親孝行作戦失敗


2月に里帰りしたときの話。

実家に帰ったら

“家事をたくさんやって、親孝行してあげないとなー”

“普段、掃除できないところもあるだろうし”

なんて漠然と思ってた。

ところが、日本へ行ってしばらくしたら喘息が勃発し

変な咳込み方をしてしまったせいか、腰を痛めてしまった。

これまで何度も腰痛に悩まされてきたが

それとは比較にならない過去最悪な痛み。

布団から起き上がるどころか、寝返りをうつこともできなくなってしまい

救急車を呼ばなきゃダメかもっていうぐらい悪くしてしまった。

布団の中でイメージしてみる。

“救急車を呼ぶ→注射&入院→ブルーな生活→高額治療費の支払い”
絶対に嫌やー!A泣く

自力で治してやる~!

と、闘志を燃やして、一時間くらいかけて布団から出ることに成功。

更に一時間くらいかけてトイレに辿り着くことに成功。

しかし、便器に腰かけたまま考え込んでしまった

“痛くて何も出来ない。どうしよう

遊びに行くどころか、家事も出来ない。

超ブルーになった



数日間は、ちょっと動くだけでビキーン!と電流が走り

激痛が走ると共に身体が固まったけど

なんとか歩けるまでには回復して、ほっと一息

咳の方も病院に行って楽になってきて

これから親孝行するぞー!と気合いたっぷりドイツ料理を作ってみたんだけど…。

えらい不評

「何これー

「おいしくない

「こんなの毎日食べてるの?」

と、最後には同情される始末。。。

熊子の料理の腕が良くないのは確かだと思うけど

喜ばせるどころか、ガッカリさせてしまった



結果

日本のご飯が一番

という結論に。

P1210981_20110310210606.jpg

うな重(鰻屋さんで購入)で

みんな幸せハッピータイムになったのだった。

美味すぎて、最高に幸せ

ドイツ料理で親孝行作戦は失敗したけど、仕方ないね。

日本のご飯の方がおいしいのは事実だから。

しかし、この腰痛、これでは終わらなかった。。。


↓ポチっとしてくれると嬉しいよ
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

父ちゃん、逆だよ


久々の帰国で、家族はとても喜んでくれた。

熊子の父も、言葉では表立って言わなかったけど

とても嬉しそうだった。



「ドイツにはコンビニがなくて、ご飯を作るのが面倒なとき困るんだよ~」

「コンビニ弁当でも、十分おいしいよごちそうだよ」

と、これまでに何度も話をしていたんだけど

父ちゃん、熊子を喜ばせようと思ったのか

仕事帰りにコンビニに寄ってくるようになった。

「朝ご飯作るの大変でしょ。日本にいるときぐらい楽しな」

ってことなのか、コンビニ弁当をお土産にするように。



日本のサンドイッチおいしい!

日本のおにぎり最高!

コンビニでも十分おいしい

だけど父ちゃん、何を思ったのか

買ってくる弁当には、いつもある具がのっていた。


P1210974.jpg

P1210990.jpg

P1210992.jpg

気付いた?

そう。ソーセージがのってるのよ

熊子のために買ってきてくれるのはすごく嬉しいんだけど

日本にいるときぐらい、ソーセージは食べたくない…。

おいしいんだけどね。

てなわけで、父ちゃんに聞いてみた。

熊子:「お弁当を買ってきてくれるのは嬉しいんだけど

何でいつもソーセージのってるやつなの?」

「だって、ドイツから来たから
ソーセージが良いのかと思って」



                              


違うよ、父ちゃん!逆だって!

正しくは

「だって、ドイツから来たから
ソーセージが良い嫌だ


父ちゃんがソーセージに気付いたところまではGood jobだったけど

ちょっと違ったねぇ。惜しい!

熊子:「ドイツにないものを食べたいから、ソーセージのはちょっとね」と話したら

「あぁ、そうでしたかぁ!間違ってましたぁ

と、非常に申し訳なさそう

おかしくなって、二人でクスクス笑っちゃった。

正直に言った日からソーセージ入り弁当は登場しなくなったので

ちょっと我儘かなと思ったけど、別のものが食べられて良かった

熊子は、父ちゃんもコンビニも大好きだ。


↓ポチポチしてくれると嬉しい↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

帰りたくなーい


帰るの嫌になっちゃったなぁ。

まだまだ食べたいものがたくさんあるし、友達とも遊びたい。

それに、家族ともゆっくり過ごしたい。

3年ぶりの日本は、思っていたよりも快適に過ごせて

“やっぱり故郷は良いな~”と思った。

日本にやってきた一ヶ月前は、戸惑ったことも結構あったんだけどね。



まずは言葉。

熊坊とは日本語で話していたけど、くだけた言葉使いだから

敬語がボロボロだった。

頭の中で考えてからじゃないと、ちゃんとした敬語が出てこない

しかも、早口で話されてしまうと聞き取れない。

母語なのにまさか!って思うでしょ。

でも、一瞬、頭がフリーズしてまってしまって

話し相手に何度も聞き返してしまった。

それは、すぐに耳が慣れたけどね。

あとは、単語が出てこなかったなぁ。

ドイツ語では浮かぶのに、日本語だと思い出せない。

不思議だね。



浦島熊太郎は、最後まで健在だった。

聞いたこともないような言葉が、次から次へと入ってきて

話題についていけないことも。

本当に時代の流れが早い国だなーと実感。

こりゃ、年をとったら、益々大変だぞ



うーん。

ベルリンへ帰らないといけないのだろうか?

熊子は何のためにベルリンにいるんだろう?

熊坊は最低限の家事はできるから、一人でも暮らしていけるだろうし

別に熊子がいなくても良いんじゃん?みたいな

なんか、根本的なところで引っかかってきたぞ。

一番初めに渡独したときとは違う迷いが出てきちゃった感じ。

歳も重ねたし、ドイツで何年も過ごしてきたから

自分の考え方も変わってきても不思議じゃないけどね。

熊子は、おいしいものがたくさん食べられるところが良いんだよなぁ


↓故郷大好き族はぽち↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

牛肉


P1220032.jpg

うますぎて、ぶっ倒れそ~

日本には、おいしいお肉がたくさんあるね。

特に牛肉。

適度に脂がのっている霜降り肉は、やわらかくて、ジューシーで

ほっぺた落っこちちゃいそう

もちろん、ドイツにだって牛肉はある。

だけど、脂身がない赤身肉だから固いんだよね。

上手く調理すれば軟らかくなるのかもしれないけど

ステーキのように、ただ焼くだけの調理法だと

顎が疲れる固さに仕上がる。

まぁ、脂身がない方がヘルシーなのかもしれないけど

熊子は軟らかいステーキが好きなのよ。



P1220231.jpg

もちろん、焼肉も大好き

何年間も食べたくて食べたくて仕方なかった焼肉。

P1220230.jpg

適度に脂がのったピンク色のお肉に、もうメロメロ~

炭火で焼くと、本当においしいね。

P1220232.jpg

ドイツはビールの国なんだから、牛にもビール飲ませたら良いのにね

松坂牛のような高級牛にビールを飲ませて、肉質を良くするじゃない。

あんな風に育てたら、おいしいお肉になるんじゃないのかと思うけど

ドイツ人は、赤身の固いお肉が好きなのかなぁ?

熊子は、日本の軟らかジューシー肉が一番だと思うけどな。

食い溜めしとかなきゃ


↓軟らかお肉派のあなたはぽち↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


前記事のコメント返信が遅れていますが
時間が出来たときに必ず書きます。
申し訳ありません。

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

日本の風呂


日本では全国的に雪が降った

熊子の家族もテレビの中の人も、みんな「寒い!」と言ってるけど

雪が降っていても、ベルリンから比べたらぜーんぜん。

ベルリン生活で、すっかり寒さに鈍感になったようだ。

逆にいえば、そうならないと極寒の地では暮らせないものね。



日本に帰ってきてからの楽しみの一つがお風呂

ゆっくりお湯につかって、身体の芯まで温まると

心までホカホカしてくる感じがする

肩までつかれる深いバスタブなだけでも感動ものだけど

お湯がぬるくなったら、湯を足さずに温められる追い炊き機能も嬉しい

嬉しいことに、家は檜風呂なので、木の香りを楽しみながらの入浴がこれまた格別。

身体を洗うときに、水しぶきが飛ばないように気を使う必要がないのも

解放的な気分になれるね。

というわけで、日本の風呂は、やっぱり最高~



なんか、日本が快適すぎて、ドイツに帰るの嫌になっちゃったな~。

もちろん、仕事をしていたら、人間関係とか労働時間が長いとか

ストレスを感じることがたくさんあると思うけど

それでも、温かいお風呂に入れて、おいしいご飯が食べられるのは

すごく幸せなことだなって思う。

あとは、風呂上がりに腰を揉んでくれる人がいたら最高!

ベルリンに一人いるんだよね、頼めばやってくれそうな男が

熊坊も日本でのんびりできたら良いのにね


↓ポチっとしてくれると嬉しいよ
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
お願い
初めてコメントされる方は『コメントについてお願い』の記事に目を通してから投稿してください。 当ブログは、記事・写真・イラスト等の無断複写・転載をご遠慮頂いております。リンクを貼る場合は、声を掛けていただけると嬉しいです。 稀に政治に関する記事を書くことがありますが、一個人の感想として書いているものであって、特定の政党を応援するものではありません。また、いかなる類の署名運動にも協力出来かねますので、ご了承ください。
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード