スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっちもこっちも値上げ


今年も残すところ2週間ちょっと。

クリスマスで出費も多いこの時期

例によって新年からの値上げ情報が続々と入ってきた。

まずは、100%するだろう思っていた公共交通機関は

予想通りの値上げ。

郵便も値上げだってさ。

封筒一枚62セントが70セントに、国際郵便は80セントが90セントなるから

結構な値上げ率。

スーパーに行っても、あれもこれも値上がりしたような気がする。

“あれ?この商品、もっと安くなかったっけ?”みたいなのが多くなったような。

贅沢してるつもりはないんだけど、食費が嵩む一方でキツイ。

やりくりが下手なのかなぁ。

“来月こそ節約を頑張るぞ!”と毎月思うものの

月末になると家計簿と睨めっこしながら

“今月も予算オーバーしてしまった”と溜息。

そりゃ、そーよ。

食費も光熱費もどんどん高くなってるのに

給料だけは全然上がらないんだもの。

でも、日本にいたら

おせちの準備やお年玉等の大出費で、もっと大変かもね。

財布も心も寂しい年末です


↓クリックしてね
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

せつない入院食


入院してたんだけど

なんですか、この入院食は!?

WP_003993.jpg


凶器になりそうなカッチカチのパン1個とヨーグルト1個。

せつない…せつなすぎる。

野菜が見当たらないのはいつものことだけど

ハムもチーズもなんにもない。

いくら入院費の自己負担が無いとはいえ

これじゃあ栄養摂れないよねぇ

お腹がすいちゃって仕方なかったから

毎日、熊坊におにぎり作ってきてもらって

インスタント味噌汁飲んで凌いでた。

朝晩こんな感じの食事が続いて、つらかったなぁ


↓クリックしてね
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

65歳四つ子誕生


4月下旬に熊子ブログで

65歳四つ子妊娠』という記事を書いたが

19日に四つ子が誕生したそうだ。

妊娠26週で陣痛がきて、帝王切開で出産。

一番小さな女の子は655g・30cm

次に小さな男の子は680g・32cm

次も男の子で745g・32,5cm

一番大きな男の子は960g・35cm

と、赤ちゃんの名前と共に発表されている。

保育器で治療を受けているそうだ。



超低出生体重児として生まれるということは

様々な合併症や障害を抱えるリスクもあるわけで

更に四つ子となると

どんな子育てになるのか、熊子には想像もつかない。

しかし、熊子は今でも思う。

この65歳の母親は、精子と卵子を買ってきて

自然界ではありえない年齢・方法で妊娠したわけだけど

これから自身の手で育てることが出来るのだろうか?

すでにいる13人の子どもたちが子育てを担うのか?

シッターを雇うのか?

まぁ、熊子の心配は余計なお世話だけど

赤ちゃんたちには、幸せな人生を歩んでもらいたいなと思う。



そうだ、この記事を書いていて思い出した。

同じくベルリンの病院で

2008年に六つ子が生まれて話題になり

2011年には、体重240kgの母親が6kgの赤ちゃんを産み

このときには熊子もブログで記事にしている。

巨大児を産んだ母

ベルリン発の赤ちゃん誕生のニュースって

ビックリなことばかりだね。

先述の四つ子の赤ちゃんたちも

皆に愛されて、元気に育ってくれると良いね。


↓読んだらクリックお願いします↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

野菜ピザ


ピザ屋へ行った。

注文したのは、野菜ピザ。

DSC07387.jpg

大きな野菜がたっぷり。

こんなに野菜がどーん!とのってるピザは

なかなかお目にかかれない。

だけど、チーズが少ない??

ま、いただいてみましょう。



うーん。。。

実に食べにくい。

チーズで表面を覆ってないから

ピザを持ち上げると具がボロボロ落ちてくる。

生地、トマトソース、野菜の一体感があまりなくて

ちょっと期待外れだったかな。

やっぱり、チーズがビヨ~ンって伸びるくらいたっぷりのってる方が

熊子は美味しいと思うな。


↓ポチっとありがとう
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

65歳四つ子妊娠


P1340458.jpg

日本でもニュースになっていたけど

ベルリン在住の65歳の女性が四つ子を妊娠した話。

ネットニュースだけでなく、ベルリンの新聞でも大きな記事になっていた。

なんでもこの女性、卵子と精子の提供を受けてウクライナで治療をしてきたとか。

ドイツは不妊治療に関しての制約がいろいろとある。

例えば、卵子提供が認められないとか

公的保険の適用年齢が男女共にしっかり線引きされているとか。

女性は40歳までだったかな?

治療に挑める回数も細かく決まってた気がする。

全額自費払いの場合は、制限はないのかもしれないけど。

まぁ、そういう背景もあって、ドイツで不妊治療を受けるのが難しいから

わざわざウクライナまで足を運んだのかもしれないけど

そもそも「不妊治療」という言葉がこのケースに適しているのかわからない。



本当にわからないことだらけ。

だって、この女性はすでに子どもが9人いるし

65歳という年齢は生殖年齢ではないのが現実。

未婚で精子提供で9人子どもを授かったというのも

熊子の理解を超えていて、「何故?」と純粋に思う。

そして治療をしたウクライナの医師に対しても疑問が湧く。

年齢はもちろんだけど、一体いくつの受精卵を子宮に戻したのかって話。

着床しないと思った?

いやいや、四つ子が育ってるじゃない。

多胎妊娠は、若い女性だって母子共に高リスクになるのに

医者は母体と胎児の健康をどう考えていたのかな?

マスコミによると、現在のところ妊娠経過は順調とのことだけど

赤ちゃんは無事に育つのかな?とか、自分で育てられるのかな?とか

他人事ながら考えてしまう。

でも、65歳で四つ子の妊娠を維持できるだけの力があるのが

本当にすごいなと思う。

お腹の中に一人いるだけでも母体は大変だものね。

出産のときになったら、きっとまた大々的に報じられるかな。





さて、白アスパラの季節が今年もまたやってきた。

今年は4月に入ってもなかなか春らしい天気にならなかったから

出来栄えがどうなのかはわからないが

アスパラが出始めたら、熊子的には夏のはじまりを感じる。

第一弾は、サーモンと白アスパラのクリームパスタ。

DSC06747.jpg

事前にサーモンをソテーしておくのが少し面倒だけど

クリームとよく合うね。


↓クリックしてね
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。