夫は息子


夕方の買い物が長引き、帰宅するのが遅くなってしまった。

キャベツだ、大根だ、って重い食材を買ったら

ビニール袋が破れそうになり、道端に散らかりそうになってしまったので

近くにあった雑貨屋でエコバッグを買って、詰め直してたりなんてしてたら

熊坊が仕事から帰宅する時間をとうに過ぎてしまった。

熊子は、足を速めながら、ちょっとだけ期待していた。

「熊坊、気を利かせて夕飯作っててくれないかな

頑張って重い荷物を担いできたから、お腹はペコペコ。

ごちそうじゃなくても良いから、何か作っててくれたら嬉しいなと。


   

   

   

あとちょっとで自宅。

んん?見覚えのある男

熊坊だ!!

ちょろちょろ走って何やってんだ?

「おーい!熊坊~」

「熊子~~~!!

「こんなところで一人で何してんの!?」

「だってぇ、家に帰ったら熊子がいないんだもん。

どこに行っちゃったのかと思って、ずっと探してたの


「えぇ!?買い物に行ってただけだよ。ご飯の支度は?」

「それどころじゃないよ。心配してたんだもん

「・・・・・・。」



どうやら熊坊、ずっと家の周辺を探してたみたい

まぁね、普段、連絡せずに熊坊の帰宅時間に家を空けることなんてないから

心配になっちゃったのはわかるんだけど、夜中でもないしねぇ。

これじゃあ、家に帰ったらママがいなくて、パニックに陥った子どもと同じじゃない

熊坊って、ほんと子どもみたい。

髭が生えて、腹がたるんできた、デカい息子だ

「関心を持ってもらわないよりかはマシかなぁ!?」

「わけわかめ。熊坊って心配症だったけ?」

なんて思いが頭の中にグルグルしながら、夕飯の準備をする熊子なのであった。


↓こんな熊家に愛のポチを↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

gremz参加中
スポンサーサイト

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

辛いものが苦手な韓国人


「辛いものが苦手な韓国人」

これは、すでに熊子ブログでは有名な、カン君のことである。

韓国人はみんな辛いものが大好き!まっかっかなものを食べている

そんな先入観を抱いていた熊子だったが、中には辛いものが苦手な人もいるようだ。

日本人の寿司嫌いというのは、耳にしたことがないのだが。



辛いのが嫌なら食べなければ良いだけの話なのだが

そうはいかないのが、カン家。

どうも、例の嫁さんが辛いの大好き人間らしく

食卓に上るのは激辛料理ばかり

そうはいっても、カン家は嫁さんが料理をするわけじゃないから

カン君が、意に反して激辛料理を作らされているということのよう。

推測するに、「唐辛子をもっと入れろ!」と横から指示が飛んで来るんだろう。。。



元々細いカン君だったが、結婚後は太るどころか

益々、体は痩せ細り、頬はこけてしまっている。

かわいそうなことに、カン君は辛いものを食べると

お腹がぴ~ひょろろとなってしまうらしく

日々、下痢ピーに苦しんでいる模様。

なんてこった。



これはある種の家庭内暴力か!?

カン君もカン君で、辛くない別のものを食べれば良いのに

そうできない事情があるのだろうか?

これまでの経緯を聞く限り、ありそうだな。。。

とにかく、お腹が痛いのはつらいから、激辛料理はやめなさい。

あぁ、神様、カン君を助けてあげてくださいまし。


↓両方ポチしてくれると嬉しいです↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

日本人家庭にお呼ばれ


サッカー盛り上がったね~

本当に嬉しい勝利だった!

今日は「サッカー」をテーマにしたブログが多いようだけど

熊子は、「日本」を考えてたら、あることを思い出した。

かなり昔の話なので、時効だと思って書かせていただく。



とある日本人家庭に、ディナーの招待を受けた。

友達という間柄ではなく、熊坊の仕事上の付き合いといったところか。

といっても、同僚でもなく、関係としては遠い。

普段、日本人と関わる機会が全くといっていいほどない我が家にとって

日本語でおしゃべりができる貴重な機会。

お土産を持って、喜んでお邪魔させていただいた。



名前は、鶴吉山(つるきちやま)さんとでもしておこう。

鶴吉山さんの家は豪邸で、我が家とは全然違った生活をしている。

台所だけでも、我が家がすっぽり入ってしまうくらいの大きさがあって

憧れてしまうほどの素敵な家だった。

こりゃ、ディナーも期待できそう。きっと自慢の料理が並ぶに違いない



熊子たちの他にも数人招待を受けた人たちがいて、久々の日本語を堪能していたら

お待ちかねのお料理が運ばれてきた

まずはサラダ。

レタスとにんじん。

スプーン2杯分くらい食べたかな。



次はフランスパン。

1本をみんなで分けたので、食べられたのは1切れ。



次はメイン料理。

何が出てくるかな~?ワクワク



鶏肉の串焼き。

一人1本、副菜なし。

要は、塩・こしょうで味つけした焼鳥だ。







終了~

えー!?

まだお腹の1割も満たされてないんですけどー

だって、焼鳥一人1本だけだよ。

他におかずも何もなし。

フランスパン1切れと焼鳥1本とレタス少々。。。



鶴吉山の奥さん、あなたがどれだけ小食なのかは知らないけど

焼鳥1本なんて、熊子にしたらつまみ食いの量ですよ



こりゃ、デザートに期待するしかない。

きっと、食事は前菜みたいなもので、デザートに力を入れたに違いない!

そう自分に言い聞かせながら、デザートの登場を待った。

出てきたデザートは…



ポテトチップス



The End



帰り道、お腹がグーグー鳴っちゃって

熊坊と一緒に「腹減った~」を連呼してたよ。

レストランやスーパーが開いてる時間じゃなくて

家に帰ってから、冷蔵庫の中を漁ったんだった。

「夕食にご招待」というから、ペコペコで出かけちゃったんだけど

軽食のおしゃべり会だったみたい。

熊子たちが勘違いしちゃったかな



ドイツ人宅のお呼ばれも、驚きの連続だったけど

日本人もいろいろなのね。

ある意味、忘れられない夕食会になったな。

まぁ、お腹はいっぱいにはならなかったけど

日本語でおしゃべりできて楽しかったから良かったよ。

今となっては、良い思い出。

皆さんは食事にお呼ばれして、びっくりだった経験ありますか?

↓これじゃあ満腹にならないあなたはポチ↓
   にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

世界最大級ゲイパレード


土曜日は、W杯日本vsオランダ戦があったので、家でのんびりしたかったのだが

ベルリンでは年に一度のビッグイベントがあったので、おでかけしてきた。

目的はこれ↓(広告のメインキャラクターより)

P1170351_20100620225348.jpg

これじゃあ、わからん?

じゃあ、これ↓

P1170346.jpg

お兄さん、おケツ出てまっせ

これでわかったね。

ゲイパレード2010 in Berlin!!

しかし、侮ることなかれ。

この催しは、歴史があって、世界中から参加者が集まる

世界最大級のゲイパレード

なのだ。

その数、50万人!

ドイツでは、20人に1人が同性愛者だというデータもあるようだが

国境を越えて、同性愛者の社会的地位向上を目指そう!というのが祭りの趣旨。

数日間かけて行われ、土曜日は市民も一緒に参加できるパレードの日だった。

まぁ、一緒に参加といっても、ただ見てるくらいなのだが。



が!行って良かったわ。

サッカー観戦よりも、断然おもしろかった

おもしろい人たちが大勢いて、予想外に楽しかった。

それと、いろいろな団体があるのにびっくり。

P1170357.jpg P1170387.jpg P1170386.jpg
↑ドイツキリスト教民主同盟党(CDU)    ↑ドイツ自由民主党(FDP)    ↑ドイツ緑の党(Die Gruenen)

3党とも、正式なドイツの政治団体。

P1170363.jpg P1170364.jpg
↑農業団体かな?            ↑サッカー団体

「私たちはサッカーができるよ!」ってのがスローガン。

同性愛者だってサッカーができるんだ!ドイツ人の証だろ?ってな感じなのかな?

P1170391.jpg P1170390.jpg
↑S-Bahn(鉄道会社)         ↑あのIKEAまで

会社にゲイ組合があるのかわからないけど、これは日本じゃ絶対にないと思う。

それだけ、社会的に認知・許容されてるんだろな。すごい。



とまぁ、前置きはこの辺にしといて、それでは世界のゲイの皆さんをご堪能ください。

結構、衝撃的な方もいらっしゃるので、その辺は心して

さぁ、来たよ。トップバッターは、ベルリンゲイ団体。

P1170348_20100620235657.jpg

とにかく盛り上がってる。

HGの二人の後ろにチラチラ見え隠れしてる兄ちゃんお姉様も、なかなか強烈↓

動画が重いときは、動画下のタイトル(ピンク色の文字)をクリックしてね。


[高画質で再生]

ゲイパレード2010 


写真はクリックすると拡大するので、どうぞじっくり見てくださいな

独特な化粧をしてるから、表情もおもしろいよ。

皆さんは、何番の人がお好みかしら?

P1170341.jpg P1170373.jpg P1170360_20100620234953.jpg
①基本のHG系        ②一応パンツ履いてる?   ③若い。ちょっと筋肉足らない

P1170343.jpg P1170378.jpg P1170379.jpg
④おじさん         ⑤こちらもおじさん      ⑥ここでもドイツカラー

P1170355.jpg P1170359.jpg P1170381.jpg
⑦どちらまで飛翔?    ⑧このケーキは食べたくない   ⑨お金かかってそうだなぁ

P1170389.jpg P1170393.jpg P1170385.jpg
⑩ナースは基本          ⑪双子?        ⑫二人とも同性愛者?

P1170374.jpg P1170376.jpg P1170362.jpg
⑬貴婦人           ⑭元は男性?女性?      ⑮ロシアから来たらしい

P1170367.jpg P1170337.jpg P1170382.jpg
⑯大事なおっぱいが!   ⑰お客さんも仲良し。愛は「生活」?    ⑱番外編

↓こちらのお客さんもノリノリです。


[高画質で再生]

ゲイパレード2010お客さん 


いや~、本当に多種多様なんだなと思った。

比較的、同性愛が認められているヨーロッパでさえ

まだまだ差別はあるし、世間の偏見の目も大きい。

ドイツでは、ナチスから同性愛者は迫害を受けた過去もあるし

カミングアウトできる人は、ごく一部なんだと思う。

でも、すごいなと思うのは、ベルリン市長は同性愛者だということ。

カミングアウトしたことが好感度upに繋がって、市長選に当選したらしい。

もちろん、このゲイパレードでも来賓挨拶してたよ。

これだけ多くの人がいるということを考えると

「普通って何だろう?」と思わずにはいられなかった。



最後に、ニューハーフの国・タイの皆さんをパチリ

P1170369_20100621004105.jpg

す、す、すごいです。。。


↓ベルリンってすごい!ポチポチ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

葬式級サッカー観戦


昨日は、サッカーワールドカップのドイツ戦があった。

街の中は、ドイツ国旗が溢れ、あっちもこっちも

とにかく、黒・赤・黄色のコントラストに染まっていた

先日、熊子が記事にしたおもしろグッズもたくさん見かけて

ドイツ人は、試合をものすごく楽しみにしているようだった。

問題はただ一つ。

試合時間が、平日の真昼間だったこと。

もちろん、勤務時間中なので、どうしても試合を生中継で見たい人は

欠勤するか、あるいは仕事をしながらこっそり見るか

熊坊の職場のドイツ人たちはどうするのだろう?と思っていたら、数日前にお達しが来た。



「金曜日にはドイツ戦があります。
勤務時間中につき
こっそりサッカーを見たりしないように
仕事にならないと思うので
この際、みんなで観ましょう。
会議室に特大テレビを用意するので
お昼ご飯食べたら、みんな来てね♪」


なんて寛大な…。

熊坊の会社は、よほど暇なのか!?



というわけで、熊子も参加。

手ぶらじゃ悪いかな?と思って、一応、こんな差し入れを。。。

P1170326.jpg

その名も、「日本人にはドン引き>だが、ドイツ人には大ウケな原色クッキー

食欲をそそらないこのクッキーを、前夜にせっせと焼き、大量に持ってった。

試合のハーフタイムにでも、みんなで食べようかと思って。

で、行ってみたら…。





しーん!

なにこの静けさ。

TVが見えるように部屋を真っ暗にして、みんな黙~って観てる。

誰も応援してないの。

みんな眉間にシワ寄せて、無言で画面を見つめてる。

いや、熊子のイメージは、こんな感じだったわけよ。

644439199-18062010114436.jpg
(Yahoo!deより)

みんなで応援ということで、↓こんな格好しちゃったり

2954328732-18062010142332.jpg

↓普段、職場では見せない自分を曝け出しちゃったり

670164494-18062010135945.jpg 4294933248-18062010111018.jpg

オレ~オレオレオレ~

なんて歌って踊ったりして、ワイワイガヤガヤ楽しく観戦するんだろうと。

ところが、予想だにしていなかった無声観戦で

なんだかクッキーを広げるどころか、声を出すのも引ける程で。。。

まぁ、良いや、ハーフタイムになったら、みんなおしゃべりしだすだろうと思ってたら

反則で退場!

949484258-18062010115242.jpg

「Oh~

なんか、蚊の鳴くような、溜息混じりのOh~で、なんとも迫力がない。

もっとさ、「オーマイゴット!!」みたく、テンション上がんないのかなーって思ってたら

ゴーーーール!!

「Oh~

あっという間に、ドイツは失点して、観戦場は葬式みたいになってしまった。

誰もしゃべらず、誰も飲食せず、難しい顔して、とにかく静かに画面を見つめてるだけ。

ハーフタイムに入っても、みんなうつむいてて、誰も声を発しない。

「あのぉ、クッキー作ったんですけど。ドイツの国旗だよ!ほら!」

なんて言おうものなら、「ドイツを喰う気か!」と凄まれそうな勢いだったので

結局、言い出せないまま、熊子と熊坊も一緒にうつむいていた。



後半戦もドイツは良いとこなしで、逆転ならず。

試合が終わるのと同時に、誰もしゃべらないまま会議室をさっさと後にしてしまい

熊子と熊坊は、大量の原色クッキーと共に部屋に残された。

熊子:「このクッキーどうするの?せっかく夜更かしして作ったのに

熊坊:「とても食べるような空気じゃなかったね。葬式みたいだった

熊子:「無言でサッカー観戦する人、初めてみたよ

熊坊:「仕方ないから、そのクッキー自分で食べるよ

そうね、しばらく、熊坊のご飯はこれになりそうね。

P1170325.jpg



熊坊の同僚たちが、たまたまテンションが低い人が集まったのか

それともお行儀が良いのかはわからないが

せっかく集まって観戦するんだったら、楽しく観れば良いのにね。

それとも、そんな余裕はないほど、真剣なのか。。。

なにはともあれ、↓こんな気分のドイツ人に

「クッキー食べる?」とは、とても言い出せない熊子たちなのであった。

1549321569-18062010145739.jpg

せっかく作ったのに、無駄になっちゃった。あーあ。



本日の結論
ドイツ人とのサッカー観戦は
今後、ご遠慮致します。



↓スポーツ観戦は、同じテンションの人とすべきだね↓
          にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

theme : ドイツ生活
genre : 海外情報

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

伯林熊子

Author:伯林熊子
夫の熊坊(くまぼう)と築60年の家に暮らしています社宅★nekonosekai
日本にいた頃は忙しい日々だったけど、今では毎日ぬくぬく冬眠生活。ドイツのこと、日常のことなど、ベルリン生活の記録ですベルリン熊さん
たまに真面目、ほとんど毒どくろ

最新記事
最新コメント
ブログランキング
励みになります☆ポチッと押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
限りある資源を大切に
熊子と仲良くしてね

 

free counters

 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード