg

なんだか汚ならしいぞー。



ショッピングを済ませ、ベンチで昼食。

久々のコンビニ弁当なんて買ってみた。

P1180870.jpg

マカロニサラダ。これで55クローナ。635円。

サラダ1個で600円以上って、高いよなぁ

これでもまだデンマークよりはだいぶ安い。

P1180700.jpg

むしゃむしゃむしゃ。



ひゅ~~~~ぼと!

ん!?

え!?

ぎょえーーーー!!!
上からなんか降ってきた~


P1180628.jpg

爆弾が熊子を直撃!

P1180629.jpg

あ~、もう最悪!

ねっちょりしてて、熊子の服にベッタリ

ご飯の上にもねっちょり

あーもう!何でよりによって、熊坊じゃなくて熊子なんだ!

拭いても服の汚れは落ちず、気分もどんより

さっさとベルリンに帰って洗濯するべ。

P1180632.jpg

というわけで、熊子の北欧旅行は

爆撃を受けて終わりを告げたのだった。。。


↓哀れな熊子に愛のポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

さらばデンマーク デザインの街へ


物価が高過ぎて、思うように遊べなかった熊子。

人魚姫もいなかったしいじけるイジイジ

観光地のレストランは、びっくりするような値段で

毎晩の食事も「今日はどうする~?何が買える?」状態だった。

というわけで、貧乏人はさっさと退散。

次の国へレッツゴ~

P1180670.jpg

コペンハーゲンからエーレスンド海峡を渡って、に到着。

2000年に完成したばかりのエーレスンド橋を使えば、1時間もしないうちに着いてしまう。

橋が完成する前は、船で渡ってたらしいけど

今はおんぼろバスと最新ハイテク列車が走ってて、アクセスも楽々。

ドイツでは、海を見ながらドライブなんてことはできないので

久々の景色にうっとり

P1180678.jpg



で、またスウェーデンに行ったの?と思われそうだが

先月行ったストックホルムとは全く違う「マルメ」ところに来ている。

マルメは、スウェーデンで最も南にある街で、スウェーデン第三の都市。

インテリア、家具の北欧デザインの中心地の一つで

街の中には、デザインショップがいっぱい

10m歩けば、デザインショップにぶつかる!というほど、お店が点在している。

日本から訪れる人もいるようで

北欧デザインが好きな人にとっては、お金さえあれば天国のような街だ


↓フォルムデザインセンター内のカフェ

P1180600.jpg P1180599.jpg

北欧デザインは、カラフル&シンプルが特徴だね。

使いやすいのかどうかはわからないけど、高価なのは確かだ。

P1180604.jpg 

P1180605.jpg

北欧は、インテリアだけでなく、有名なファブリックメーカーや食器メーカーもあって

今回は、そっちの方も楽しみにしていた。

入念な下調べをして、街外れの生地専門店に行ってみたら…

倒産

うーん、不況の煽りなんだろうか…。

気を取り直して、次の店まで足を運ぶ。

ひゃっほ~い!

P1180601.jpg

marimekko、almedahls、KINNAMARKなどなど、北欧を代表する生地がいーっぱい!

テニスコート大の店の中には、数え切れないほど陳列されていて

熊子、大興奮

熊坊は、値札を見て意気消沈

あれも欲しー!これも欲しー!状態で、店員と相談をしながら

2時間程お店にいたかな。

商品を決め、会計を済まそうとしたら…

店員「2週間後に引き取りに来てください」

はい?

「今は売ることができないから、また来てください」

え?

てか、あんた、私たちが旅行者だと知ってるでしょ。

何で先に言わないのさ!時間の無駄になったじゃないかー!

店員は言葉を続けて言った。

「どうしても取りに来れないなら、送ってあげても良いけど」

熊子「送料はいくらかかりますか?」

店員「知らない」

出た出た。ここにもあったよ、サービス砂漠。

まったくもう



どうしても欲しかったから、送ってもらおうかと一瞬考えたんだけど

「送料なんか知らないわ」と言ってのけてしまう店員が

最後まで責任を持って仕事してくれるとは思えないし

後々、いくら請求されるのかわかったもんじゃないから

残念だけど、諦めることにした。

その後、街をグルグル回って、いくつかお店を見つけたけど

欲しかったデザインが売ってなくて、意気消沈

地元の人間じゃないって店員はわかってるんだから

買っても受け取れないのなら、はじめに言ってほしかったよ。

こういうところが、日本のサービスと違うところだよね。



一番欲しかったのが買えなかったのは残念だったけど

それなりに買い込んでこれらから満足満足

↓こんなAlmedahlsのキッチンタオル買ったら、熊坊に引かれたけど

twa-cr0079_20100813192740.jpg

なんともいえない怪しさが、熊子にはたまらない


熊子ブログを応援してくれる方は
↓ぽちぽちっと両方押してね↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

消えた人魚姫


コペンハーゲンの観光地の一つに「人魚姫の像」がある。

とても有名な観光地なのだが、期待するほどでもないということで

「がっかりする観光地」としても有名だ。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話・人魚姫を基にした像で

コペンハーゲンに訪れる観光客の大半は、足を運ぶのではないだろうか。



人魚姫の像は、これまでに何度も破壊されたことでも有名だ。

1964年に芸術家たちによって頭部が持ち去られ

1984年に像の右腕が切断され

1990年に頭部が再び切断されかけ、首に深さ18cmの傷を負い

1998年に再び頭部を失い

何度も赤ペンキをかけられ

2003年には、爆弾を仕掛けられて像の台座にあたる岩石が爆破された。

とにかく受難の多い姫なのである。



像は、海沿いの少し離れた場所に設置されていて

訪れるには、乗り物を乗り継いで、更に歩かなければならない。

熊子はそれほど期待していなかったから

像を見るくらいなら、ショッピングをしたかったのだけど

熊坊がどうしてもということで、一緒に行くことにした。

熊坊の中では、別行動というのは嫌らしい。


↓ずーっと歩いていって、何か光ってる辺が像があるはず

P1180791.jpg

到着。

P1180789.jpg

? ? ?

画面に、人魚姫らしきものが映ってるけど

これが人魚姫の像なの!?

てか、人魚姫の像って、銅像じゃなくて、映像だったの!?

まじですかー?!



そりゃ、ガッカリするわ。

ぼやけた映像見たって、何もおもしろくない。

ん?

なんか、石にチョークの跡が…。

P1180787.jpg

もしや、ここに座ってたんじゃないの?お姫様は。

また誰がぶっ壊しちゃって撤去されちゃった!?

と思ったら、なんだか少し離れたところに人だかりができてる。

もしかしたら、そこにお姫様がいるのかも!


人だかりの中にあったのは、お姫様じゃなくて、これだった↓

P1180788.jpg

はぁ~!?

上海万博へ遊びに行ってしまったお姫様。

なんと、外国旅行は今回が初めてらしい。

何でよ!

熊子が訪れるときに限って何でよ!

市民は中国へ移送させることを反対していたらしいんだけどね…。

どうやら強引に連れていかれてしまったらしい。



あーあ、実に残念。

それじゃなくても、コペンハーゲンは観光地が少なくて

これくらいしか見るものないのに、ガッカリだ。

熊子の他にもたくさん観光客が来てたけど、同じようにガッカリしてたよ。

周知が足りないんだろうね。

てか、こんなスクリーンいらない。

万博会場を映し出してるみたいだけど、解像度が低くて

何がなんだかさっぱりわからないし

中国人が会場内を行き交う姿を見たって、しょうがないもの。

これならない方が良いわ。



帰り道に大事にしてたアクセサリーを落としちゃうし

わざわざ行くんじゃなかった。

半日無駄にしちゃったよ、まったく


↓ガックリ熊子に、元気出せポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

12 | 2017/03 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
お願い
初めてコメントされる方は『コメントについてお願い』の記事に目を通してから投稿してください。 当ブログは、記事・写真・イラスト等の無断複写・転載をご遠慮頂いております。リンクを貼る場合は、声を掛けていただけると嬉しいです。 稀に政治に関する記事を書くことがありますが、一個人の感想として書いているものであって、特定の政党を応援するものではありません。また、いかなる類の署名運動にも協力出来かねますので、ご了承ください。
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード